海外のファンたちからも反響の嬉しいお便りが…。「イケてるハーツ|リサーチ④」

海外のファンたちからも反響の嬉しいお便りが…。「イケてるハーツ|リサーチ④」|Myuu♪

「デビューシングルの『Let’s stand up!』も、海外から購入してくれた方たちもいるように、イベント出演をきっかけに海外でも私たちのことを応援してくれてる方が増えてきました。そういう人たちにも、しっかり恩返ししに行きたいです。」

 アフィリアサーガの妹分ユニットStand-Up! Heartsとして活動をスタート。メジャーデビューに際し現在のイケてるハーツに改名。つんく♂の手がけたデビュー曲『Let’s stand up!』は、オリコンチャート8位を記録。かなりイケてるアイドルユニットのイケてるハーツ。今回、宇佐美まどか、橘莉衣、虹香、舞波和音の4人が、Myuu♪のインタヴューに答えてくれた。このシリーズは全部で5回更新。続いて「リサーチ・4」をお届けしよう。

                           
TEXT:長澤智典
ASSISTANT:橋本美波
PHOTO:大浜拓也編集長

――イケてるハーツになってからも、いろんな事件が起きたりもしているのでしょうか??

舞波和音(以下、和音)
うちのメンバーにオカルト好きな内田琴音という子がいるんですけど。彼女が、9日間連続リリースイベントの最終日となった2月14日に、イベント会場の舞台から落ちるという事件がありました。幸い怪我もなかったのでひと安心なんですけど、それも事件??

橘莉衣(以下、莉衣)
細かい事件なら、毎日のようにいろいろあるからね。

宇佐美まどか(以下、まどか)
大阪から名古屋にかけてのキャンペーンのときに、まなみん(舞波和音)と一緒の部屋に泊まったんですけど、私がぜんぜん起きれなくて迷惑かけたこともあったよね。

和音
抱き起こしました(笑)。

虹香
前にシンガポールへイベント出演のために行ったときも、ぜんぜん起きれなくって,リーダーの(新)ユウユに怒られてたもんね(笑)。

まどか
起きれなくてメンバーに迷惑をかけるのは、よくあるかも(笑)。

――イケてるハーツは、フランスで行われている「JAPAN EXPO」やシンガポールで定期開催中アジア最大規模のアニメの祭典「AFA」にも出たことがあるんですよね。

和音
それを、デビュー前に出演出来たのはとても大きな経験になりました。今回のデビューシングルの『Let’s stand up!』を海外から購入してくれた方たちもいるように、イベント出演をきっかけに海外でも私たちのことを応援してくださる方が増えました。そういう人たちにも、しっかり恩返しをしに行きたいんです。

虹香
そのためにも頑張らなきゃね。

莉衣
twitter上に、海外の方々から写真付きで「CD購入したよ」という投稿がいろいろ届いたときも嬉しかったよね。

虹香
「無事、届いたよー!!」ってね。この間のリリースイベントのときなんか、わざわざシンガポールから会いに来てくださった方もいたんです。

和音
海外のファンたちからお花も届いたりね。

虹香
しかも似顔絵付きで!!

和音
似顔絵付きの、とても愛の籠もったフラワースタンドをいただきました。

まどか
ホント、暖かいファンの方々にイケてるハーツは支えられています。

イケてるハーツは、応援してくれるみんなに「何時だって夢を与えていける」存在で居続けたいんです。

――今のイケてるハーツの目標にしていること、それも教えてください。

虹香
まずは、私たちがStand-Up! Hearts時代に一周年記念で行ったTSUTAYA O-WESTで、二周年の日にイケてるハーツとしてワンマンライブを行い、成功させたいです。あと、目の前とで言えば、2ndシングルも出したいなと思っています。

――二周年の日って9月じゃない。もっと早い時期。それこそ、2ヶ月後くらいにやってもSOLD OUT!!出来ちゃうんじゃないの??

全員
いやー、無理ですよぉ!!

