「読書女子」×「読書週間」初コラボ! この機会に本をじっくりと読んでみてはいかがですか?

最近コロナがようやく落ち着き全国旅行支援が話題になっています。旅行の目的はリフレッシュが多く、コロナ疲れの癒しを求めて旅する人が多いです。
そんな癒しを求めている方にぴったりなYouTubeチャンネルが「読書女子」です。
「読書女子」は毎回、色々な女子が読書をしている風景をノーカットで収録し、その動画に癒し音楽をのせて配信しているYouTubeチャンネルです。
読書する本のジャンルは様々でその時の気分にあわせて女子がセレクト。
アイドル、声優、タレントなどの女子が、様々なシチュエーションで60分間、読書をしている動画をアップしていきます。

この「読書女子」が今回初めて読書を盛り上げる「読書週間」とのコラボが実現しました。
「読書週間」(2022年10月27日から11月9日までの2週間)は、公益社団法人読書推進運動協議会が主催する読書の楽しさを伝え、本に親しむ機会を提供する行事です。終戦まもない1947年に「読書の力によって、平和な文化国家を作ろう」という決意のもと初めて開催され、大反響をよび、今もなお続いています。
「読書女子」と「読書週間」のコラボ内容は、読書週間の2週間毎日1動画「読書女子」YouTubeチャンネルにて新しい動画をアップします。
また、動画で使用されている楽曲が同じく期間中毎日音楽サイトにて配信されます。
(HolosMusicより配信)

「読書女子」動画には読書週間のロゴをあしらえ、冒頭には2022読書週間ポスターイラスト優秀賞の作品が紹介されます。
 読書週間を機会に久しぶりにじっくりと本を読み、「読書女子」を観て聴きながら読書するなど、自分なりの読書の楽しみ方を探してみてはいかがでしょうか?

読書女子YouTubeチャンネル

読書週間 HP(公益社団法人読書推進運動協議会)
http://www.dokusyo.or.jp/jigyo/jigyo.htm

■クオラス
株式会社フジ・メディア・ホールディングス傘下の総合広告会社。映像・アニメ・音楽などのエンタテインメントコンテンツへの強みやホールディングスシナジーなどを生かしながら、広告にとらわれないコミュニケーションを提案しています。

株式会社クオラス
https://quaras.co.jp

■HolosMusic
Holos(ホロス)とは「全体」を意味するギリシャ語で「全体性に向かう」「宇宙と調和する」という意味があります。そしてHolosという言葉から「whole(全体)」「heal(癒す)」「health(健康)」「wholesome(健康な、健康によい)」「holy(聖なる)」などの言葉が生まれました。今、話題のホリスティック医療の「holisitic」も「Holos」を語源としています。そして、HolosMusicは皆様の様々な生活シーンを寄り添う、心と体を支える音楽です。
すべての要素を取り入れる医療、ホリスティック医療同様、HolosMusicは心身が整う可能性がある全ての音の要素を積極的に取り入れた新しい音楽を提案しています。
リラックスしたい時、ぐっすり眠りたい時、学習や仕事で集中したい時、効率よく運動をしたい時など、様々な生活シーンを音楽でサポートします。また、我々は制作した音楽が実際にどの様に心身に影響を及ぼしているか各研究機関やドクターと共同で研究していきます。
現在、1000曲以上100タイトル作品以上を配信しております。
音楽の新しい価値創造「HolosMusic」をお楽しみください。

HolosMusic YouTubeチャンネル
https://www.youtube.com/c/HolosMusic


■holy island

弊社はコンサル的な立場で企業様のクリエイティブや宣伝販促活動のお手伝いをしています。弊社は取引様の立場になって、予算やリスクを含めて物事を考えます。近年は宣伝に映像を使う機会が増えましたが、映像については専門的な知識がないと莫大な予算になってしまうことがあります。そのような無駄をなくし、効率的な販促活動ができるようにご協力いたします。
およそ30年間、映像や音楽にかかわる仕事に従事、音楽レーベルを運営してきた経験を生かし、効率的で経費を削減したクリエイティブと宣伝活動をご提案します。

株式会社holy island
https://www.holyisland.me/

  • この記事が気に入ったら

ピックアップ記事

  1.  昨年12月に配信リリースした『世界ヲ染めていく』が英国チャートJ-POP部門で首位を獲得したことで…
  2. 燃えこれ学園が、月2回のペースで行なっている「ライブ配信」。5月24日(火)は「燃えこれ学園 佐々木…
  3. 慶應SFC〜外資コンサルの若者が描く音楽アーティスト人生とは|Myuu♪
    皆さんこんにちは、本業でしばらくご無沙汰しておりました。Myuu♪編集長の大浜です。 今回はM…
ページ上部へ戻る

Myuu♪をフォローする