「この日がCREAとして最後のライブになるかも知れない」危機感さえ抱いてた中で決めたTSUTAYA O-WESTへの挑戦でした。

「この日がCREAとして最後のライブになるかも知れない」危機感さえ抱いてた中で決めたTSUTAYA O-WESTへの挑戦でした。

4月14日にTSUTAYA O-WESTで行なわれたCREAのワンマンライブ。彼女たちは、5月9日(月)より15日(日)まで目黒鹿鳴館を舞台に一週間連続で行なわれる「爆女祭」の最新シリーズ「叫べ!爆女祭 Vol.2」にも、イベントを主催するホストバンドとして一週間連続で出演する。そんなCREAから最新ミニインタヴューが届いたので、ここにお届けしよう。

「この日がCREAとして最後のライブになるかも知れない」危機感さえ抱いてた中で決めたTSUTAYA O-WESTへの挑戦でした。

――4月14日(木)、TSUTAYA O-WESTを舞台に「CREA ONEMAN SHOW〜One & Only〜」と題して行ったワンマンライブ。会場に熱狂の風景を描き出していました。 
Naki:TSUTAYA O-WESTはCREAがずっと目標にしていた場所。1年前の今頃のCREAの状態を考えたら、今の熱狂の風景は夢のようというか。TSUTAYA O-WESTを決めた昨年7月の時点では、「この日がCREAとして最後のライブになるかも知れない」そんな危機感さえ抱いていた中で決めたTSUTAYA O-WESTへの挑戦だったけど、素敵な光景を思い描きながら当日を迎えられたことで、とても感慨深い想いでした。
Miku:正直、CREAにとっての5年って長かったですからね。だからと言ってTSUTAYA O-WESTのワンマンライブを演り切ったかと言うと、まだまだ自分たちの中では消化しきれてないのも事実です。だけどすでに、目の前には5月9日から15日まで一週間ぶっ続けで目黒鹿鳴館で行う「叫べ!爆女祭 Vol.2」が控えていますからね。
Hiroka:今回はCREAのみが一週間連続でこのイベントを引っ張ります。主催バンドとしてどれだけイベント自体を盛り上げていけるかは、CREAの課題としてあること。
Miku:ことCREAのライブに関しては、一週間毎日演奏してゆく中、(Aikoを見ながら)中日に当たる”4日目”頃が見どころになっていくかも知れないです。
Naki:何かが、(Aikoを見ながら)誰かが覚醒するかも知れない。
Miku:だけど、最初の3日間があっての4日目だし。それまでの積み重ねがあっての7日間のように、全部を通した流れがあったうえで、CREAとしての一週間通したライブの物語が生まれていくと思います。
Aiko:昨年9月にTSUTAYA O-WESTでのワンマンを決めたときには、正直メンバーもスタッフも成功の確信を持って決めたわけではなく、それこそ解散を賭けてくらいの気持ちで挑まないと悲惨な結果に陥るというネガティブな意識もありました。そんなCREAへ「今のCREAならTSUTAYA O-WESTのワンマンだって成功出来るかも」と思えるだけの起爆剤を与えてくれたのが、昨年11月に一週間連続でライブを行った「tkmk爆女祭 Vol.1」で生まれた経験だったように、今回の「叫べ!爆女祭 Vol.2」もそんな一週間にしていければなと思っています。
Naki:昨年11月の「tkmk爆女祭 Vol.1」のときに新曲として演奏していた『GO+AHEAD』や『Flap×Slap!』が、今やCREAのライブの盛り上がりの定番曲へと成長したように、今回の「叫べ!爆女祭 Vol.2」にも新曲を投影しながら、その一週間で歌たちを成長させたいなと思ってる。CREAにとっての、また新たな「キラーチューン」としてね。

「叫べ!爆女祭 Vol.2」に足を運ぶことで、今一番格好いいガールズたちのライブを網羅出来るはず!

――改めてここで、「叫べ!爆女祭 Vol.2」に於けるCREAのライブを楽しむうえでのポイントを聞かせてください。
Hiroka:キーワードは4日目。その日次第で、最終日までがどう盛り上がっていくのか?!?!
Naki:毎日は見れなくとも、何日か見れる人は初日/4日目/最終日を見ると、CREAが一週間のライブの中、どう成長していくのかを感じれると思う。もちろん全日見たほうがCREAが「叫べ!爆女祭 Vol.2」を通して描く物語をさらに楽しめるので、それがベスト。
Miku:ただ、メンバーはね、「何日目だからどう」とか、「この日はこういう戦略で」など関係なく、その日のライブへ全力で立ち向かっていくだけ!!。変に「こうしよう」ととらわれ過ぎると、そこから外れたとき、一生懸命元へ戻そうとして余計悪くなる可能性もあるので。だったら、その日その時ごとに決めて臨んだほうが絶対に良いライブになるし、そこでドラマが生まれるだろうからね。
Naki:今回の「叫べ!爆女祭 Vol.2」もすごいメンツが出揃いました。そのイベントの主役としてCREAが、7日間すべてのライブへ登場します。「爆裂した女たちの祭り」が繰り広げられるように、このイベントに足を運ぶことで、今一番格好いいガールズたちのライブを網羅出来るはずです。見逃したら後悔する。そんな7日間になるように、CREAが「叫べ!爆女祭 Vol.2」に革命を起こします!!。7日間に渡って描く革命の物語をぜひ楽しんでください、見なきゃ損しますから!!

                           PHOTO: KOKI Yamashita(LIVE) 
                           TEXT:長澤智典

CREA Web
http://crea-music.com
「tkmk爆女祭」Web
http://www.bakuonsai.com/

★ライブ日程★

4.29(金)池袋CHOP
5.04(水)川崎セルビアンナイト
5.09(月)-5.15(日)目黒鹿鳴館「叫べ!爆女祭Vol.02」
5.20(金)心斎橋Paradigm
5.21(土)名古屋MUSICFARM
5.31(火)都内某所※5.09詳細発表
6.21(火)横浜BAYSIS

  • この記事が気に入ったら

ピックアップ記事

  1. 歌舞伎町で出会ったミニスカポリスが優秀過ぎて逮捕できなかった件|Myuu♪
    こんにちは。Myuu♪編集長の大浜です。 今回はSNS時代の申し子の様な、新たな世代を感じさせ…
  2. 仕事とロックスターの両立は可能か?家事代行リーディングカンパニー「ベアーズ」部長に聞く|Myuu♪
    暑いですね。皆さん、暑中見舞い申し上げます。 いきなりですが、読者の皆さんにはやりたいこと、成…
  3. 慶應SFC〜外資コンサルの若者が描く音楽アーティスト人生とは|Myuu♪
    皆さんこんにちは、本業でしばらくご無沙汰しておりました。Myuu♪編集長の大浜です。 今回はM…
ページ上部へ戻る

Myuu♪をフォローする