まどか
でも、この8人はいろんな苦労を一緒に乗り越えてきた仲間たちのように、「二周年を迎える頃までには、今よりもっともっと大きくなれているはず」と思えるだけの自信はついてきました。

――8人の絆もだいぶ深くなっているしね。

莉衣
そうなんです。デビューシングルの『Let’s stand up!』を出すまでの経緯や、『Let’s stand up!』がオリコンのシングルチャートで8位に入るという結果をいただけことで改めて感じたのが、日々私たちのことを一生懸命に考えてくださるスタッフさんたちがいて、私たちの相談にいつも快く乗ってくださるアフィリアサーガの先輩方がいて、この大好きなメンバーたちがいて。何より、私たちのことを見捨てることなく、ずっと期待を寄せ続けてくれたファンの方たちに私たちは支えられ、先のような成果を上げることができたことなんです。みんなが居てくれる限り、叶えられない夢はないと私たちは信じています!!

――その言葉が頼もしいよね。

莉衣
でも、これからが本当の意味でのスタートなんですよね。正直、デビューという夢を叶えたリリース時期を終えたところで、みんなホッとしたのか少し気が抜けたところもありました。でも、私たちは「夢をつかみとる」だけじゃ駄目なんです。

まどかイケてるハーツは、応援してくれるみんなに「何時だって夢を与えていける」存在で居続けたいんです。これからだって、いろんな夢となる目標は出てきます。その夢を、どんどん叶えながら進み続けていたいですからね。

イケてるハーツを知ってくださっている方々に笑顔をプレゼントできるのは、もちろん。まだイケてるハーツを知らない人たちにも、私たちのライブが持つ笑顔の魔法のことを知って欲しいんです。

――これからイケてるハーツは、いろんな人たちに笑顔や夢を与えてゆく存在になっていくんだろうね。

莉衣
国内どころか海外の人たちまで、イケてるハーツは本当にたくさんの人たちに支えられながらここまで進んできました。いただいた想いは絶対に返したいんですね。そのためにも、まずは私たちが大きく成長すること。みんなが喜んでくれる笑顔を浮かべてもらうためにも、これからも絶対に気持ち負けることなく走り続けます!!

和音
そうだね。一回一回のライブを大切にしながら、その一回一回のライブを通して全力のステージを見せていくことでしか、今の私たちには恩返しができません。だからこそ、何時だってイケてるハーツは全力のライブを見せながら、応援してくださる人たちに想いを返し続けていけたらなと思っています。

莉衣
そうやって、一緒に楽しい時間を作っては笑顔を分かち合えるのが一番だからね。

まどか
イケてるハーツを知ってくださっている方々に笑顔をプレゼントできるのは、もちろん。まだイケてるハーツを知らない人たちにも、私たちのライブが持つ笑顔の魔法のことを知って欲しいんですね。そのためにも、もっともっと頑張らないと…。

――でも、みなさんイケてるから大丈夫でしょ。

和音
イケてます!!

虹香
即答(笑)。

和音
もうデビューしたんだから、そこはしっかり答えとかないとね(笑)。

――改めて、イケてるハーツのデビューシングル『Let’s stand up!』の魅力を、収録した1曲ずつ語っていただきたいなと思います。まずは、タイトル曲にもなった『Let’s stand up!』ですね。

(リサーチ・5へ続く)

  • この記事が気に入ったら

ピックアップ記事

  1. 慶應SFC〜外資コンサルの若者が描く音楽アーティスト人生とは|Myuu♪
    皆さんこんにちは、本業でしばらくご無沙汰しておりました。Myuu♪編集長の大浜です。 今回はM…
  2. 歌舞伎町で出会ったミニスカポリスが優秀過ぎて逮捕できなかった件|Myuu♪
    こんにちは。Myuu♪編集長の大浜です。 今回はSNS時代の申し子の様な、新たな世代を感じさせ…
  3. 仕事とロックスターの両立は可能か?家事代行リーディングカンパニー「ベアーズ」部長に聞く|Myuu♪
    暑いですね。皆さん、暑中見舞い申し上げます。 いきなりですが、読者の皆さんにはやりたいこと、成…
ページ上部へ戻る

Myuu♪をフォローする