紅白歌合戦出場 ハイトーンボーカリストの小野”SHO”正利が加入して六年。GALNERYUS(ガルネリウス)LIVEレポート

最初から最後まで、拳を振り上げる観客が会場を埋め尽くす光景に80年代のジャパメタブームの栄光の継承を感じた。

哀愁を帯びた華麗なクラシカルなメロディ、変拍子躍動が脳裏に焼きついた。ハードロック系とは嗜好が違う人にも楽しめそうな音楽性。次作にはよりそんな側面にも磨きがかかるとのSyuのMCに新作への期待高まった

調整するために喉や指を休ませる楽曲等はなく、最初から最後まで全力疾走の驚異的なLIVE。ガルネリウスの前に観たLIVEがB’zだったので対照的に感じた。

小野”SHO”正利はハイトーンロングシャウトグランプリのボーカリストに相違ない。

限界を超えるハイトーンシャウトに感動。

限界を超えるハイ・トーンが出せる本 (CD付き)

メロディアス、パワフル、スピーディなサウンドの実力派。

バイオリン少年出身のSyuのメロディアスなスピードメタルに紅白歌合戦出場 ハイトーンボーカリストの小野”SHO”正利が加入して六年。

アルフィーの高見沢俊彦とBLIZARDの下村成二郎の影響を受けたとソロライブのMCでかつて語った小野”SHO”正利のジャパメタ魂が平成に昇華して昨年はヨーロッパツアーも敢行しGALNERYUS(ガルネリウス)は頂点に君臨している。

ドラムのJun-ichiはパワフルなドラムでジャパメタの雄のメフィストフェレスでも活躍している。

終演後に挨拶に寄った楽屋では全力疾走後のメンテナンスもしっかり。

秋には新アルバムに関して何らかの発表がされるという。渾身の新曲が待ち遠しい。

GALNERYUS(ガルネリウス)公式サイト:http://galneryusyumacher.com/

  • この記事が気に入ったら
野島 茂朗

野島 茂朗日本HEAVY METAL振興協会事務局長&鋼音の寄稿士

投稿者プロフィール

週末は介護施設で認知症高齢者と懐メロを歌う。

中学から44MAGNUMやEARTHSHAKER、LOUDNESSにハマり、織田裕二、デーモン小暮、水嶋ヒロの母校の桐蔭学園高校に進学。大学ではWFS(爆風スランプ、聖飢魔II、ZIGGY森重樹一等を輩出した)に短期間在籍。同期には奥村慎也(ex恋愛信号、exジェッター3)新聞、広告、出版、携帯コンテンツ業界勤務を経て独立。元ジャニーズ平本淳也と出版社を起業した際に、ビジュアル系バンドのインタビュー本を作った。

exZIGGY大山正篤と音楽レーベルを立ち上げ
exCRAZEの鈴木慎一郎のソロアルバム、exANTHEMの福田洋也と音楽配信事業を興し、exBLIZARDの下村成二郎の演歌風メタル等 音楽事業にも携わる。2014年末にはnov(AION 、地獄カルテット、volcano)、44MAGNUMの広瀬さとしJIMMY等出演のドリームセッションを主催。

http://dmm-news.com/article/977138/
EARTHSHAKER 西田昌史 marcy&44MAGNUM 梅原達也paulの対談をDMM NEWSで企画構成

<好きなバンド・アーティスト>
[邦楽]:44MAGNUM、LOUDNESS、EARTHSHAKER、ANTHEM、B’z、
地獄カルテット、聖飢魔II、D'ERLANGER、SEX MACHINEGUNS、摩天楼オペラ、THE ALFEE、哀旋士、BLIZARD、Lioncode他

[洋楽]:ジューダスプリースト、 エアロスミス、レッド ツェペリン、ガンズ&ローゼズ、KISS 、Europe他

関連記事

この著者の最新の記事

ピックアップ記事

  1. 慶應SFC〜外資コンサルの若者が描く音楽アーティスト人生とは|Myuu♪
    皆さんこんにちは、本業でしばらくご無沙汰しておりました。Myuu♪編集長の大浜です。 今回はM…
  2. 歌舞伎町で出会ったミニスカポリスが優秀過ぎて逮捕できなかった件|Myuu♪
    こんにちは。Myuu♪編集長の大浜です。 今回はSNS時代の申し子の様な、新たな世代を感じさせ…
  3. 仕事とロックスターの両立は可能か?家事代行リーディングカンパニー「ベアーズ」部長に聞く|Myuu♪
    暑いですね。皆さん、暑中見舞い申し上げます。 いきなりですが、読者の皆さんにはやりたいこと、成…
ページ上部へ戻る

Myuu♪をフォローする