「いろんなところに行きたい。ずんだシェイクとか呑みたい。」|ミライスカート インタヴュー

「いろんなところに行きたい。ずんだシェイクとか呑みたい。」|ミライスカート インタヴュー

今年5月に大阪BIG CATへ進出、7月に渋谷O-NESTで1日2公演行った東京初ワンマンはソールドアウト。ミライスカートは今、人気と支持を着実に得ている。

つねに挑戦の姿勢を崩さない彼女たちが次に掲げたのが、初のワンマンツアーだった。「金木犀香る初恋のMelody」と題した今回のツアーは、ミライスカートのホームグラウンドである京都に於けるファイナル公演も含む東名阪京の4ヶ所で実施。その幕開けとなった「東京編」が、10月10日(月・祝)にTSUTAYA O-WESTで行われた。このインタヴューは、ライブ前に実施。それを踏まえたうえで読んでいただきたい。

今回は『Melody』の持つ雰囲気を大切に表現出来るツアーにしようと決めました。

――全国ツアー「金木犀香る初恋のMelody」ツアーが始まりました。今回のツアー、ライブを楽しむうえで「恋」がキーワードになっていません??

奈緒美
タイトルに「金木犀香る初恋のMelody」と付けたのは、せっかく秋に行なうからタイトルやライブの中身からも秋の香りが漂うツアーにしたかったからでした。

麗菜
タイトルにも記しましたが、ミライスカートには『Melody』というバラード曲があります。「その歌をもっと上手に歌えるようになりたいな」と夏頃にみんなで話しあったことから、今回は『Melody』の持つ雰囲気を大切に表現出来るツアーにしようと決めました。そこから、「恋」というワードも大切なポイントになっていきました。

奈緒美
今回は、『Melody』を中心に据えたツアーになります。

真理奈
しかも今回は四都市でライブを組んだように、全部に来たいなと思いたくなる映像やコーナーを用意しています。中に「アコースティックコーナー」を用意したんですけど、そこは歌うメンバーが毎回変われば、歌う曲も全ヶ所変わるように、全部を観ることで「金木犀香る初恋のMelody」という公演を深く味わえる構成にしたいなと思っています。

――オープニングに流れる映像も意味深ですよね。

麗菜
京都の公演では、物語の完結編も映そうと思っています。

奈緒美
あの映像は全部れいにゃんが監督として構成のアイデアを出してくれました。

珠菜
カメラマンさんとけっこう打ち合わせをして撮影をしてたもんね。

麗菜
カメラマンさんとシチュエーションや撮影のアングルなどを話しあったうえで、撮りたいシーンをみんなに伝えてやってもらいました。

――みなさんの憂いを持った表情が、この映像の見どころですからね。

麗菜
普段はアイドルらしい笑った表情を見せてるんですけど。せっかく『Melody』という切ない歌を今回は公演の軸に据えていくから、それに合わせたオープニングの映像を作りたかったんです。おかげで、普段とは違うメンバーの表情を観てもらえる映像になりました。

――そこからどうライブ本編が展開していくか。しかも今回の目玉の一つとしてあるのが、先にも触れた「アコースティックコーナー」になります。

麗菜
アコギやエレピの演奏を背景に、それぞれがソロで「恋の歌」をカバーすれば、今回のツアーの中心となる『Melody』をアコースティックなスタイルで歌います。


――「アコースティックコーナー」では、毎回みなさん恋の歌を披露する形なのでしょうか??

麗菜
そう決めています。

――東京公演では、れいにゃん(相谷麗菜)となっちゃん(林奈緒美)が歌いました。それぞれ楽曲を選んだ理由を教えてください。

奈緒美
私は大好きなスキマスイッチさんの『奏』を歌いました。その歌詞をよく読んだら恋の歌だったので、今回「恋の歌」を歌うことから『奏』を選びました。

麗菜
なっちゃんはしっとりとしたバラードを選んだので、私はYUKIさんの『ビスケット』を選びました。私、YUKIさんが大好きなのもあるんですけど。もともと「明るい曲にしよう」という想いと、「恋の歌」と聴いて最初に思い浮かんだのが『ビスケット』だったことから選びました。
私、『ビスケット』の歌詞に書いてある「私があなたを好きな理由100ぐらい正座してちゃんと言えるから」という一節がすっごい好きなんです。そこを口づさむだけでなんかにやけちゃいます。

――今回のワンマン公演は4回あるように、このコーナーでは一人2曲担当する形になるわけだ。

奈緒美
正解です。メンバーそれぞれの好きな「恋の歌」を「アコースティックコーナー」では毎回聴けます。

四都市まわらせていただく以上は四都市で演る意味を持ったライブを見せたいし、最後の京都公演のときには4人とも成長したなと感じてもらえるツアーにしていきます。

――初ツアーを行なうことが決まったとき、どんな気持ちでした??

