[hide生誕50周年企画] facebookのhideファンコミュ二ティ代表陣に聞く彼の魅力とコミュ二ティ運営について

[hide生誕50周年企画] facebookのhideファンコミュ代表陣に聞く彼の魅力とコミュ二ティ運営について

表題の通り、今年は日本有数のロックスター「hide」の生誕50周年にあたる年である。
言わずと知れたX JAPANのギタリストであり、ソロでも活躍していた人気アーティストだ。

ちょうど現在も彼のドキュメンタリームービー”hide 50th anniversary FILM「JUNK STORY」“が公開され、多くのファンが足を運んでいる。

筆者も多分に漏れず彼のキャラクター性に魅力を感じている1人だが、今回はfacebook上にあるhideのファンコミュニティ「We Love hide 〜(乂∀・)語り継がれる Junk Story」の代表管理人を務めるお二方に、彼の魅力についてたっぷりと語ってもらった。

ちなみにお二方ともリアルタイムでhideの活躍を見てきた人物なので、特に非リアルタイム世代の若いファンにとっては興味深い内容となるだろう。筆者の身近にも20歳前後のファンの女性がいるが、何故彼の活躍ぶりを見ていない世代のファンが今でも増えているのだろうか?今回はそのヒントも得られるかもしれない。

ファン歴20年!hideコミュニティ管理人:中村 彩香さん&金子 健太さん

2人とも何と20年来のhideファンだと豪語する猛者。中村 彩香さん(以降「彩香さん」)は現在経営者・モデルとして活躍し、サラリーマンとして働く金子 健太さん(以降「金子さん」)は、奥さんと揃ってのhideファンで、X JAPANの幕張組ファンリーダーも務めている。

まずお2人にはそれぞれ、hideとの出会いについて聞いてみた。

hideを好きになったキッカケは?

彩香さん「私は中学校の時に周りの友達がXを聴いていてハマりましたね。「なんてかっこいいんだろう!」って。」

金子さん「僕は当時バンドをやっていたので、そこでXを知って、「ギターのHIDEってカッコイイな!」って思う様になりました。」

彼の魅力ってなんでしょうか?

彩香さん「やはり何と言っても人柄ですよね。彼は人を楽しませる努力が半端ないんですよ。誰かのために何かをする事が本当に喜びだった人だったので。また、パフォーマンスなんかは派手でパワフルなんですけど、そこに現れる彼の一つ一つの表情がとても優しいんですよね。神でありながら、とても「人」らしい方なんです。」

金子さん「僕はもともとバンドをやっていたこともあって、彼のギターセンスに惹かれますね。ステージでのギタープレイを観ると、「かっけぇ!!」って憧れちゃいます笑」

ソロのhideとXでのHIDE、どちらが好きですか?

彩香さん「私はソロですね。」

金子さん「ぼくはやっぱり元々バンドをしていた事もあり、XのHIDEです。」

具体的には、いつの時代のhideが一番好きですか?

彩香さん「PSYENCE A GO GO(1996年リリースのアルバム)のヴィジュアルが一番好きですね。」

金子さん「XのHIDEが好きと言っておきながらですが、僕もその頃のhideが好きですね笑」

彩香さん「勿論全部好きなんですけどね。でもこの時の短髪にしたhideは、ステージの登場の仕方とかまでも凝ってて本当に凄かった。」

ちなみに筆者は1993年年末東京ドーム「X JAPAN RETURNS」時の赤髪長髪スタイルが最も好みである。

GLAYのHISASHIに見るhide愛

金子さん「ちなみにこれはhideとGLAY両方を好きな僕ならではの視点なんだけど、HISASHIのギタープレイには時々hideの手グセが出るんだよね。HISASHIは元々hideに憧れて彼にギターを習っていた節もあるからね。」

確かにこちらのLIVE映像でもHISAHIがソロコーナーでhideのROCKET DIVEを演奏している。

facebookのhideファンコミュニティはどういう場なんですか?

