【後編】「主張する女性アーティストたち」の饗宴!! 「自分の声(想い)を発する女性たち」こそ、次の時代を動かしてゆくと実感したイベント!!

【後編】「主張する女性アーティストたち」の饗宴!! 「自分の声(想い)を発する女性たち」こそ、次の時代を動かしてゆくと実感したイベント!!|Myuu♪

 昨年8月に赤坂BLITZよりスタートした”次代を担うカールズバンドを軸に据えたイベント”「GIRLS ROCK SPLASH!!」。通算6回目となる「GIRLS ROCK SUMMER SPLASH!! 2015」を、今回は今年2月に引き続き、Zepp Tokyoで開催。出演したのは、ガールズロックバンド革命/Caramel/凸凹凸凹-ルリロリ-/Split BoB/Hysteric Lolita/BAND-MAID®/がんばれ!Victory/Draft King/Chu’s day./ORESKABANDの計10バンド。ハグてっぺいがMCを進行。この日の模様を、前編/中編/後編に分けてお届けします。ここでは、がんばれ!Victory/Draft King/Chu’s day./ORESKABANDのライブの模様を紹介。
 8月29日には、大阪は阿倍野ROCK TOWNを舞台に、初の「GIRLS ROCK SPLASH!!」大阪公演も開催。出演は、SEKIRARA(大阪)/ガールズロックバンド革命(大阪)/ЯeaL(大阪)/Split BoB(愛知)/Chu’s day.(東京)/Caramel(東京)/Hysteric Lolita(東京)/ BAND-MAID®(東京)。こちらにもぜひ足を運んでいただきたい。

がんばれ!Victory

【後編】「主張する女性アーティストたち」の饗宴!! 「自分の声(想い)を発する女性たち」こそ、次の時代を動かしてゆくと実感したイベント!!|Myuu♪

 お馴染み『WILD THING』の登場演奏に続き、がんばれ!Victoryのライブは『ろっく』からスタート。爽やかそうで、じつはかなり挑発的な歌や演奏をぶつけていったメンバーたち。キュートさの中に隠していたロック魂を炸裂させたら、こんなにもワイルドな姿が現れ出た。それが,嬉しい驚きじゃない。
明るく開放的な、何時もの笑顔の似合うがんばれ!Victoryの姿で届けたのが、会場中の人たちがタオル振りまわし大騒ぎした『DEAR』だ。サビに描いた、未来へ向かう強い意志。その気持ちを感じるたびに、魂を武者震い立たせる歌とメロディーへ触れるたび、暴れたい衝動を抑えきれなくなる。なんて嬉しい高揚を与えてくれる楽曲なんだ。
メジャーデビュー曲『全力!スタート』でも、彼女たちは激しく駆ける演奏に飛び乗り、昂る気持ちを解き放つよう、カラッとした想い詰め込んだ歌を届けてくれた。触れた人の心に、まばゆい希望の光と前へ進む勇気を与えてくれるのが素敵じゃない。そのポジティブな姿勢こそ、がんばれ!Victoryの魅力なのは間違いない。
9月2日にシングルリリースも決定中。『ラリラリラ』も、一緒に笑顔で踊り、はしゃぎたくなる、ライブで一体化を作りあげるに最適の楽曲だ。ある種、正統派なガールズロックスタイルかも知れない。でも、そういうど真ん中剛速球こそ、触れてて素直に楽しめるのも事実。演奏中、,興奮したヴォーカルのあやきがコケる場面も(笑)。
最後は、「君が好き」な想いを詰め込んだ、恋心高まる青春ラブソングの『KGSD』。メンバーと観客たちとの熱い掛け合いもお馴染みの風景。むしろ、一緒にまばゆい青春の一ページをライブ空間を通し心や身体に、熱狂として刻んでいけたのが嬉しいじゃない。何時までも、その輝きに触れさせてください。