奈緒美
ツアーって始まってみないとその感覚がわかんなくって。初日を迎える今は、まだ普通に単独のワンマン公演を控えた感じなんですけど。きっと東京公演を終えたときに、今回の反省点が見えてきて、それを次に活かそうと思う気がするんです。そういうことを出来るのがツアーなのかなと想像しますし、これからどんどんツアー感が増していくんだと思います。

「いろんなところに行きたい。ずんだシェイクとか呑みたい。」|ミライスカート インタヴュー

麗菜
今回は、会場選びもメンバーの意見を反映していただいてて。とくに名古屋の新栄DAY TRIVEは200人も入れるか入れないかの場所なんで、最初はもっと大きい会場をという話もあったんですけど。初めてここの会場でライブをしたときにぜんぜん上手く出来なくて。そのときの悔しさがずっと残ってて。あの当時から「おっきくなって、またここの会場に戻ってきたい」気持ちがあったことから、「今回は私たちの思い入れの強い会場でやりたい」というメンバーの意見を聴いてもらって決めました。

――名古屋でのワンマン公演は初めてになるんだよね。

麗菜
初めてになります。でも、ソールドアウトしたらしいです。次に名古屋でワンマン公演をやるときは、さらにおっきいところでやりたいです。

奈緒美
大阪のYES THEATERは後ろにモニターのある会場。大阪公演では、そのモニターを上手く使ってライブをやれたらなーと思っています。

麗菜
各公演ごとにいろんな魅せ方をしていきますけど、とくに大阪公演は他の会場とは違う感じになりそうです。

珠菜
せっかく四都市まわらせていただく以上は四都市で演る意味を持ったライブを見せたいし、最後の京都公演のときには4人とも成長したなと感じてもらえるようなツアーにしていきます。何より、ワンマンツアーをまた次に繋げる糧にしたいので頑張ります。

――今回のツアー一番の見どころはなんだと思います??

真理奈
「アコースティックコーナー」は初挑戦。しかも4人でアコースティックなスタイルで歌うのも初めてのように、すごくいい機会っていうか。4人の息を合わせることも何時も以上に大事になっていくから、その歌はもちろん、4人の息がもっと合っていくツアーにしていきたいし、そこを一番の見どころにしたいなと思っています。

――ワンマンツアーを組めるようになったのは嬉しいこと。ミライスカートも着実に成長していますよね。次はもっと会場のキャパシティを広げながら。さらに、各地方へ足を伸ばしてになりますか!?

麗菜
九州も数えるほどしか行ってないし、東北や北海道とか北のほうはまだぜんぜん行ったことがないので行きたいんです。

奈緒美
北海道行きたーい!!カニを食べたーい!!

麗菜
各地方ごとに食べたいものがいっぱいあるから。いろんなところに行きたい。ずんだシェイクとか呑みたい。

奈緒美
目的はいっぱい作ってるんで早くいきたいです。そのためにも、まずは今回のワンマンツアーを成功させなきゃいけないなと思っています。

今回のライブでミライスカートの楽曲を全部聴けます。ただし、「アコースティックコーナー」のソロ曲は全ヶ所違います。

――今回のセットリストは、何時もライブに足を運んでいる方なら思いきり楽しめる内容じゃない??

真理奈
今までの経験を活かしたセットリストがいいねという話からこうなりました。今回のライブでは、今のミライスカートの持ち曲を全部披露しています。しかも、全部の公演で全曲歌おうと思ってるし。セットリストもちょっとずつ組み方を変えながら、その土地ごとの組み方のワンマンライブが出来たらいいなと思っています。

――ということは…。
真理奈
今回のライブでミライスカートの楽曲を全部聴けます。ただし、「アコースティックコーナー」のソロ曲は全ヶ所違います。

――なんてお得な…。
麗菜
お得って書いといてください!!。今回のライブを見たら、その日からミライスカートのことを知ってもらえると思うから、まだミライスカートを見たことない方はぜひ来て欲しいです。

――まさに出し惜しみなしだ!!
麗菜
今回の成果を、ぜひ次のリリースに繋げていきたいんです。今回のツアーで今のミライスカートの魅力を全部出し切って、それをいろんな人たちに認めてもらいたいなという気持ちもあります。

――このツアーは、今年やってきたことの総決算になるんだ。
奈緒美
そうしていきます。

「未来フェス」は私たちの主催イベント。自分たちも楽しみつつ、ファンの人たちも楽しみつつ、出演者さんたちへのおもてなしの精神を忘れずに、これからもずっと続けていければなと思っています。

「いろんなところに行きたい。ずんだシェイクとか呑みたい。」|ミライスカート インタヴュー

――12月23日(金・祝)には、地元の京都で「未来フェス」が決定しました。今回で…
奈緒美
3回目になります。

――Dorothy Little Happyさんの出演も決定しています。
真理奈
この夏に行なった@JAM EXPOでDorothy Little Happyさんと初めて一緒にコラボすることができれば、初体面ではなかったんですけど、そこで初めてじっくりとお話をさせていただきました。

――そのときにコラボした楽曲は確か…。
奈緒美
アイドルネッサンスさんも含めた3組でDorothy Little Happyさんの『デモサヨナラ』をコラボしました。