彩香さん「年代性別問わず「hideが好き」という人たちが集まって、彼の写真や楽曲映像をアップして思い出を共有したり、最近でいうと映画の情報で盛り上がったりしていますね。実際にhideの楽曲によって救われている人たちは世の中に何万人といます。彼は人の心の内面が何故かわかるというか、その辺がまたファンを惹きつけるんですよね。」

金子さん「僕はコミュニティの皆を家族みたいに思っていて、あの場所でhideの事はもちろん、彼の元に集まったメンバーそれぞれと、hideに限らず色んな情報をシェアしたいって思う。彩香さんが言う様に、hideは寂しい人や傷ついた人たちの味方で、コミュニティの中にはそういった子達もたくさんいるんだよね。でも僕らは絶対そういった子達を見捨てたり無視したりしない。」

彩香さん「そうですね。hideやXのファン層って結構過激な人たちもいたりして、ちょっとした投稿が炎上しちゃったりとかよくあるんですよ。ウチのコミュニティは管理人を11名(2015年5月末時点)置いて割と統制をキチッとしているんですけど、バックグラウンドも全然違うので色んな意見がありますからね。コミュニティ内にはそういった組織っぽい運営が嫌いな子とかもいたりしますし。まあ私なんかは主に嫌われ役ですよ笑」

取材前に彩香さんに実際のコミュニティ内での炎上シーンや、それに対する対応の投稿などを拝見させて頂いたが、その質量、対応している時間帯など含め、単なる趣味のコミュニティ管理レベルを逸脱していて驚いた。

何か運営に関して工夫されている事はありますか?

彩香さん「そうですね、管理人にhideの事をあまり知らない若い子もいれたりしていることですかね。他にも、なんでこの人を副管理人に?みたいな人を敢えて管理サイドにいれてみたり。

大浜編集長「へえ、それは面白いですね。そこにはどういった狙いがあるのですか?」

彩香さん「立場が変われば人は発言も変わると思っているので。若い子の起用に関しては、次世代にも語り継ぐことができるように。また、何も責任がない立場で好き放題言ってる人に権限を与えると、どんなに変な人でもちゃんとするんですよね。私としては「こういう時、hideならどう考えるだろう?hideだったらどうやって楽しい方向に持っていくかな?」といった視点を取り入れる事を大事にしています。あ!あと私なんかは極力リア充っぷりを打ち出すようにしています。やっぱり組織の上に立つもの、キラキラしていないと笑 hideに元気をもらって前向きに生きてます!だから皆もhideさんが喜ぶことしちゃおうよ!といった感じで。」

この日、編集長は単なる趣味のコミュニティ話ではなく、いち組織論を聞いた気がした。自身の明日の企業経営に反映させよう。。

コミュニティを運営していて良かった事は?

金子さん「やっぱり色んな人とつながれる事ですかね。僕なんかはオフ会とかも顔出したりするんですけど、例えばそこでは当然hide・X好きの人たちがいるわけですが、よくよく話してみると同じ時代に活躍した他のアーティストも共通のファンだったりして、そういった瞬間はとてもテンション上がりますね。」

大浜編集長「なるほど、hideという人物をハブにして、その向こうにいる人達とコミュニケーションを取れることが楽しみといった具合なんですね。」

彩香さん「私もコミュニティを通じて色んな人とhideについて語り合える事が嬉しいです。あとは、こうやって取材にも取り上げてもらえたり笑」

hideの楽曲でオススメは何ですか?それぞれ教えてください。

[hide生誕50周年企画] facebookのhideファンコミュ代表陣に聞く彼の魅力とコミュ二ティ運営について|Myuu♪

彩香さん「私は「限界破裂」みたいな、人の心をえぐる、見透かす様な曲が好きですね。あと疾走感も重要なポイントです!」

HURRY GO ROUND」も良いんですけど、あの曲は聴くと本当にhideに逢いたくなっちゃうんで。。ここではやっぱり「JUNK STORY」ということにさせてもらいます笑」

「hideの曲って、歌詞は優しいんだけど凄くパワーがある。例えば落ち込んでる時に聴いたりすると「私はもっとやれる!」とかって思えるエネルギーをくれるんですよ。」

金子さん「僕はX時代になっちゃいますけど、1997年のLAST LIVEの時の「ENDLESS RAIN」が一番好きですね。TOSHIのそばで微笑みながらギターを弾いているHIDEを観るともう感動しちゃって。。鳥肌ものですよ。」

大浜編集長「なるほど、曲だけでなくそのシチュエーションまで含めてのオススメという事ですね。僕なんかも本当に好きなアーティストだと、同じ曲でも「オリジナル版はあまり聞かないけど、◯◯年のLIVEバージョンはヘビロテする」なんてゆうのありますね。」

金子さん「そうなんですよ。あと、最近のLIVEではバラードを演奏中に昔の映像を流してる事があって、ああゆう演出もグッときちゃいますね。。」

大浜編集長「ありますね。他のアーティストとかでもありますけど、曲のテンポに対して映像はわざとスローモーションにしたりして。演奏はバラードなのにバックの映像は激しい曲のシーンだったりと、ギャップ演出がいやらしい笑」

一同「笑笑」

ちなみにお2人はhide,X以外にどんな音楽を聴きますか?

