exJURASSIC のギターヒーロー耕史朗が語るINxSIDE STORY

exJURASSIC のギターヒーローKOSHIROが語るINxSIDE STORY|Myuu♪

JURASSIC / Dear Loving / LAID / ILLUMINA

8月7日に渋谷TSUTAYA O-WESTで

JURASSIC / Dear Loving / LAID / ILLUMINA

2000年代前半に活躍したバンドのライブが開催された。JURASSICとLAIDは一夜限りの再結成。SOLD OUTの会場は、人口密度が高く
うずくまるファンも散見された。

20世紀末に、筆者が仲間と興した出版社でビジュアル系バンド読本を刊行した際に

スタッフにILLUMINAファンがいてインタビューを掲載したのも懐かしかった。

Earliest Memories
http://em.visual.tokyo/

「Earliest Memories」出演のDear Loving、JURASSIC、LAID独占インタビューを公開
http://okmusic.jp/news/115547

しかし、ハードロック、ヘビーメタル好きにも堪らないのはJURASSIC。

筆者の友人でANTHEM等 1980年代のジャパメタを好む40代男性にもJURASSICのファンがいた。

激しいツーバスドラム、ヘビーなリフ

メロディアスなハイトーンボーカル。

女性の歓声のみならず、男性の歓声もあったJURASSICのギターヒーロー。

耕史朗にインタビュー。

久しぶりにJURASSICで活動してメンバーに感じたことは何ですか。

ボーカルのYU+KI,ドラムのSHINGOに関しては色んなライブでわりと頻繁に会っていたし音も合わせていたので実力もわかっていますし、とくに特別な物はなかったですね。

ギターのSHUとベースのANJIは久々に会いました。

二人はライブから離れてましたが、5人で音を出せば何の違和感もなくJURASSICでした。
若い時に積み重ねたリハーサルやライブで作られていったバンドのグルーブ、タイム感が染み付いていますね。

ワンマン再結成とは違って、複数のバンドでの再結成イベントでしたが、各共演バンドとの昔の思い出、当日の思い出で面白いエピソード 教えてください。

まずは空気感が懐かしく当時を思い出しました。

LAIDは、昔、家が近ったメンバーさんもいたのでプライベートでも飲んだり鍋とか食わせてもらったりした記憶があります。ステージはもちろんかっこいいし、良き先輩です。

DearLovingはずっと長く続いてるバンドですし、それだけでもリスペクトですね。

ILLUMINAのNaoさんは何年か前にアコースティックライブでご一緒させていただきその時に歌やギターはもちろんの事、雰囲気作りなど上手い人だなと思っていました。

耕史朗さんのステージアクションは、80年代の ヘビメタを彷彿させられますが、影響を受けたアーティストを教えてください。

色んな人がいますが、音楽を始めたきっかけは氷室京介さんに憧れて歌詞など書き始めました。

ヘヴィ系洋楽だとザックワイルド、メタリカ、パンテラ、あたりが真っ先に思い浮かびますね。

年月を重ねても、JURASSIC現役の頃より、カッコよくなっている耕史朗さん。筋トレですか? 秘訣を教えてください。

最近さぼり気味ですが筋トレはやっています。

一時期はよく走っていました。膝を少し痛めたのもあり今は歩く事が多いです。

もともと老けていたので、そこまで老けないのかもしれないですね。(笑)

exJURASSIC のギターヒーロー耕史朗が語るINxSIDE STORY|Myuu♪

TATOOは どんな思いで、どのような柄をいつ頃から入れて来ましたか?