――この日もコラボステージが飛びだすかも??
麗菜
何組かは出る予定なので、一緒にコラボ出来たら嬉しいなぁと思います。その出演者さんたちも、ツアー中に会場で発表していけたらなと思っています。

――この日はクリスマスイヴイヴなんですよね。
珠菜
クリスマスの飾りつけをして、会場をクリスマスっぽくしたい。

奈緒美
おっきいクリスマスツリーとか用意したい。

珠菜
「未来フェス」は私たちの主催イベント。自分たちのアイデアを取り入れてやっているように会場の飾りつけも自分たちでやれば、共演者さんとも仲良くなれるきっかけを作れるから、自分たちも楽しみつつ、ファンの人たちも楽しみつつ、出演者さんたちへのおもてなしの精神を忘れずに、これからもずっと続けていければなと思っています。

奈緒美
おもてなしをたくさん出来たらいいなと思います。

珠菜
「未来フェス」では、ゲストの方々のために毎回なっちゃんが京都のお菓子を差し入れしてくれるんです。

奈緒美
お土産担当です。

珠菜
みなさん喜んで食べてくれるから、それも嬉しくって。

奈緒美
ただただ喜んで欲しくってやっています。

――まるで京都の観光大使のようじゃない??

奈緒美
公認になりたいです。今はまだ自称なので(笑)。

――最後に、これから「金木犀香る初恋のMelody」を楽しみにしている人たちに向けて、ひと言お願いします。

真理奈
初めてのツアーということで緊張もあるんですけど、このツアーを通してまた成長したいですし、この夏は大型フェスとかアイドルイベントにたくさん出させてもらってすごい成長した部分もあるから、それを今回のツアーでも出していきたいです。今回は「アコースティックコーナー」にも挑戦しているように、どの公演に来ても成長したミライスカートを観れると思うから、まだ大阪名古屋京都公演があるのでぜひ来ていただければなと思います。お待ちしています。

Photo:Yusuke HOMMA
Text:長澤智典

ミライスカート Web
http://www.miraiskirt.com/
ミライスカート twitter
https://twitter.com/miraiskirt
児島真理奈 twitter
https://twitter.com/miraiskirt_km
林奈緒美 twitter
https://twitter.com/miraiskirt_hn
相谷麗菜 twitter
https://twitter.com/miraiskirt_ar
橋本珠菜 twitter
https://twitter.com/miraiskirt_hj

★LIVE情報★

ミライスカートミライスカート東阪名京ワンマンツアー「金木犀香る初恋のMelody」

[大阪編]
日程:2016年11月5日[土]
会場:YES THEATER
時間:OPEN 14:00 / START 14:30
料金:前売 3,000円 / 当日 3,500円
※全席指定
お問い合わせ:サウンドクリエーター(06-6357-9990)

[名古屋編]
日程:2016年11月6日[日][SOLD OUT公演]
会場:新栄DAY TRIVE
時間:OPEN 14:00 / START 14:30
料金:前売 3,000円 / 当日 3,500円(別途ドリンク代要)
お問い合わせ:新栄DAY TRIVE(052-241-5019)

[京都編]
日程:2016年11月27日[日]
会場:京都FANJ
時間:OPEN 14:00 / START 14:30
料金:前売 3,000円 / 当日 3,500円(別途ドリンク代要)
お問い合わせ:サウンドクリエーター(06-6357-9990)

タイトル:未来フェス 2016
日程:2016年12月23日(金・祝)
会場:WORLD,KYOTO(http://world-kyoto.com)
時間:OPEN 13:00 / START 14:00
料金:前売 3,500円 / 当日 4,000円(ドリンク代別)
出演:ミライスカート / Dorothy Little Happy / 寺嶋由芙 / and more…
チケット情報:
10月15日(土)12:00〜11月12日(土)23:59までe+にて先行受付開始(抽選)
URL:http://eplus.jp/mf2016/
11月27日(日)10:00〜各プレイガイドにて一般販売開始
・ローソンチケット[Lコード:55447]
・e+
・チケットぴあ[Pコード:313-329]
・SCチケット:http://www.sound-c.co.jp/ticket/
お問い合わせ:サウンドクリエーター(06-6357-9990)

  • この記事が気に入ったら

ピックアップ記事

  1. 仕事とロックスターの両立は可能か?家事代行リーディングカンパニー「ベアーズ」部長に聞く|Myuu♪
    暑いですね。皆さん、暑中見舞い申し上げます。 いきなりですが、読者の皆さんにはやりたいこと、成…
  2. 慶應SFC〜外資コンサルの若者が描く音楽アーティスト人生とは|Myuu♪
    皆さんこんにちは、本業でしばらくご無沙汰しておりました。Myuu♪編集長の大浜です。 今回はM…
  3. 歌舞伎町で出会ったミニスカポリスが優秀過ぎて逮捕できなかった件|Myuu♪
    こんにちは。Myuu♪編集長の大浜です。 今回はSNS時代の申し子の様な、新たな世代を感じさせ…
ページ上部へ戻る

Myuu♪をフォローする