メンバーの心の本音を告白したのが、1stシングルに詰め込んだ歌たち。「イケてるハーツ|リサーチ⑤」

メンバーの心の本音を告白したのが、1stシングルに詰め込んだ歌たち。「イケてるハーツ|リサーチ⑤」|Myuu♪

イケてるハーツのデビュー曲『Let’s stand up!』、収録曲の魅力を改めて解説!!

 アフィリアサーガの妹分ユニットStand-Up! Heartsとして活動をスタート。メジャーデビューに際し現在のイケてるハーツに改名。つんく♂の手がけたデビュー曲『Let’s stand up!』は、オリコンチャート8位を記録。かなりイケてるアイドルユニットのイケてるハーツ。今回、宇佐美まどか、橘莉衣、虹香、舞波和音の4人が、Myuu♪のインタヴューに答えてくれた。このシリーズは全部で5回更新。最後となる「リサーチ・5」をお届けしよう。

TEXT:長澤智典
ASSISTANT:橋本美波
PHOTO:大浜拓也編集長

――改めて、イケてるハーツのデビューシングル『Let’s stand up!』の魅力を、収録した1曲ずつ語っていただきたいなと思います。まずは、タイトル曲にもなった『Let’s stand up!』ですね。

虹香
『Let’s stand up!』はつんく♂さんに作詞と作曲をしていただきました。とても爽やかな、まさに”つんく♂さんらしい王道なアイドルソング”だと思います。歌詞の内容も、「さぁ立ち上がるぞ!!」と、これから立ち上がってゆく私たち自身の気持ちを押してくれる、今のイケてるハーツにピッタリの歌です。

この歌は、何かを始めようとする人たちの心を後押ししてゆくように、それがテストだったり習い事でも何でもいい、心があきらめかけそうになったとき、これを聞くと勇気や力が沸いてくる歌になりました。

橘莉衣(以下、莉衣)
タイトルや歌詞に、私たちの始まりを告げたユニットだったStand-Up! Heartsの文字も一部入っているように、私たち自身がこの曲を歌うたびに原点の気持ちを思い出せるんですね。それも、嬉しいことだと感じています。

和音
続く、私たちイケてるハーツのプロデューサーである志倉千代丸さんが作詞作曲を手がけてくださった『私信確定』は、情熱的でメロディアスな歌詞を持ったすごく激しいダンスナンバーです。ライブで歌うたびに盛り上がれる楽曲なんですけど。歌詞には、アイドルのことを思うファンの気持ちをすごく込めているように、どこか中二病的な面もあるんですね。だけど、そこに特徴も感じれるんです。とにかく志倉さん節のあふれている、ライブですごく生きる歌だから、ぜひみなさん聞いてください。

宇佐美まどか(以下、まどか)
『ハッピーエンド』は、PS4のゲーム『パンチライン』のエンディングテーマになっている楽曲です。ゲームの内容と歌詞がけっこうリンクしているように、ぜひゲームも含めて楽しんでいただきたいのと、この歌は、聞いててすっごく楽しくなれる超盛り上がりソング。振り付けも簡単なので、ライブでもすぐ振りをしながら参加していけるように、ぜひ一緒にライブで一体感を作りましょう。

橘莉衣(以下、莉衣)
恋してく気持ちを記した歌詞がまた、胸をキュンキュンさせるんです。「ずっとキミと一緒にいたいんだ」とか「今日も明日もいろんなキミを見せてよ」 D J、私自身すっごく感情移入しながら歌えば、気持ちがキュンキュンし続けていたように、そこも楽しんでください。

まどか
3曲ともそう、私たちがファンの人たちに直接言いたくても、なかなか恥ずかしくて言えない心の本音を詰め込んだ歌ばかりだから、そこもぜひ感じてください。

1stシングルの『Let’s stand up!』は、イケてるハーツの原点となる姿です。

――いろんな話を聞いてきたせいか、これからのイケてるハーツの活動がすっごく楽しみになってきました。

莉衣
1stシングルの『Let’s stand up!』は、イケてるハーツの原点となる姿です。その原点となる楽曲の表題歌に、私たち自身の始まりのユニット名Stand-Up! Heartsと同じ言葉も入れられたことがすっごく嬉しくって。きっとこれからも、イケてるハーツにはいろんなことが起きてゆくと思います。だけど、この作品を聞くことで、何時だって私たちは自分たちの原点に戻ることが出来る。その気持ちを踏み締め続けながら、ここからイケてるハーツは大きく羽ばたいていきます!!

  • この記事が気に入ったら

ピックアップ記事

  1. 仕事とロックスターの両立は可能か?家事代行リーディングカンパニー「ベアーズ」部長に聞く|Myuu♪
    暑いですね。皆さん、暑中見舞い申し上げます。 いきなりですが、読者の皆さんにはやりたいこと、成…
  2. 慶應SFC〜外資コンサルの若者が描く音楽アーティスト人生とは|Myuu♪
    皆さんこんにちは、本業でしばらくご無沙汰しておりました。Myuu♪編集長の大浜です。 今回はM…
  3. 歌舞伎町で出会ったミニスカポリスが優秀過ぎて逮捕できなかった件|Myuu♪
    こんにちは。Myuu♪編集長の大浜です。 今回はSNS時代の申し子の様な、新たな世代を感じさせ…
ページ上部へ戻る

Myuu♪をフォローする