[会場入り〜セッティング編] SIAM SHADEのNATCHIN在籍「21g」のLIVEレポだけでなく、LIVEまでの雰囲気をおっかけてみた!

元SIAM SHADEのNATCHIN在籍!「21g」のLIVEレポだけでなく、LIVEまでの雰囲気をおっかけてみた![会場入り〜セッティング編]|Myuu♪

14:00~会場入り・セッティング


スタッフへの挨拶を終えると、即機材のセッティングへ。


NATCHINは客席二段目の上でベース弦の調整をしつつ、メンバーのセッティングへアドバイスを行っていた。

Act.はフロアからPAスタッフがマイクテストを行っているのを見守ったり、ステージに登って自分のドラムのセッティングを確認していた。

Genoはセッティングの間はスタッフと談笑し交流を深めたり、PAに提出するライブ中の演出を記入する書類の作成を行っていた。

セッティングが終わってからは、mi-yaは鋭いカッティングで音出し。Actはバスドラをドンドンと踏み込んでは、モニターから出る音を聴き理想のドラムサウンドを追求していた。
 

サウンドチェックでは、PAのスタッフの指示に合わせそれぞれのパートが音出しを行った。同期に合わせてのmi-yaのギターサウンドチェックはライブ前にも関わらず、ライブさながらの迫力を醸し出した。
  

まずは楽器隊のみで『21Generation』を演奏。その様子をフロアの三段目、二段目の上手下手と動き回り、最終的にはフロアの上手下手と動き音の出を確認していたGeno。途中、mi-yaのメインギターの弦が切れるアクシデントが登場。思いもよらぬアクシデントにびっくりしつつmi-yaが弦を取り換えている間に、NATCHINとAct.がそれぞれのソロのサウンドチェックを行った。


リハーサルの途中、アルバム一曲目MASKのオープニングのアカペラ部分でNATCHINが「この音だよこの音」とGenoにベースの音で聴かせると、即座に横からmi-yaが「ミの音ですよ」と鼻歌で確認しつつアドバイスする場面も。流石、3歳からピアノを続けている絶対音感の持ち主という前情報で即加入が決まっただけのことはある。しかし、結局Genoは「本番は最高に気持ちが高ぶっているので自分の気持ちいところで歌います‼」とはにかむ笑顔を見せていた。
 


↓このまま続編もチェック↓
SIAM SHADEのNATCHIN在籍!「21g」のLIVEレポだけでなく、LIVEまでの雰囲気をおっかけてみた![メイク編]

新たな可能性を提示した1stALBUM発売記念ショートツアーLIVE「Genoration」Chapter3@渋谷WWW公演ロングレポート!!

—————————————————–
21gの最新情報は下記よりチェック!

公式サイトはコチラ
Twitterアカウントはコチラ
Youtubeアカウントはコチラ
オフォシャルグッズはコチラ
—————————————————–

  • この記事が気に入ったら
河内 香奈子

河内 香奈子音楽ライター

投稿者プロフィール

アシスタントもやっています。文字を書いたりしています。猫と暮らしたいがために頑張ってます。ヴィジュアル系やアニメがお好きな人です。休日はアニメ見るか寝ています。よろしくお願いします☻

関連記事

この著者の最新の記事

ピックアップ記事

  1. 歌舞伎町で出会ったミニスカポリスが優秀過ぎて逮捕できなかった件|Myuu♪
    こんにちは。Myuu♪編集長の大浜です。 今回はSNS時代の申し子の様な、新たな世代を感じさせ…
  2. 仕事とロックスターの両立は可能か?家事代行リーディングカンパニー「ベアーズ」部長に聞く|Myuu♪
    暑いですね。皆さん、暑中見舞い申し上げます。 いきなりですが、読者の皆さんにはやりたいこと、成…
  3. 慶應SFC〜外資コンサルの若者が描く音楽アーティスト人生とは|Myuu♪
    皆さんこんにちは、本業でしばらくご無沙汰しておりました。Myuu♪編集長の大浜です。 今回はM…
ページ上部へ戻る

Myuu♪をフォローする