Nov(Vocal)インタビュー|VOLCANO5枚目のアルバムが7/15に発売

Nov(Vocal)インタビュー|VOLCANO5枚目のアルバムが7/15に発売|Myuu♪

VOLCANOの5枚目のアルバムが7月15日に発売。

vocalのNOV氏にインタビュー。

Juggernautというアルバムタイトルの由来を教えてください。

VOLCANOとして、アルバムタイトルは、とても大切にしていることを前置きしたうえで「響き」を重んじたが素直な答えである、

First「Violent」

Second「Davi」

自分が関わった作品という意味でミニアルバム「Die Hard」

Third「Mythology」

前作「Melt」

今回は、前作もそうだが、私は案を出していない。

屍忌蛇からAKIRAへ、濁音で始まるインパクトのある言葉で何かないか?それに応えたAKIRAから出てきた言葉がJuggernaut。

いくつか、彼は屍忌蛇に言葉を出したらしいが、これに決まるだろうと確信したらしい。

そして、屍忌蛇も一発返事でこれに決まった!後から私はアルバムタイトルを聞かされた。私ももちろん格好良いと思ったのだが私は、てっきり昔の洋画から取ったのかと思ってしまったんだよね。

今ではよく、事件モノの映画やドラマで使われるシーン「この爆破装置を止めるには、赤か青のどちらのコードを切れば良いのか?」このシーンの元になったのが、Juggernautという映画らしいんだよね!

だから、私的には、VOLCANOサウンドは聴く人によって、好き嫌いがハッキリするであろうと!

その代わり、好きと感じた人はこのサウンドが頭の中で起爆装置が押されたように爆発するだろうと!
興奮するしかない感覚になるぞ!

こんなふうに、こんのアルバムタイトルを感じとったんだ!

さぁ、聴いてみて!

新アルバムの制作秘話を教えて下さい

前作同様、屍忌蛇にディレクションされながら歌ったんだけど、今回はベーシストAKIRAの声もたくさん入っている。
歌録音に毎回来てくれたお陰で全体にバランス良く彼の声が入っている!

僕が出せないLowの歪みボイスをふんだんに入れて貰って、分厚さを沢山作り出せたよ。
ハーモニーは自分自身がやったのだが、僕のアイデアをたくさん屍忌蛇、AKIRAは入れてくれたのが嬉しかったかな。

逆に責任感ものしかかってきたけどね!

あとね、ドラムのフィルが僕の中では凄いと感じた。
ドラマーShun本人にも確認したんだけど、彼のやりたいことも、今まで以上に入り込んでいる。全体的にプログレッシブに感じたりするよ!

AKIRAのベースサウンドは相変わらず弦が、有刺鉄線ではないのか?な、ぐらい響いているし、屍忌蛇がこれまで以上にリフをこれでもかーくらい刻んでいる!速いし重い!

新アルバムでご自身が好きな曲を教えてください

Nov(Vocal)インタビュー|VOLCANO5枚目のアルバムが7/15に発売

代表的な曲は、Sacred Eternityになるんだけど、僕はボーカリストだから歌メロディー中心で考えてしまう。

今回の中なら

1位Wait Until You Return
2位Blood Soldier
3位I Miss

あれ?バラードは?って思うだろ?
バラード順位をつけれないんだ!別枠なんだ。

勿論、どの曲も僅差だけどね。

最も苦労された曲は何ですか?

苦労かぁ。
大変だったのはGet Mad Childレコーディング自体はスムーズだったのだけれど、音程が低い部分が多くて、僕は低い声の方が喉を潰しやすい。

だから、潰さないように気をつけた。でも迫力不足はだめだからダミー声を作ろうとすると喉に負担がかかる。負担がかかればかかるほど
屍忌蛇たちが格好良いと言うんだ。だから頑張るしかなかった。だからAKIRAの声に助けられた。

様々な活動をなさっているNovさんにとってVolcanoはどのような存在?

