NOV目線のVOLCANO新作「Melt」レビュー

NOV目線のVOLCANO新作「Melt」レビュー|Myuu♪

ディスクユニオン渋谷パンク・ヘヴィメタル館でVOLCANOの4枚目のアルバム『Melt』発売サイン会が開催された。

サイン会を終えたVocalのNOVさんに直撃インタビュー

サイン会はいかがでしたか?

敢えて、ラフな格好でショップに向かったのですが、すでにサイン会に来てくださったかたが、並んでいるのにビックリ仰天!

服を着替える間もなく、サイン会の空気に酔いしれながら、シルバー、ゴールド、ブラックのペンを準備してもらいつつ、いざスタート

サイン会でNOVさんのポリシーはありますか?

これまでも、それなりのサイン会をやってきた私の小さなポリシーは、「一声かける」です。
今回はメンバー的に順番がラストだったので、その一声が「日付と、名前入れますか?」でした。

100パーセント、皆様は名前を教えてくれました。毎日、サイン会をして毎日皆様が来てくれたら、皆様の名前を覚えられるのてすが、さすがにそれはなーい!(笑)

今回のサイン会で印象的だったことを教えてください。

驚いたのが、来てくれた方々の年齢!

ベテランとなる私達のちょい下の世代が中心かと思いきや、20代が中心となるサイン会でした!大学生グループも来てくれていました。

大学にまで、VOLCANOが伝わっているが嬉しかったね!

男女比はいかがでしょう?

ほぼ男!
これまた驚きもありつつ、貴重な女子には優しく握手!もちろん男子には力強く握手!

来てくれた方々の表情を見ながら、これからもVOLCANOを気合い入れていくぞ!と、思ったね!感謝

NOV目線のVOLCANO新作「Melt」レビュー|Myuu♪

前作3枚目の『MITHOLOGY』のタイトルはNOVさんが発案なさったのでしたね。

これは、ひさびさの新曲製作をするなか
飲んだくれの『やすしくん』(屍忌蛇氏の本名)という人間が『屍忌蛇』というギターリストになると、素晴らしいフレーズが次々と出てくるのは「神」がかっています。

過去と思われていたかもしれないVOLCANO[※1st『VIOLENT』(avex 2000年)2nd『DAVI』(ビクター・エンターテイメント2001年)から10年経っていた。]が、新たに動き出すという所から、あえて『神話』という過去的な言葉を用いながら、人間が作り出す神的サウンドとして私が『MITHOLOGY』を提案しました。

今回の4枚目アルバム『Melt』はどのようにしてタイトルが決まりましたか?

今回も私が、アルバムタイトルを屍忌蛇から頼まれていたのですが、自分自身もなかなか言葉が見つかりませんでした。

「濁音で何かないか?」と言われて探していたものの見つからなくて苦悩。

そんな中、屍忌蛇から「『Melt』どう?」「えー!濁音ちゃうやーん!」と思いながらも意味を聞いたら、「『溶かす』という意味なのだが、『感動させる』という意味もある」この言葉を聞いて、私が感動!「いいやん!」となり、協議した結果、採用となりました。

『怒りを和らげる』という意味もあるようで、今回のVOLCANOサウンドが、激しいながらも、メインコーラス(サビ)で和らげるのと結びつくであろう!

S__10067984

NOVさんの目線で『Melt』はどのようなものですか。

前作の『MITHOLOGY』という『液体』液体が『Melt』で『塊』となり『揺るぎないもの』になり得た感じがします。

前作の『MITHOLOGY』は、曲全体も、YOUTHQUAKEのShunのスラッシャーなファストビートにザ・メタルベースのAKIRAの有刺鉄線の硬く尖った低音が混じり合う中での華麗に哀しくまとわりつく屍忌蛇の旋律。

そこに私は、リリックとボイスを流し込み入れました。その時の満足感もすごかったのですが、今回の『Melt』は、より一層の満足感がありました。

この四年間、我々なりのペースでライブを重ね、メンバー間でのグルーヴをさらにさらに、淡々と構築して来ました。また、それぞれのメンバーに色々なことがありました。
YOUTHQUAKEの解散はショッキングでした。でも、私以上にYOUTHQUAKEのShunは枝道に立たされただろうし、AKIRAは何かを背負ったに違いないし、身内が大変なことになり、そばに寄り添う決断した彼のためにも、彼抜きでのライブも決行しました。そんな状況を屍忌蛇は感じながら「曲」を作っていったのだから、良いものが出来るに決まっているでしょう。

『屍忌蛇という人間は、酒が好きである好きというものを止める権利は誰にもない』

そんな人生と、Shunのパワーライフと、AKIRAの音楽生活と、私の、『どうにでもなるやろ』ロードが、去年噛み合って
新作制作が始まりましたが、制作のペースも、ドラムのリズムも速かったです。