Draft King

【後編】「主張する女性アーティストたち」の饗宴!! 「自分の声(想い)を発する女性たち」こそ、次の時代を動かしてゆくと実感したイベント!!|Myuu♪

 カウントが鳴らされると同時に響き渡った、パワー満載な歌と演奏。1曲目を飾った『エレクトリック』 に描いたのは、ポップフレイバーあふれたとても爽やかなガーリースタイル。上質なポップセンスを持った楽曲を、彼女たちはタイトな演奏に乗せ届けてくれた。
Draft Kingの楽曲は、どれも良質な歌物スタイル。2ビートなリズムの上で軽快に歌と演奏を走らせた『誓いの歌』なんて、めっちゃ気持ちを上げてくれる歌物チューンじゃない。触れているだけではしゃがずにいれない、その場で飛び跳ねなきゃ気が済まない。素直にその想いに連れていってくれるから、ついつい気持ちが、彼女たちの歌の数々にハートマークを示していたのかも知れない。
数多くの手拍子に乗って駆けだしたのが、『真夜中メリーゴーランド』。「まわれまわれ」の歌声に合わせ、会場中の人たちがタオル振りまわす様も素敵な光景。一緒に口つさみたくなる歌や、拳振り上げ声張り上げてゆく感情煽る演奏も、とても刺激的だ。
パンキッシュさとタイトなビート感を強め、Draft King流シンガロングスタイルに仕上げたのが、カバーナンバーの『贈る言葉』。触れた瞬間から身体中をアドレナリンが駆けめぐり、一緒に大騒ぎ。1曲1曲巧みに表情を変えながら、場内にどんどん熱を帯びた一体感持った風景を描き続けてゆくDraft King。なんか、すげぇ楽しくない?!
「本当の自分って一体なんだろう?!」「自分を信じよう」をテーマに制作。最新シングル『This is me.』は、雄大なウネリを持った躍動ナンバー。「やるせないよ…情けないよ…」。サビメロの切ない歌詞とメロディーに胸がグッと昂り続けてゆく。その気持ちになったのも、そのひと言ひと言が、自分の心を代弁していたから?!
「未来のために、今を強く生きましょう」。最後の『アブラカタブラ』では、誰もがタオルをまわし、舞台上から放たれるポジディブな想いに共鳴しながら、晴れやかなロックンロールのビートに伸び乗り、笑顔ではしゃぎ続けていた。

Chu’s day.

【後編】「主張する女性アーティストたち」の饗宴!! 「自分の声(想い)を発する女性たち」こそ、次の時代を動かしてゆくと実感したイベント!!|Myuu♪

 カラッと晴れた光と、新緑の香りにも似た爽やかな風を場内へ運んだのがChu’s day.。ドキドキとした青春の輝きを晴れな物語へ詰め込んだ『Cycling』が、触れた人たちの心をウキウキと弾ませだした。なんて胸をキュンキュン疼かせてゆくラヴァーズポップチューンなんだろう。歌詞の通り、ハートビートがどんどん加速してゆく気分だ!!
ギタートラブルで一時中断も。続く『愛の光』は、ハートフルなポップナンバー。とてもソウルフルな歌が、軽快な演奏の上で心地好く跳ね続けてゆく。サビでは、観客たちも一緒に「愛の光」と歌いあげていた。この歌に触れていると、不思議と心があったかくなる。その暖色な想いに包まれていると、すごく幸せな気分になっていく。
『IT’S YOU』の演奏が作りだした、ウキウキ弾む踊りの空間。ステージを目一杯使い動きまわるメンバーたち。ハートウォーミングな歌と演奏が連れていったのは、笑顔に包まれたホームパーティのような空間だった。
一転、スリリングなビートを叩きつけ、駆けだした演奏。観客たちの感情に熱いエナジーを注ぐよう、Chu’s day.流攻めナンバーの『GAME』が流れだしだ。凛々しい表情て攻めてゆくヴォーカル,エリの姿は、なんて魅きつける力を持っているんだろう。観客たちも、嬉しく挑発してゆく演奏に飛び乗り大騒ぎ状態だった。
「ねぇねぇ」の歌声も印象的。身体をウキウキ弾ませるポップグルーヴチューン『ねぇ』の演奏に合わせ、会場中の人たちが頭上高く掲げた両手を左右に振り、メンバーと一緒に「ねぇねぇ」と歌い始めた。身体の内側から昂ってゆく想いと想いで、互いに握手を交わしてゆく気分?!。心の内側から沸き上がるエモーショナルな歌声と演奏に包まれてゆくからこそ、自然と気持ちも緩みだし、笑顔になっていくのかもね。
最後は、ライブで熱狂描くに欠かせない『Rocking Shoes』だ。気持ちをはしゃがせる躍動的な演奏と、パワフルなのにとても温かさを持ったエリの歌声に触れながら、終始ウキウキとした気分を感じ続けていた。
Chu’s day.の何に強く惹かれるって、触れた人を一気に懐の中へ包み込んでゆく、エリの母性にあふれた、パワフルなのにハートウォームな歌声。そして、彼女の想いを支えてゆく演奏だ。大きな成長描いてゆく可能性を秘めたChu’s day.だけに、ぜひぜひ追いかけ続けていただきたい。

