レッドアイ推進委員長!? アメリカ映画の主題歌を書き下ろした、ミュージシャン「ITSUKA」へのインタビュー

レッドアイ推進委員会?!所属のモデル兼ミュージシャン「ITSUKA」へインタビュー

—————————————————–

ITSUKA (イツカ)
東京都出身。シンガー・コンポーザー・クリエイティブ・ディレクター。
http://itsuka.tv
レッドアイ推進委員会 推進委員長
http://redeyelovers.com

音楽活動では、主に、作詞・作曲・ボーカル・ギターを担当。カントリー・ブルース等、アメリカンルーツミュージック的な曲調を得意とし、現在までに、100曲以上を制作、世界に向けて配信している(本人公式HPより抜粋)

—————————————————–

アメリカの映画『Love In Tokyo』のために、ITSUKAが書き下ろした楽曲で、本映画の主題歌となっている。楽曲は、英語と日本語で歌われており、人とのコネクション(繋がり)に関しての疑問を投げかけている。SNS等、バーチャルな繋がりが増える一方、現実の世界でのリアルなコネクションが薄くなっているかもしれないというメッセージソング。

1最初に買ったCDは何ですか。

この質問、よく聞かれるんですが、はっきり記憶がないんですよね。

名盤を何枚かまとめ買いをしたような気がします。

このアーティストは押さえておかないとダメだぞ!的な大人たちが、運よく周りにいたので、その人たちのオススメですね。Carole King, Tracy Chapman, Janis Joplinなど、主に女性ボーカルたちだったような。

音楽情報を得るメディア 手段

サイト、雑誌等教えてください。

出会った人からオススメの音楽を教えてもらう昔ながらのアナログ方法と、
最近は、ネットラジオでジャンルだけ指定してランダムに音楽と出会うデジタルな方法をとっていますね。
目から入る情報が多い世の中なので、それに頼りまくる日と、あえて耳だけで音楽に触れようと視覚的要素をシャットアウトする日と、バランスをとりながら楽しんでいます。

レッドアイ推進委員長!? アメリカ映画の主題歌を書き下ろした、ミュージシャン「ITSUKA」へのインタビュー

音楽を始めたきっかけを教えてください。

学生の頃に、人生ってなんてつまらないんだろう….ってどんよりしていた時期があって、それでも、基本、ポジティブな性格な私は、そのうち、自分の人生を楽しくできるのは自分しかいない!何か好きなことをしないと!と考えるようになり、大好きなだった音楽と共に人生を歩むことに決めたのです。

映画楽曲を作るようになったきっかけを教えてください。

最初に出演させてもらったアメリカの映画の役になかなか感情移入ができず、どうしたらこの子の気持ちになれるのだろうと考えたときに、そうだ、この子の気持ちになって歌を作ってみよう!と思ったのがきっかけです。与えらた役柄を理解するための曲作りですね。曲ができるとすーっと役が自分に入ってくるのですよ。

海外を舞台に活躍するようになったきっかけを教えてください。

今は、特に、自分の国に拘っている時代でもないので、自然にですね。
もちろん、元々、アメリカに住んでいたことの影響はかなり大ですけど。世界中にいる友達にも自分の歌や活動が届いたら嬉しいなと思ってます。

レッドアイ推進委員長!? アメリカ映画の主題歌を書き下ろした、ミュージシャン「ITSUKA」へのインタビュー

アーティストの他に女優を始めたきっかけ、今後の展望を教えてください

演技をすることでまた違ったインスピレーションが生まれるのではと。
シンガーソングライターは、自分の描くキャンパスの中でいかに自分らしい絵を描くか大切だと思っていますが、演技は、監督や脚本家など他の方のキャンパスで、その人が思い描く絵を一緒に完成させる、というような同じ表現でも、また違った感覚を体感できるところが、とても興味深いです。
今後は、引き続き様々なジャンルのクリエイターさんと一緒にお仕事がしたいですね。

他のアーティストとの差別化について

意識していること 心がけ、新規ファンの開拓法 教えてください。

とにかく音楽と真摯に向き合っていたいというコンセプトだけはブレないでいたいですね。
硬派にやっていると、遠回りかもしれませんが、ちゃんと音楽で共感してくれる人は味方になってくれると信じてます。
私の人生を豊かにしてくれた音楽で、他の人の人生を少しでも彩れたら素敵だなーと。

Connection 楽曲情報

曲名:Connection
アーティスト:ITSUKA
レーベル: UN Records
リリース日:2015/9/1

iTunes: https://itunes.apple.com/jp/album/connection-single/id1034778682
Amazon mp3: http://www.amazon.co.jp/Connection-Itsuka/dp/B014LD1RPI

ITSUKA official website
http://itsuka.tv

“Connection” by ITSUKA ミュージックビデオ

ITSUKA出演、アメリカ映画『Love In Tokyo』
予告編:

  • この記事が気に入ったら
野島 茂朗

野島 茂朗日本HEAVY METAL振興協会事務局長&鋼音の寄稿士

投稿者プロフィール

週末は介護施設で認知症高齢者と懐メロを歌う。

中学から44MAGNUMやEARTHSHAKER、LOUDNESSにハマり、織田裕二、デーモン小暮、水嶋ヒロの母校の桐蔭学園高校に進学。大学ではWFS(爆風スランプ、聖飢魔II、ZIGGY森重樹一等を輩出した)に短期間在籍。同期には奥村慎也(ex恋愛信号、exジェッター3)新聞、広告、出版、携帯コンテンツ業界勤務を経て独立。元ジャニーズ平本淳也と出版社を起業した際に、ビジュアル系バンドのインタビュー本を作った。

exZIGGY大山正篤と音楽レーベルを立ち上げ
exCRAZEの鈴木慎一郎のソロアルバム、exANTHEMの福田洋也と音楽配信事業を興し、exBLIZARDの下村成二郎の演歌風メタル等 音楽事業にも携わる。2014年末にはnov(AION 、地獄カルテット、volcano)、44MAGNUMの広瀬さとしJIMMY等出演のドリームセッションを主催。

http://dmm-news.com/article/977138/
EARTHSHAKER 西田昌史 marcy&44MAGNUM 梅原達也paulの対談をDMM NEWSで企画構成

<好きなバンド・アーティスト>
[邦楽]:44MAGNUM、LOUDNESS、EARTHSHAKER、ANTHEM、B’z、
地獄カルテット、聖飢魔II、D'ERLANGER、SEX MACHINEGUNS、摩天楼オペラ、THE ALFEE、哀旋士、BLIZARD、Lioncode他

[洋楽]:ジューダスプリースト、 エアロスミス、レッド ツェペリン、ガンズ&ローゼズ、KISS 、Europe他

関連記事

この著者の最新の記事

ピックアップ記事

  1. 歌舞伎町で出会ったミニスカポリスが優秀過ぎて逮捕できなかった件|Myuu♪
    こんにちは。Myuu♪編集長の大浜です。 今回はSNS時代の申し子の様な、新たな世代を感じさせ…
  2. 慶應SFC〜外資コンサルの若者が描く音楽アーティスト人生とは|Myuu♪
    皆さんこんにちは、本業でしばらくご無沙汰しておりました。Myuu♪編集長の大浜です。 今回はM…
  3. 仕事とロックスターの両立は可能か?家事代行リーディングカンパニー「ベアーズ」部長に聞く|Myuu♪
    暑いですね。皆さん、暑中見舞い申し上げます。 いきなりですが、読者の皆さんにはやりたいこと、成…
ページ上部へ戻る

Myuu♪をフォローする