特撮ソング界の重鎮、高取ヒデアキ率いるZ旗と高橋秀幸が、真夏のビーチフェスに参加!! 熱狂の戦隊カーニバルを開催(予定)!!

夏の湘南を舞台にした”夏フェス”と言えば、筆頭に出てくるのが「音霊」。ひと夏だけ湘南は由比ヶ浜に誕生するライブハウス「音霊 OTODAMA SEA STUDIO」を舞台に、2ヶ月に渡り様々なアーティストたちがライブを繰り広げてゆく。

過去にも、アニソンシンガーがOTODAMA SEA STUDIOの舞台に立ち、熱いライブを見せたことはあったが、戦隊/特撮系の人たちに「音霊」はまだ未開の地であった。「音霊」も今年で11年目、ついにこの夏、戦隊/特撮系アーティストたちの口火を切る形で、『炎神戦隊ゴーオンジャー』を歌う高橋秀幸と『ハリケンジャー参上!』のシンガーとして有名な高取ヒデアキ率いるZ旗がOTODAMA SEA STUDIOのステージに立つことが決定した。しかも今回は、「Z旗feat.高橋秀幸」という豪華な顔合わせでの出演。

8月9日(日)、「ビーチでエンタ2015’」と題されたこの日の共演者には、他にも高橋直純や喜多修平、ぽこたなど、気になるアニソン系やJ-POPアーティスト、更にお笑い系からブロードキャスト!!も参加する。

このイベント出演に際して、高橋秀幸と高取ヒデアキの2人が、想いを寄せてくれた。

「世代やジャンルの垣根を越えて楽しめるのが戦隊ソング。僕ら自身、夏のビーチという環境の中で戦隊ソングを演奏する嬉しい機会になるよう、会場に足を運んでくれた人たちと一緒に楽しみたいのはもちろん。何より、戦隊/特撮ソングは夏のビーチにもマッチするんだよということを証明してやりたいですね」(高取ヒデアキ)

「戦隊/特撮ソングの良さ、歌の良さ、ライブの持つ充実度。僕らと戦隊/特撮ソング好きな人たちで感じてきたこの楽しさを、今まで以上に多くの方々に知ってもらうチャンスが今回の「音霊」ライブだと思っています。これをきっかけに「音霊」に戦隊ソングは欠かせないという印象を植えつけるのと同時に、「夏フェスに戦隊/特撮ソングやアニメソングは必要不可欠」なことを、しっかり定着させていきたいなと思っています」(高橋秀幸)

この日は、生楽器中心の編成でライブを実施。高橋秀幸/高取ヒデアキともに、サンバやサルサ、音頭などの夏が似合う戦隊ソングを持っているように、熱いエナジーを注ぎ込む戦隊ソングの数々が、どんな風に様変わりし届けられるのか楽しみだ。

先行前売りチケットは、6月5日より、特設ホームページでも受け付けている。夏の熱狂のパスポートを手にしたい方は、早めに予約購入することをオススメしたい。

          TEXT:長澤智典/PHOTO:大友民男/河内香奈子

      (写真は、高橋秀幸/高取ヒデアキ/Akuzawa/Kawaseの4人で撮影)

Z旗feat.高橋秀幸 ライブ用公式Web

http://www.globe-eb.com/otodama2015

Z旗 Web

http://www.starball.jp/z-ki/

高取ヒデアキ Web

http://www.starball.jp/takatori/

高橋秀幸Web

http://www.globe-eb.com/artists_Takahashi.html

「OTODAMA SEA STUDIO2015」Web

http://www.otodama-beach.com/2015/

☆LIVE

■ビーチでエンタ2015′

「高橋直純 / Z旗 feat.高橋秀幸 / 喜多修平/ ぽこた/ブロードキャスト!!」HP先行

◎受付期間:6/5(金)14:00~6/16(火)14:00

http://w.pia.jp/s/otodama150809hp/

  • この記事が気に入ったら

ピックアップ記事

  1. 仕事とロックスターの両立は可能か?家事代行リーディングカンパニー「ベアーズ」部長に聞く|Myuu♪
    暑いですね。皆さん、暑中見舞い申し上げます。 いきなりですが、読者の皆さんにはやりたいこと、成…
  2. 慶應SFC〜外資コンサルの若者が描く音楽アーティスト人生とは|Myuu♪
    皆さんこんにちは、本業でしばらくご無沙汰しておりました。Myuu♪編集長の大浜です。 今回はM…
  3. [後編:対談] V(ヴィジュアル)系ロックの歴史総括&まとめ!X JAPAN,LUNA SEA,L'Arc~en~CielからSHAZNA、Dir en greyを経て,,,V系大御所音楽ライターと元SHOXX編集長が語る。
    今回は渋谷のロックバーにて、V系ロックを創世記から見てきた音楽ライター:長澤氏(現在次なるブーム「ガ…
ページ上部へ戻る

Myuu♪をフォローする