メンバーみんなメイド姿で登場。燃えこれ学園が「バレンタインSP &つうしんぼユニット」公演を開催。

燃えこれ学園が、月2回のペースで行なっている「ライブ配信」。2022年2月15日(火)に行ったのが「バレンタインSP &つうしんぼユニット」公演。「つうしんぼランキング」とは、その月の頑張り度をポイントとして換算。毎月、誰が広報委員(ファン)から支持を得たかをランキング化している制度のこと(詳しくはhttps://moecore.com/tsuushinbo/を参照)。今回の公演では、2021年12月度と2022年1月度の月間ランキングで上位5人にランクインしたメンバーたちを軸に据えたコーナーを中へ設置。当日の模様を、ここにレポート。

バレンタインライブは、「Re-START」からスタート。最近は、つかみたい未来へ向け誓いを立てるように終盤や最後に歌うことが多かったが、冒頭に歌うことで、響き方が違って聞こえたのが嬉しい。触れるたびに気持ちを熱くする楽曲だからこそ、「Re-START」で幕開けることで、この日のライブへの期待感が一気に高まりだす。コメント欄に書いてあった「はじまりのはじまり」の言葉、まさにその通りだ。

次に披露したのが、凍えそうな冬の夜に聴くとさらに歌声が胸に深く染み込む「オルゴール」。逢えない寂しさを綴ったこの歌も、聴くたびに、聞き手を物語の世界へスーッと引き寄せる。メンバーらも、言葉のひと言ひと言を噛みしめるように歌っていた。その声が重なるたびに、触れた人たちの心に涙を誘い込む。

仲川つむぎ、稲森のあ、と力強い歌声を繋ぐ形で始まったのが「again」。この楽曲でも、メンバー一人一人が凛々しい歌声を響かせ、観ている人たちの心に滾る熱情を注ぎ込む。切ない内容なのに、曲調やメンバーらの歌声に思いが強く込められているからだろう、この歌に触れている間中、気持ちが熱くなっていた。

MCでは、メンバーそれぞれ自己紹介していく後ろで、その人の動きを他のメンバーが真似する様も見せていた。

ここからは「つうしんぼユニット」コーナーへ。トップを飾ったのが、1月度 「つうしんぼランキング」上位5人のメンバーたち(佐々木千咲子・山田みつき・當銘菜々・成田麻穂・高未悠加) 。5人は眩しい笑顔で「Shiny Dream」を歌い、舞台の上でわちゃわちゃ戯れだした。途中、山田みつきが歌詞を忘れ、ハミングで誤魔化し、メンバーからコツンと叱られる場面も登場。そのフレンドリーな姿を見ると、心がほっこりする。
1月度1位を獲得した佐々木千咲子は、2月 に発表したばかりの最新ソロ曲「Starry Sign」を歌唱。2回連続でこの曲を聴けたことに狂喜していたファンたちも多かっただろう。「Starry Sign」は、燃えこれ学園の歌姫の佐々木千咲子に似合う、愛しい人へ向けた想いを届けるバラードソング。大切な人のことを胸の内に映しだし、その人へ想いを馳せるように歌う温かい声に触れ、胸がキュッと鳴った。

12月度「つうしんぼランキング」トップを飾ったのが、當銘菜々。彼女は最新ソロ曲「虹色☆Dreamer」を、愛らしいメイド姿で歌唱。彼女がこの曲を歌うたびに、この空間を楽曲に似合う夏色に染めてゆく。途中、當銘菜々は観ている人たちへ向け「ご主人様お嬢様」と甘い誘いの言葉を投げかけていた。「燃えこれ学園の元気印」というコメント通りのパフォーマンスも、観ている人たちを元気にさせる。

1月度「つうしんぼランキング」の上位5人(當銘菜々・成田麻穂・佐々木千咲子・高未悠加・熊野はる)が歌ったのが、「なないろスマイル」。5人それそれが、自分の個性を活かしたメイド服姿。歌詞の一節ではないが、その姿を見ていると、つい頬が緩みニヤニヤしてしまう。5人は観ている人たちに甘い歌声や仕種を見せながら、大好きな思いを届けていた。當銘菜々の「ずっとあたしを見ててね」の言葉や、5人みんなで「大好きだよ」と思いを投げかけられたときには、胸がキュンキュンときめいていた。

メンバー全員が、メイド服姿で舞台に登場。稲森のあは手作りのメイド服姿。仲川つむぎは和装なメイド服姿、山田みつきは戦うメイド服姿と、それぞれに個性を出していた。蒼音舞は8年前の「バレンタインライブ」の第一回目のときに着たメイド服姿。それぞれに、いろんな思いを胸にメイド服を選んでいた。

後半は、「すき!すき!好き!!」から。色とりどりのメイド服姿で甘い恋のアプローチ。いつも以上にニヤニヤしてしまうのもしょうがない。いや、その姿に心落ちてしまい、彼女たちへ向かい「好き」って叫びたくなっていた。途中、三浦千鶴がカメラ目線で「大好きでーす」と甘い言葉を投げかける場面も登場。メンバーらのチャーミングな姿に、気持ちはメロメロな状態だ。