始めて入れたのは20歳くらいの頃ですかね、その時は頭もドレッドでとにかく人と違う格好したかったのもあるし、ファッションとしてドクロを入れました。

音楽で生きると決めていたし、とくに難しく考えてはいなかったと思います。

当時、俺が選んだようなアメリカンなドクロの柄は不人気だったみたいで、彫師は「今時こんなの入れる人いないよ」と言ってました。

でもそれが逆にかっこいいねと言って彫ってくれました。

その後は別の彫師さんで胸と肩に和物を入れてます。

8月29日は、ご自身のバンドINxSIDE STORYでの活動。JURASSIC、INxSIDE STORYの切り替えを1ヶ月以内で行なうことの気づきはありますか。

JURASSICとINxSIDE STORYへの切り替えに関しては細かい事に関しては楽器のチューニングが違うので簡単な調整や、ギタリストからボーカルになるので喉には気を使います。

気持ち的な切り替えはとくになく、普段のソロに戻ったという感じです。

大きなイベントが終わって寂しいのはありますが、先日のアコースティックライブも大事なライブだったし次の29日のイベントも規模は小さいですが、大事なイベントです。

そういう意味では夏が終ると少し切なくはなるかもしれませんね。8/29以降は未定ですし。

ソロになるとほぼ全ての事を一人でやるので、評価された時の喜びも大きいですね。

今後色んな事に挑戦しようと思います。

アルバム制作も進めています。

8/29は目黒ライブステーションで8年ぶりに衝動というイベントが復活します。

若いバンドもベテランも揃った熱いイベントです。

是非足を運んで欲しいと思います。

http://inxsi.com/

  • この記事が気に入ったら
野島 茂朗

野島 茂朗日本HEAVY METAL振興協会事務局長&鋼音の寄稿士

投稿者プロフィール

週末は介護施設で認知症高齢者と懐メロを歌う。

中学から44MAGNUMやEARTHSHAKER、LOUDNESSにハマり、織田裕二、デーモン小暮、水嶋ヒロの母校の桐蔭学園高校に進学。大学ではWFS(爆風スランプ、聖飢魔II、ZIGGY森重樹一等を輩出した)に短期間在籍。同期には奥村慎也(ex恋愛信号、exジェッター3)新聞、広告、出版、携帯コンテンツ業界勤務を経て独立。元ジャニーズ平本淳也と出版社を起業した際に、ビジュアル系バンドのインタビュー本を作った。

exZIGGY大山正篤と音楽レーベルを立ち上げ
exCRAZEの鈴木慎一郎のソロアルバム、exANTHEMの福田洋也と音楽配信事業を興し、exBLIZARDの下村成二郎の演歌風メタル等 音楽事業にも携わる。2014年末にはnov(AION 、地獄カルテット、volcano)、44MAGNUMの広瀬さとしJIMMY等出演のドリームセッションを主催。

http://dmm-news.com/article/977138/
EARTHSHAKER 西田昌史 marcy&44MAGNUM 梅原達也paulの対談をDMM NEWSで企画構成

<好きなバンド・アーティスト>
[邦楽]:44MAGNUM、LOUDNESS、EARTHSHAKER、ANTHEM、B’z、
地獄カルテット、聖飢魔II、D'ERLANGER、SEX MACHINEGUNS、摩天楼オペラ、THE ALFEE、哀旋士、BLIZARD、Lioncode他

[洋楽]:ジューダスプリースト、 エアロスミス、レッド ツェペリン、ガンズ&ローゼズ、KISS 、Europe他

関連記事

この著者の最新の記事

ピックアップ記事

  1. 歌舞伎町で出会ったミニスカポリスが優秀過ぎて逮捕できなかった件|Myuu♪
    こんにちは。Myuu♪編集長の大浜です。 今回はSNS時代の申し子の様な、新たな世代を感じさせ…
  2. 仕事とロックスターの両立は可能か?家事代行リーディングカンパニー「ベアーズ」部長に聞く|Myuu♪
    暑いですね。皆さん、暑中見舞い申し上げます。 いきなりですが、読者の皆さんにはやりたいこと、成…
  3. 慶應SFC〜外資コンサルの若者が描く音楽アーティスト人生とは|Myuu♪
    皆さんこんにちは、本業でしばらくご無沙汰しておりました。Myuu♪編集長の大浜です。 今回はM…
ページ上部へ戻る

Myuu♪をフォローする