ORESKABAND

【後編】「主張する女性アーティストたち」の饗宴!! 「自分の声(想い)を発する女性たち」こそ、次の時代を動かしてゆくと実感したイベント!!|Myuu♪

トリを飾ったのが、パーティスカロックバンドのORESKABAND。いきなりド頭から、全身を大きく踊らせはしゃがせてゆく熱狂パーティパンクチューン『Carnival』を突きつけ、場内に跳ねゆくステップ空間を作り出した。いきなりテンションマックス状態へ導いてゆく様は、さすだが。
ORESKABANDのパーティは始まったばかり、さらにクレイジーな気分へ連れ出したのが、南国ムードも満載な『PAPAYA』だ。何時しか会場中の人たちが、彼女たちの繰り出す演奏に煽られ、その場で嬉しそうに飛び跳ね続けていた。途中、ホーンズの2人が客席へ降り、目の前で観客たちを煽ってゆく場面も。さすがだよね、瞬時に状況を判断し、熱を作り上げてゆくその手腕が。
一転、歌物チューンの『自転車』では、気持ちの内側からワクワクとした想いを導き出していった。以外と優しげな演奏だが、その歌や演奏に触れていると、自然と身体も揺れ動いてしまうんだよね。
軽快なスカビートに煽られ、ゆったり、心地好く身体を弾ませてゆく観客たち。「もっと踊っていこうよ」の声を合図に流れたのが、開放的な日差しを会場中に降り注いだ常夏パーティソングの『Carry On!』。誰もが2ステップ踏みながら、ORESKABANDの演奏に身も心も預け、夢中で踊り続けていた。中盤では、メンバーと観客らによるコール&レスポンスも登場。いいよね、そのナチュラルに酔っていける感覚が。
哀愁味あふれたトランペットの音色が奏でたのは、なんと『キューティーハニー』だ。ORESKABAND流妖艶ハードコアなパーティスカチューンにアレンジ。観客たちも艶っぽくも熱い煽りを受け、拳振り上げ妖しいムードの中、嬉しい興奮を覚えていた。
最後に演奏した『What s Wonderful World』まで、終始ORESKABANDは、軽快な2ステップビート踏み続ける熱狂を絶やすことなく、会場へ灼熱の宴を描き続けていった。終盤に生まれた熱いコール&レスポンスの様も含め、一瞬にして、それまでの熱とは異なる空間を作りあげたORESKABANDのメンバーたち。その実力とセンスが、彼女たちを輝かせいる理由だと強く実感したステージだった。

PHOTO: 飯田可奈子、大久保恵海、野澤まな、星川歩未
TEXT:長澤智典

「GIRLS ROCK SPLASH!!」HP
http://girlsrocksplash.com/

がんばれ!Victory
https://ganbare-victory.com/
Draft King
http://draftking.info/
Chu’s day.
http://chusday.xii.jp/
ORESKABAND
http://www.oreskaband.com/

  • この記事が気に入ったら

ピックアップ記事

  1. 歌舞伎町で出会ったミニスカポリスが優秀過ぎて逮捕できなかった件|Myuu♪
    こんにちは。Myuu♪編集長の大浜です。 今回はSNS時代の申し子の様な、新たな世代を感じさせ…
  2. 仕事とロックスターの両立は可能か?家事代行リーディングカンパニー「ベアーズ」部長に聞く|Myuu♪
    暑いですね。皆さん、暑中見舞い申し上げます。 いきなりですが、読者の皆さんにはやりたいこと、成…
  3. 慶應SFC〜外資コンサルの若者が描く音楽アーティスト人生とは|Myuu♪
    皆さんこんにちは、本業でしばらくご無沙汰しておりました。Myuu♪編集長の大浜です。 今回はM…
ページ上部へ戻る

Myuu♪をフォローする