Nov(Vocal)インタビュー|VOLCANO5枚目のアルバムが7/15に発売|Myuu♪

屍忌蛇、AKIRAと僕は同じ年でもあるので、音楽へのアプローチだったりが似ている。
ここはこうなるだろうってとこが、本当に同じに等しいんだ。
だから、彼等の満足は僕の満足でもある。

Shunくんは、まだまだ勢いがある。
年だからといって俺に合わせたリズムを叩け!なんて言わないから、僕は頑張ってリズムについていく。

居心地も良いし、スリリングなメンバーのいるバンド。
自由過ぎるくらい自由なライブもできる唯一のバンドだと思っている。

今後のVolcanoの野望をお聞きかせください。

Nov(Vocal)インタビュー|VOLCANO5枚目のアルバムが7/15に発売

ファンがついてきてくれている限りやり続けながら、音と声をこだわり出しながら、生きがいを確かめる。
後は、俺達が悪者で良いので、世界平和になってくれと願う。

VOLCANO
http://www.4148.jp/

NOV
http://nattyfieldnov.web.fc2.com/

  • この記事が気に入ったら
野島 茂朗

野島 茂朗日本HEAVY METAL振興協会事務局長&鋼音の寄稿士

投稿者プロフィール

週末は介護施設で認知症高齢者と懐メロを歌う。

中学から44MAGNUMやEARTHSHAKER、LOUDNESSにハマり、織田裕二、デーモン小暮、水嶋ヒロの母校の桐蔭学園高校に進学。大学ではWFS(爆風スランプ、聖飢魔II、ZIGGY森重樹一等を輩出した)に短期間在籍。同期には奥村慎也(ex恋愛信号、exジェッター3)新聞、広告、出版、携帯コンテンツ業界勤務を経て独立。元ジャニーズ平本淳也と出版社を起業した際に、ビジュアル系バンドのインタビュー本を作った。

exZIGGY大山正篤と音楽レーベルを立ち上げ
exCRAZEの鈴木慎一郎のソロアルバム、exANTHEMの福田洋也と音楽配信事業を興し、exBLIZARDの下村成二郎の演歌風メタル等 音楽事業にも携わる。2014年末にはnov(AION 、地獄カルテット、volcano)、44MAGNUMの広瀬さとしJIMMY等出演のドリームセッションを主催。

http://dmm-news.com/article/977138/
EARTHSHAKER 西田昌史 marcy&44MAGNUM 梅原達也paulの対談をDMM NEWSで企画構成

<好きなバンド・アーティスト>
[邦楽]:44MAGNUM、LOUDNESS、EARTHSHAKER、ANTHEM、B’z、
地獄カルテット、聖飢魔II、D'ERLANGER、SEX MACHINEGUNS、摩天楼オペラ、THE ALFEE、哀旋士、BLIZARD、Lioncode他

[洋楽]:ジューダスプリースト、 エアロスミス、レッド ツェペリン、ガンズ&ローゼズ、KISS 、Europe他

関連記事

この著者の最新の記事

ピックアップ記事

  1. 慶應SFC〜外資コンサルの若者が描く音楽アーティスト人生とは|Myuu♪
    皆さんこんにちは、本業でしばらくご無沙汰しておりました。Myuu♪編集長の大浜です。 今回はM…
  2. 仕事とロックスターの両立は可能か?家事代行リーディングカンパニー「ベアーズ」部長に聞く|Myuu♪
    暑いですね。皆さん、暑中見舞い申し上げます。 いきなりですが、読者の皆さんにはやりたいこと、成…
  3. 歌舞伎町で出会ったミニスカポリスが優秀過ぎて逮捕できなかった件|Myuu♪
    こんにちは。Myuu♪編集長の大浜です。 今回はSNS時代の申し子の様な、新たな世代を感じさせ…
ページ上部へ戻る

Myuu♪をフォローする