就活のPRネタにバンドサークルとか使ってる奴は内定出ないよ絶対

就活のPRネタにバンドサークルとか使ってると内定出ないよ絶対|Myuu♪

楽しい楽しい文化祭が終わり、意識の高い学生はぼちぼち就活を意識しだす頃だろうか。

中には早々に就活イベントに足を運んだり、社会人の知り合いにアドバイスを貰いにいくなどのアクションを取り始める頃合いだろう。

そこで、今日は元就活サービスの提供側を経験し、上は東大から下はFラン迄を対象に就活講師業なども歴任してきた編集長が、ひとつバンドサークルの学生向けにアドバイスをしようと思う。

ターゲットは就活の自己PRにバンドサークルのネタを使おうとしている学生全てだ。
*特に男子学生

ではいってみよう。

まず結論、バンドサークル(特に幹部系のやつ)のネタは自己PRに使うべきではない。

君の内定確率を大幅に下げる要因となる。

理由はこれ、上記のアピールをするということは、「自分は遊びの天才です」とビジネスマンの相手に豪語する様なものだからである。

では詳しく見ていこう。

まず、バンドサークルの奴らは大学に行ってまでバンドをやろうという精神性ゆえ、かなり音楽に対して熱い想いを持っている場合が多い。

・部屋にレコードが何百枚とあるやつ
・AKBとかEXILEを聴いているようなパンピーの学部仲間を見下すやつ
・V系の真似をして眉毛を限りなく細めたり髪をアシンメトリーなどにしてしまう様なやつらだ。

こういうバンド(特にロック)系学生というのは、正直あまり学校の勉強をしない。

日中は夜勤明けで家で寝てるか、大学にいてもサークルの溜まり場でイキってる様な感じだ。

そして陽が落ちるとゴソゴソと動き出し、大学近郊のサークル御用達居酒屋に直行する。

「毎日授業をサボってダチたちと麻雀を打ち、酒を飲んでる俺、ほんまロックやな!」

と、彼らの脳内をスキャンするとまぁこんなもんだろう。

敢えてレールから外れることに対し一種の陶酔感を覚え、真面目に授業やゼミに参加している奴らをdisる訳である。

さて、そんな学生が秋の文化祭〜冬の引退式などでサークル最後の花道を渡っていくと、その後どんな心理的変化を起こすのか?

就活のPRネタにバンドサークルとか使ってると内定出ないよ絶対|Myuu♪

それは、「全能感」の獲得である。

サークルという猿山の中でボス猿にまで昇りつめ、1年生からも羨望の眼差しで尊敬される彼らにもはや死角はない。

試合前に「俺は世界一」と唱え続けたかのモハメド・アリが憑依したかの如く、何をやらせても成果しか出ないといったアドレナリンが彼らの体内で放出されるのだ。

この様な心理的助走をつけた猛者どもが、タイミング良く用意されたその後の就活に雪崩れ込むと一体どうなるのか?

就活のPRネタにバンドサークルとか使ってると内定出ないよ絶対|Myuu♪

続きは次号を待て。

  • この記事が気に入ったら
Tak Ohama

Tak OhamaMyuu♪ 編集長

投稿者プロフィール

中学からX JAPANやL'Arc〜en〜Cielにハマり、高校からバンド(ギター)を始める。大学ではドラムに転身し、HR/HMに没頭。在学中よりバンド仲間とITベンチャーを経営し、その後エンタメ事業を手がける会社「Cowboy」を別途立ち上げネットTVなどを活用したアーティストPRに従事した後、音楽×ライフスタイルメディアの「Myuu♪」をリリース。

<好きなバンド・アーティスト>
[邦楽]:X JAPAN/L'Arc〜en〜Ciel/LUNA SEA/WANDS/T-BOLAN/TUBE/BOOWY/矢沢 永吉/BABY METAL
[洋楽]:ANGRA/SlipKnoT/Dragon Force/Dream Theater/

関連記事

この著者の最新の記事

ピックアップ記事

  1. 歌舞伎町で出会ったミニスカポリスが優秀過ぎて逮捕できなかった件|Myuu♪
    こんにちは。Myuu♪編集長の大浜です。 今回はSNS時代の申し子の様な、新たな世代を感じさせ…
  2. 仕事とロックスターの両立は可能か?家事代行リーディングカンパニー「ベアーズ」部長に聞く|Myuu♪
    暑いですね。皆さん、暑中見舞い申し上げます。 いきなりですが、読者の皆さんにはやりたいこと、成…
  3. 慶應SFC〜外資コンサルの若者が描く音楽アーティスト人生とは|Myuu♪
    皆さんこんにちは、本業でしばらくご無沙汰しておりました。Myuu♪編集長の大浜です。 今回はM…
ページ上部へ戻る

Myuu♪をフォローする