彩香さん「私はほぼほぼhideオンリーですね笑。勿論XやBUMP OF CHIKEN(hideが当時目をかけていた)も聴いたりはしますけど、基本的にはhideばっかり聴いてます。」

大浜編集長「なるほど、真のファンですね笑 金子さんはいかがですか?」

金子さん「僕はけっこう幅広くて、湘南の風・氣志團・氷室京介(BOOWY含む)辺りを聴きますね。でも、こういったファンコミュニティに入っているのはXだけですよ笑」

有難うございます。それでは最後に、非リアルタイム世代で最近hideファンになった人たち、また、これからファンになっていく人たちに向けて先輩ファンとして何か一言頂けますか?

新規hideファンに向けたメッセージ

[hide生誕50周年企画] facebookのhideファンコミュ代表陣に聞く彼の魅力とコミュ二ティ運営について|Myuu♪

彩香さん「彼の楽曲はメッセージ性が強いので、ぶら下がらない様にして欲しいなって思います。取り方によっては本当に人を連れさっちゃう力を持っているので。コミュニティに関しては、たまに若い子から「私なんかが入っても平気ですか?」といった連絡が来るけど、年齢関係なく受け入れてるから、むしろそこはドンドン入ってきてほしい!」

金子さん「僕はYoutubeをたくさん見てほしい!そこでたくさんのhide、LIVEだったりTVのインタビューだったり、色んなシーンのhideを見て、どんどん好きになっていってくれたら嬉しいよね。そしてコミュニティ内で色々語り合えたらいいな!」

中村 彩香さん、金子 健太さんらが運営するfbのhideコミュニティはコチラ→We Love hide 〜(乂∀・)語り継がれる Junk Story

編集あとがき

ちなみにこの金子さんのX専用特攻服は刺繍1文字5,000円。総額約100,000円でのお買い上げだそうです。

[hide生誕50周年企画] facebookのhideファンコミュ代表陣に聞く彼の魅力とコミュ二ティ運営について|Myuu♪

中村 彩香さんは株式会社éclat belle 代表取締役社長 切子女子部代表として、“日本のバカラ”というべき伝統工芸品「江戸切子」を扱い、全ての女性の毎日が‘美しく輝く’サービスを提供しています。

————————————————————————
取材協力|BARNYARD -GINZA-|Myuu♪
<取材協力>
店舗名:BARNYARD -GINZA-
HP:http://barnyard.jp
食べログ:http://goo.gl/VIurAq
アクセス:東京都中央区銀座1-8-19キラリトギンザ7F
————————————————————————

  • この記事が気に入ったら
Tak Ohama

Tak OhamaMyuu♪ 編集長

投稿者プロフィール

中学からX JAPANやL'Arc〜en〜Cielにハマり、高校からバンド(ギター)を始める。大学ではドラムに転身し、HR/HMに没頭。在学中よりバンド仲間とITベンチャーを経営し、その後エンタメ事業を手がける会社「Cowboy」を別途立ち上げネットTVなどを活用したアーティストPRに従事した後、音楽×ライフスタイルメディアの「Myuu♪」をリリース。

<好きなバンド・アーティスト>
[邦楽]:X JAPAN/L'Arc〜en〜Ciel/LUNA SEA/WANDS/T-BOLAN/TUBE/BOOWY/矢沢 永吉/BABY METAL
[洋楽]:ANGRA/SlipKnoT/Dragon Force/Dream Theater/

関連記事

この著者の最新の記事

ピックアップ記事

  1. 仕事とロックスターの両立は可能か?家事代行リーディングカンパニー「ベアーズ」部長に聞く|Myuu♪
    暑いですね。皆さん、暑中見舞い申し上げます。 いきなりですが、読者の皆さんにはやりたいこと、成…
  2. 歌舞伎町で出会ったミニスカポリスが優秀過ぎて逮捕できなかった件|Myuu♪
    こんにちは。Myuu♪編集長の大浜です。 今回はSNS時代の申し子の様な、新たな世代を感じさせ…
  3. 慶應SFC〜外資コンサルの若者が描く音楽アーティスト人生とは|Myuu♪
    皆さんこんにちは、本業でしばらくご無沙汰しておりました。Myuu♪編集長の大浜です。 今回はM…
ページ上部へ戻る

Myuu♪をフォローする