【中編】「主張する女性アーティストたち」の饗宴!! 「自分の声(想い)を発する女性たち」こそ、次の時代を動かしてゆくと実感したイベント!!

【中編】「主張する女性アーティストたち」の饗宴!! 「自分の声(想い)を発する女性たち」こそ、次の時代を動かしてゆくと実感したイベント!!|Myuu♪

 昨年8月に赤坂BLITZよりスタートした”次代を担うカールズバンドを軸に据えたイベント”「GIRLS ROCK SPLASH!!」。通算6回目となる「GIRLS ROCK SUMMER SPLASH!! 2015」を、今回は今年2月に引き続き、Zepp Tokyoで開催。出演したのは、ガールズロックバンド革命/Caramel/凸凹凸凹-ルリロリ-/Split BoB/Hysteric Lolita/BAND-MAID®/がんばれ!Victory/Draft King/Chu’s day./ORESKABANDの計10バンド。ハグてっぺいがMCを進行。この日の模様を、前編/中編/後編に分けてお届けします。ここでは、Split BoB/Hysteric Lolita/BAND-MAID®のライブの模様を紹介。
 8月29日には、大阪は阿倍野ROCK TOWNを舞台に、初の「GIRLS ROCK SPLASH!!」大阪公演も開催。出演は、SEKIRARA(大阪)/ガールズロックバンド革命(大阪)/ЯeaL(大阪)/Split BoB(愛知)/Chu’s day.(東京)/Caramel(東京)/Hysteric Lolita(東京)/ BAND-MAID®(東京)。こちらにもぜひ足を運んでいただきたい。

Split BoB

【中編】「主張する女性アーティストたち」の饗宴!! 「自分の声(想い)を発する女性たち」こそ、次の時代を動かしてゆくと実感したイベント!!|Myuu♪

しっとりとしたエレピの演奏からの幕開け。その音色と、光に包まれたメンバーらの姿を誰もが注視していた。次第に高鳴りだした演奏。ヴォーカルこはるの合図と共に、楽曲は高揚した感情を抱いたまま雄大な盛り上がりの景色を描き出した。『マボロシウサギ』が始まったとたん、沸き上がる気持ちの昂りを抑えきれなかった。けっして激しいわけではない、むしろゆったりと上がってゆく。だけどその演奏が、一緒に感情も高みに連れていってくれた。ヤバいよ、この震え立つ感覚が…。
「ここから全力でいくからね」。その言葉に相応しい、重厚な音の波が襲いかかってきた。『ジャッジメントチーパー』が与えた、荒ぶる衝撃。迫力ある音に飲み込まれるのか、拳振り上げ5人に挑むのか、それくらい高いテンションをぶつけあうバトルが、会場には生まれていた。
場内中にあふれ出した手拍子に導かれ、軽快なステップ踏みたくなる『Future Runist』が流れてゆく。心地好く弾む演奏とはいえ、歌声には確かな力がみなぎっている。誰もが、笑顔を浮かべながら身体を揺らしていた姿も印象的。優しい表情とはいえ、歌声に深みと迫力があるからこそ、臨場感を持ってせまってくるのも嬉しいじゃない。
激しく唸りを上げるヘヴィなディスコビート。雄々しい歌を通し観客たちを煽ってゆくこはる。『マヤカシ少女』が連れ出したのは、重いダンスグルーヴに身を預け、気持ちの導くがままにステップ踏み暴れてゆく大騒ぎの空間。重厚なのに、歌に親しみを覚えてゆくのも、Split BoBの楽曲やステージングが描き出す魅力の一つ。終盤には、誰もが大声張り上げ跳ね続けてゆく姿も印象的だった。
「何時か、私たちの力でここのステージに戻ってきたいと思いました」。その力強い宣言に続いて流れた『スターになれない』。スリリングでラウドな音と激しく疾走する演奏や凛々しい歌声が、触れた人たちの熱狂生み出す感情のペダルをガンガン踏み込んでゆく。何時しか会場中の人たちが、熱を持ったヘヴィなグルーヴに嬉しく溺れ、たぎる声を舞台上にぶつけ続けていた。