私は歌詞とボイスメロディー制作に、焦りと『がむしゃら』を融合させながら、一曲ずつNov完成させて参りました。

そして、今年に入り本番レコーディングで、屍忌蛇メロディーと合体させながら、『VOLCANOワールド』の城を建てていきました。

NOV目線の中で、私はコンセプトを作るのが好きなので、前回の「闘い」からの今回は「共闘」という意味合いを入れて作りこみました。結果は、「攻撃」となってしまったのですが!(笑)

S__10067983

敢えて、難しかったのは、「音質」です。

私達の武器は曲の中身でもあるが、伝えたい「音」でもあるのですから。

良い音、悪い音の概念ではなく、この「曲」に対しての音の質感である。

もちろん、唯一無二の音質も求めていますし、未来へ向けての音質、まだ誰も観ていない「質」を探しています!

この感覚は、私自身、AIONで学んだことです。

レコーディングの最後のミックスダウンという作業で、すべての音が重なり合い、どうなるのか?

メンバー全員で聴いて、一曲ずつ聴いて頷く、気になる箇所を指摘もする。

話し合う、討論しあう、途中で屍忌蛇が愛犬『やすべぇ』の散歩に行かないといけないので消えてしまったのです。しかも、エンディング曲の「Melt」の時に(笑)帰ってこないので私がバランス決めたったー!(笑)面白いでしょう?(笑)

先日のギャレットでのライブは、素晴らしいものになりました。今年は、まだライブが何回かあります。全部を観に来れば、今回のボルケーノストーリーを肌で感じられるぜ!

そして先日、屍忌蛇は私にこう言った

「NOV!次回作もっと良いの作ろうな」

彼は酔っていたのかどうか、、、、

今回のアルバム、メンバーもスタッフもすごいものができた!となったので、アルバムタイトルは『VOLCANO』でも良いのでは?という意見も出たのですが、

屍忌蛇「いや、次回はもっと良いの作るから!」

屍忌蛇くん、おもしろいでしょう? (笑)

NOV オフィシャルサイト

VOLCANOオフィシャルサイト

『Melt』YouTube

  • この記事が気に入ったら
野島 茂朗

野島 茂朗日本HEAVY METAL振興協会事務局長&鋼音の寄稿士

投稿者プロフィール

週末は介護施設で認知症高齢者と懐メロを歌う。

中学から44MAGNUMやEARTHSHAKER、LOUDNESSにハマり、織田裕二、デーモン小暮、水嶋ヒロの母校の桐蔭学園高校に進学。大学ではWFS(爆風スランプ、聖飢魔II、ZIGGY森重樹一等を輩出した)に短期間在籍。同期には奥村慎也(ex恋愛信号、exジェッター3)新聞、広告、出版、携帯コンテンツ業界勤務を経て独立。元ジャニーズ平本淳也と出版社を起業した際に、ビジュアル系バンドのインタビュー本を作った。

exZIGGY大山正篤と音楽レーベルを立ち上げ
exCRAZEの鈴木慎一郎のソロアルバム、exANTHEMの福田洋也と音楽配信事業を興し、exBLIZARDの下村成二郎の演歌風メタル等 音楽事業にも携わる。2014年末にはnov(AION 、地獄カルテット、volcano)、44MAGNUMの広瀬さとしJIMMY等出演のドリームセッションを主催。

http://dmm-news.com/article/977138/
EARTHSHAKER 西田昌史 marcy&44MAGNUM 梅原達也paulの対談をDMM NEWSで企画構成

<好きなバンド・アーティスト>
[邦楽]:44MAGNUM、LOUDNESS、EARTHSHAKER、ANTHEM、B’z、
地獄カルテット、聖飢魔II、D'ERLANGER、SEX MACHINEGUNS、摩天楼オペラ、THE ALFEE、哀旋士、BLIZARD、Lioncode他

[洋楽]:ジューダスプリースト、 エアロスミス、レッド ツェペリン、ガンズ&ローゼズ、KISS 、Europe他

関連記事

この著者の最新の記事

ピックアップ記事

  1. 慶應SFC〜外資コンサルの若者が描く音楽アーティスト人生とは|Myuu♪
    皆さんこんにちは、本業でしばらくご無沙汰しておりました。Myuu♪編集長の大浜です。 今回はM…
  2. 歌舞伎町で出会ったミニスカポリスが優秀過ぎて逮捕できなかった件|Myuu♪
    こんにちは。Myuu♪編集長の大浜です。 今回はSNS時代の申し子の様な、新たな世代を感じさせ…
  3. 仕事とロックスターの両立は可能か?家事代行リーディングカンパニー「ベアーズ」部長に聞く|Myuu♪
    暑いですね。皆さん、暑中見舞い申し上げます。 いきなりですが、読者の皆さんにはやりたいこと、成…
ページ上部へ戻る

Myuu♪をフォローする