モールス信号のようなシグナル音が鳴り響く場内。次に披露したのが、観ている人たちを銀河空間へ連れ出す「タイムレシーバー」。彼女たちが思いを一つに「届いて」と歌う声を耳にするたび、心は現実の世界から離れ、キラキラとした別の空間へと意識を飛ばしてゆく。

次に披露したのが、メンバーの生誕祭で歌うことの多い「お誕生日おめでとう」。胸をわちゃわちゃ騒がせ、甘い気分へ浸る演目を多く用意しているバレンタインライブという日に、HAPPYをたくさん届ける「お誕生日おめでとう」は、とても似合う。メンバーらのチャーミングなパフォーマンスを見ていたら、歌詞の一節ではないが「出会ってくれてありがとう」という気持ちになっていた。カラフルなメイド服姿のメンバーたちが画面越しにせまるたび、ドキドキを抑えられない。

甘い姿ばかりではない。パワフルな姿も示そうと、彼女たちは凛々しい表情で「BRAVE」を力強く歌っていた。可愛い姿で熱情したパフォーマンスを披露。まさにその姿こそ、戦うメイドたち。メイド服姿でヘドバンしてゆく様が、最高だ。「かっこいいとカワイイの融合(^o^)ノ イエー!」の書き込み通りのライブを、ここでは見せていた。

燃えこれ学園が最後に歌ったのが、「ミラクる☆妄想がーる」。毎ステージごと、どんな”そろそろMIX”が飛びだすのかが、大きな見どころ。この日は、チョコを手渡しながらの告白というシチュエーションが登場。どんな結果だったのかは、観た人だけの特権にしたいので控えるが、その様は、まさに「ドキドキとまらない」場面だった。さらに、佐々木千咲子がほうきに跨がり「飛べ!飛べ!」と叫び続ければ、熊野はるが謎多き髭面の男性の格好で登場。1曲の中へいろんな妄想を詰め込む様は、本当に贅沢な見どころになっていた。

最後は、お馴染み「校歌」を斉唱。次回は、3月1日(火)「高未悠加 生誕祭」。この日もどんなライブになるのか楽しみだ。

PHOTO:平島理
TEXT:長澤智典

配信ライブスケジュール
3月1日(火)「高未悠加 生誕祭」
https://tiget.net/events/163931
3月29日(火)「2021年度終業式&奥原澄香卒業記念祭り」

『オルゴール』 1000円(期間限定送料無料!)
購買部よりお買い求め下さい。
https://movingexpress.syncsell.jp

オルゴール LIVE PV

『燃えこれ学園なぁなり〜ラジオ』
・毎週火曜日 25:00〜放送中!
放送局:FM那覇(78.0Mhz)
パーソナリティ:成田、當銘
※ラジオはアプリListenRadio等で、全国でもお聴きいただけます!!

2000人の方へ「Re-START」CDお届け企画開催中!
【2022年3月末まで、期間限定送料無料キャンペーン実施中!】
《CD通販サイト》
https://movingexpress.syncsell.jp/re-start-%e7%87%83%e3%81%88%e3%81%93%e3%82%8c%e5%ad%a6%e5%9c%92/

「Re-START」MV

燃えこれ学園校外学習 @ http://Akiba.TV
番組URL:http://youtu.be/WHmIPXzR0mo

燃えこれ学園 Web
http://moecore.com/
燃えこれ学園 twitter
https://twitter.com/moecoregakuen
燃えこれ学園 BLOG
https://ameblo.jp/moecoregakuen/
燃えこれ学園 YouTubeチャンネル
https://www.youtube.com/user/moecoregakuen
燃えこれ学園さぶちゃんねる
https://www.youtube.com/channel/UCZnN9L9Apmp3I8M6VdibpQQ

セットリスト
「Re-START
「オルゴール」
「again」
MC
「Shiny Dream」(佐々木千咲子・山田みつき・當銘菜々・成田麻穂・高未悠加)
「Starry Sign」(佐々木千咲子)
「虹色☆Dreamer」(當銘菜々)
「なないろスマイル」(當銘菜々・成田麻穂・佐々木千咲子・高未悠加・熊野はる)
MC
「すき!すき!好き!!」
「タイムレシーバー」
「お誕生日おめでとう」
「BRAVE」
「ミラクる☆妄想がーる」
MC
「校歌」

  • この記事が気に入ったら

ピックアップ記事

  1. 仕事とロックスターの両立は可能か?家事代行リーディングカンパニー「ベアーズ」部長に聞く|Myuu♪
    暑いですね。皆さん、暑中見舞い申し上げます。 いきなりですが、読者の皆さんにはやりたいこと、成…
  2. [後編:対談] V(ヴィジュアル)系ロックの歴史総括&まとめ!X JAPAN,LUNA SEA,L'Arc~en~CielからSHAZNA、Dir en greyを経て,,,V系大御所音楽ライターと元SHOXX編集長が語る。
    今回は渋谷のロックバーにて、V系ロックを創世記から見てきた音楽ライター:長澤氏(現在次なるブーム「ガ…
  3. K-POP、J-POP、HIP HOP、アニメとジャンルレスで精力的にイベントを開催し続ける「DIA…
ページ上部へ戻る

Myuu♪をフォローする