賛美?それとも惨劇?…CHOKEが「人間惨歌」を通して問いかけた、人として生きる本質。

CHOKEが6月に1stデジタルシングルとしてリリースした「全然問題ねぇ」が、国境を超え、世界中のラウド/ヘヴィメタルファンから熱烈な支持を獲得。時代に寄り添いながらも、他と比較不可能/予測不能な楽曲展開とコロナ禍時代の閉塞感を皮肉った歌詞に、日々の生活に憤りを抱えていた人たちが共鳴/賛同。国内以上に、海外での評価がとても高まっている。日本の現代社会を揶揄しているCHOKEにとって、その成果は嬉しい皮肉と言えようか。別の捉え方をするなら、日本人には規格外/予測不可能な脅威に恐れ戦(おのの)き避けてしまう国民性が根付いているように、新しい価値観(ニュースタンダード)に慣れるまでには時間が必要ということだろう。

9月11日に、CHOKEが2ndデジタルシングルとして「人間惨歌」を配信する。それに先駆け、8月28日にはCHOKEのOFFICIAL SHOPより「人間惨歌/Amyotrophic」の2曲がダウンロード販売になる。

CHOKEが今回示した「人間惨歌」のMV(https://www.youtube.com/watch?v=lwL5XP6UPpM&feature=youtu.be)をご覧になっていただきたい。現在はトレイラーとしての公開だが、もともと精神病院だった廃墟病棟を舞台にした映像には、蟲や生肉を喰らう狂ったメンバーたちの姿が映し出されるように、まるでホラー映画のような世界観を投影している。前作、「全然問題ねぇ」のMV(https://www.youtube.com/watch?v=JqcF4xmBQyM)もそうだったが、CHOKEは、あえて映像ではショッキングな手法を用い、観た人たちに脅威と興味を与えてゆく。でも、歌詞を読み解くと、そこには「今の時代に対しての警鐘」や「閉塞した時代の中での生き方」というシリアスな想いを提示していることに気づくだろう。

CHOKEは「人間惨歌」を通し、「絶望や痛みばかりを感じる日々から逃げるのではなく、我等と共に立ち上がれ」と先導してゆく。今の世の中を、彼らは「惨劇」と皮肉りながら、その時代の中でも「人は希望を持って前へ進める」と「賛美」している。本当なら「人間讃歌」の歌でありながら、それを「人間惨歌」と皮肉るところが、CHOKEらしさ。
楽曲面でも、REONのグロウルが炸裂する超高速ツービートなメタルコアスタイルから幕を開けた楽曲は、メッセージの強い言葉を羅列しながら、序盤はひたすら爆走してゆく。次第に激しさと厚みを増した音は、変拍子を効かせたブリッジを合図に表情を変化。デスクワイアと言うべき壮大なコーラスをシンフォニックでキャッチーな要素として曲の中へ投影するのに合わせ、楽曲は一気に様相を一変。一瞬、抑揚したダウナーでメロウな表情を提示しながらも、次々とアバンギャルドでシュールな曲展開を描きながら、この楽曲一番のクライマックスとなる荘厳なシンフォニックコーラス/攻撃的なラップメタルな音楽性を示し、気持ちを上げたまま頂点まで逝ききってゆく。終始、疾走感を覚えるように、気持ちを走らせたままジェットコースターロックに引き寄せられる感覚が、とても心地好い。
「Amyotrophic」には、絶望へ陥った主人公が、人としてのモラルさえ破り、自分にとっての正義を信じて堕ちてゆく様を描き出している。サウンド面でも、ミドルダウナーな音楽性の中へ、激情したラウドなパートを巧みに差し込み、奈落へ落ちる様を示してきた。REONは、「人間惨歌」と「Amyotrophic」について以下のような言葉を述べてくれた。

 「本当の勇気とは、弱さを知ったうえで立ち向かうこと。その感情は、蟲にも動物にも無い、人間だけが持ち得ているもの。しかも、人は自分の信念を持って行動してゆく。たとえそれが世の中から見たら悪であり犯罪だとしても、その人にとって正義であるのなら、その意志や想いを胸に行動を起こすこともある。確かに、信念を持って行動を起こすことは賛美すべきなのかも知れないけど、時にはその意志が惨劇に変わってしまうこともある。「人間惨歌」には、そんな人たちの生き方を示しながら、未来へ進むためにみずから声を上げようと希望(人間讃歌)を記せば、「Amyotrophic」には絶望(人間惨歌)のみを示しました」

現代社会の中、心にフラストレーションを抱えながら生きる人たちへ、「君らしい生き方は何?」と、CHOKEは一つの心の指針を示してきた。
あなたは人として賛美な生き方をしていますか……?!

TEXT:長澤智典

「人間惨歌」トレイラー

Trailer August 2020

全然問題ねぇ-No problem at all-“(OFFICIAL VIDEO)

“ピザとコーラ-Pizza and Cola-” (Official live film)

★インフォメーション★

【ライブ】
・9月16日(水)新宿ANTIKNOCK
・9月19日(土)高田馬場AREA
・9月26日(土)高田馬場AREA
・10月1日(木)新宿ANTIKNOCK
・10月7日(水)大塚DEEPA
・10月11日(日)高田馬場AREA

【リリース】
・1st single”全然問題ねぇ”ダウンロード&ストリーミングにて配信中

・ライブフィルム”ピザとコーラ”オフィシャルショップにて発売中

CHOKE Web
http://choke.tokyo/
CHOKE twitter
(日本語) https://twitter.com/CHOKE_tokyo_jp
(English) https://twitter.com/CHOKEofficialEN
CHOKE YouTubeチャンネル
https://www.youtube.com/channel/UCrDOWcdZEzCe_2dOExp67cg
CHOKE Official shop
http://choke.tokyo/topics/archives/2
CHOKE Instagram 
https://www.instagram.com/choke.tokyo/
CHOKE Facebook
https://www.facebook.com/choke.tokyo

  • この記事が気に入ったら

ピックアップ記事

  1. 仕事とロックスターの両立は可能か?家事代行リーディングカンパニー「ベアーズ」部長に聞く|Myuu♪
    暑いですね。皆さん、暑中見舞い申し上げます。 いきなりですが、読者の皆さんにはやりたいこと、成…
  2. 慶應SFC〜外資コンサルの若者が描く音楽アーティスト人生とは|Myuu♪
    皆さんこんにちは、本業でしばらくご無沙汰しておりました。Myuu♪編集長の大浜です。 今回はM…
  3. [後編:対談] V(ヴィジュアル)系ロックの歴史総括&まとめ!X JAPAN,LUNA SEA,L'Arc~en~CielからSHAZNA、Dir en greyを経て,,,V系大御所音楽ライターと元SHOXX編集長が語る。
    今回は渋谷のロックバーにて、V系ロックを創世記から見てきた音楽ライター:長澤氏(現在次なるブーム「ガ…
ページ上部へ戻る

Myuu♪をフォローする