Hysteric Lolita

【中編】「主張する女性アーティストたち」の饗宴!! 「自分の声(想い)を発する女性たち」こそ、次の時代を動かしてゆくと実感したイベント!!|Myuu♪

 重い唸りを上げて駆けだした演奏。メンバーらの煽りへ挑むように熱い声を張り上げてゆく観客たち。冒頭を飾った『DISTRESS』の時点から、Hysteric Lolitaは思いきり挑戦モードで観客たちへ挑みかかっていた。楽曲もさることながら、メンバーのステージングが、なんて挑発的なんだろう。だから、誰もが熱いバトルをHysteric Lolitaに仕掛けてゆくのに違いない。
とてもきらびやかなフレースも印象的。甘い…いや、妖しい香りも振りまきながら『絶望のスパイラル』をHysteric Lolitaは歌いかけてきた。楽曲は挑発的なのに、歌は妖艶でメロディアス。その組み合わせが、熱狂と陶酔という言葉が似合う雰囲気を場内に描き出していた。
なんて哀切な幕開けだ。感情の昂りと共に、一気に荒れ狂う表情を描いてゆく面など、『響』を通し、1曲の中へ激しくも哀愁味を持ったドラマを作りあげたHysteric Lolita。なんと言っても、触れたとたん胸を掻きむしった歌に惹かれ続けていた。
ザクザクとしたギターの音に続き、壮大な音色が観客たちを一気に飲み込んでいった。『Alive』が描き出した、華激で重厚で華やかさを持ったシンフォニックロックな世界観。疾走した演奏の上で繰り広げられる妖艶で過激なドラマ性こそ、Hysteric Lolitaの真骨頂?!。続く『堕天使バイブル』も、高揚した嘆きのメロディーが荒ぶる音の上で踊り狂い、熱狂を導いてゆく。どの楽曲にも、「妖艶と高揚描きだす華やかな様式美」を感じてしまう。美しい薔薇に痛い刺があるように、その甘い毒に魅了されてゆくのかも知れない。
最後は、ドラム以外のメンバー全員がステージ最前列まで押し寄せ、挑発するよう激しく華やかに『HYSTERIC』を叩きつけていった。攻めに徹したこの日のステージング。誰もがHysteric Lolitaの作りあげた美しくも華激な世界観に、熱狂とまどろみを覚え続けていた。

BAND-MAID®

【中編】「主張する女性アーティストたち」の饗宴!! 「自分の声(想い)を発する女性たち」こそ、次の時代を動かしてゆくと実感したイベント!!|Myuu♪

  「お給仕始めます」。BAND-MAID®のライブの冒頭を飾ったのが、YouTubeの映像を通し、今や世界中のメタルファンたちから熱い支持を得ている『スリル』だ。凛々しく?!、むしろ、どっしりと響く重厚な音を背に、貫祿あふれた歌をはべらせ、観客たちを調教してゆくと言ったほうがお似合いか。腹の奥底まで響く低音活きた演奏を魅力に、早くもBAND-MAID®は場内に黒く重い宴を作り出していた。
ヘヴィさを持続させながらも、演奏は一気に荒ぶり,駆けだした。太陽の日射しぎらつく荒野をアクセル全開で疾走していくような感覚?!。ツインヴォーカル・スタイルで歌う『BeOK』が、熱く昂る気持ちのアクセルペダルをどんどん踏み込ませてゆく。すでに場内にはダイブする観客も出れば、メンバーの動きに呼応する形で身体を折り畳んでゆく人たちも。客席は、ヤバいくらいに熱を持ちだした。
「お帰りなさいませ、ご主人様お嬢様。ようこそお給仕へ」。ヘヴィドライブナンバー『Shake That』が、挑発的な刺激を持って客席へ襲いかかった。場内中から上がる無数の拳。ヴォーカルの彩姫の貫祿を持って煽ってゆく姿も、何時もながらの神々しさだ。
爽やかで開放的な風を運んでくれたのが、『FORWARD』。触れた人の気持ちを光と一緒に未来へ連れていく?!。そんな希望に満ちた楽曲だ。もちろん、感情を煽る重厚なグルーヴも抱いているように、客席ではモッシュしながら暴れる人たちの姿もあった。
クールでスリリングな演奏が飛び出した。挑発的に、激しく疾走してゆく『Don’t let me down』の演奏に飛び乗り、客席には幾つもサークルモッシュの輪が生まれていた。そう、頭をからっぽに、ただただBAND-MAID®が叩きつけるワイルドなロックサウンドに身を預け、暴れ続ければそれでいい。
最後は、今のBAND-MAID®の軸となる音楽性を具現化。挑戦的な姿勢描き出した、歌物ラウドロックな『REAL EXISTENCE』だ。客席では、サークルモッシュを作り暴れてゆく観客たちも。むしろ、それくらい熱狂の渦に溺れなければ昂るエナジーを放出しきれないということだ。独自のスタイルへどんどん磨きをかけ続けているBAND-MAID®。ぜひこの衝撃を、世界各国へ届けていただきたい。

PHOTO: 飯田可奈子、大久保恵海、野澤まな、星川歩未
TEXT:長澤智典

「GIRLS ROCK SPLASH!!」HP
http://girlsrocksplash.com/

Split BoB
http://wish-japan.co.jp/splitbob/
Hysteric Lolita
http://www.hystericlolita.jp/
BAND-MAID®
http://bandmaid.tokyo/

  • この記事が気に入ったら

ピックアップ記事

  1. 仕事とロックスターの両立は可能か?家事代行リーディングカンパニー「ベアーズ」部長に聞く|Myuu♪
    暑いですね。皆さん、暑中見舞い申し上げます。 いきなりですが、読者の皆さんにはやりたいこと、成…
  2. 歌舞伎町で出会ったミニスカポリスが優秀過ぎて逮捕できなかった件|Myuu♪
    こんにちは。Myuu♪編集長の大浜です。 今回はSNS時代の申し子の様な、新たな世代を感じさせ…
  3. 慶應SFC〜外資コンサルの若者が描く音楽アーティスト人生とは|Myuu♪
    皆さんこんにちは、本業でしばらくご無沙汰しておりました。Myuu♪編集長の大浜です。 今回はM…
ページ上部へ戻る

Myuu♪をフォローする