6月2日に西永福JAMで1stワンマン公演も決定。ЯanaBとは?!

先に公式文をお借りして,グループの説明をしたい。ЯanaBとは、「2021年12月デビューの5人組ガールズグループ。ЯanaB(ラナビー)というグループ名は、花言葉て”魅力的”という意味を持つラナンキュラスと、ナビ(韓国語て”蝶々”)を組み合わせたもの。K-POPとJ-POPを組み合わせた楽曲と、メンバー自身で振り付けと構成を行いパフォーマンス」しているグループだ。メンバーは、naco・Lei・mina(活動休止中。3月17日復帰予定)・KyoM・Rillaの5人。駒沢CAMITEDを舞台に定期公演も行っている。現在、『PRECIOUS』を配信リリース中。6月2日には、西永福JAMで1stワンマン公演も決まっている。
このたび、1stワンマン公演も行う西永福JAMを舞台にしたイベント「A-Russian vol.66 5th Anniversary」に出演したЯanaBのライブをキャッチ。当日の模様を、ここにお伝えしたい。

SEが流れだした瞬間、この空間は一気に銀河のダンスホールへと色を塗りかえる。ライブは、この場に微笑ましい笑顔の花を咲かせるように『Hello』からスタート。胸をときめかす楽曲に刺激を受けたフロアにいる人たちが、メンバーらに向かって温かいクラップを送る。4人は心を晴れた気持ちに染めあげ、「Hello Hello Hello」と歌いながら、この空間を笑顔の花で埋めつくそうとしていた。歌声はとても温かく優しいのに、一体化した動きを描くダンスパフォーマンスには激しさと華やかさがある。そのギャップも嬉しい魅力だ。彼女たちに「Hello Hello Hello」と呼びかけられるたびに自然と笑みが生まれ、気持ちがはしゃきだす。フロアでも、クラップする人からグルーヴに合わせ身体を揺らす人など、それぞれにЯanaBの届けたハッピーな空気に嬉しく包まれていた。

クールでダンサブルなEDM×HIP HOP TUNEの『It’s me this me』では、甘い香りの中へセクシーさも匂わせながら迫りだす。とてもチャーミングな歌声やパフォーマンスの中から時々見え隠れする、大人の女性らしい艶めき。そこへ妖しさを覚えるたびにドキッとする。甘いソフトクリームのような刺激にとろけていたつもりが、ビターな隠し味に刺激も覚え、濃密な味により深く溺れてゆくような気分だ。少しチクッとした刺激も見せながら、全体的には、ハッピーでポップな世界観と4人のチャーミングな魅力に視線がずっと奪われていた。

曲が進むごとにディープさが増してゆく。可愛らしい服を1枚1枚脱いでいく(曲が進む)ごとに見えてきたのは、甘く妖しく相手を攻めゆく、魔性な面を隠し持った4人の表情とパフォーマンスだ。観客たちへ甘くねだるように迫る歌声やダンスが刺激的だ。綺麗に動きを揃えたパフォーマンスにも視線が惹きつけられる。曲が進むごとに、熱と圧を増してゆくダンスビートの上で、彼女たちは刺激満載で歌やラップを繰り出していた。チャーミングな表情の裏には、こんなにも挑発的な姿も持っていたとは。でも、『PRECIOUS』は配信シングルとしてもリリースしている。ということは、こちらが表の表情?!短い中にも多彩な姿を見せてゆくЯanaB。その姿に興奮した観客たちが、フロアのあちこちで「Fuu~!!」と熱い声を上げていた。

ЯanaBは最後に、ライブでいつも熱狂を作り出すタオルナンバーの『Lucky girl』を歌唱。超ハッピーでアッパー、しかもポップでカラフルな音の色を振りまくダンス曲の登場だ。メンバーらの煽る声に合わせ、フロア中からも熱い声が沸き上がる。4人は、場内中から沸き上がる野太い声もパワーに変え、チャーミングな表情や仕種を見せながら、甘えた女の子になってせまってきた。サビでは、メンバーらが軽やかにステップを踏みながら、振り上げたタオルをくるくる回していた。胸が弾み、心が騒ぎだし、理性が吹き飛ぶ。彼女たちがタオルをくるくる振りまわすたびに、”楽しい”だけがこの空間を支配してゆく。『Lucky girl』を味わっている間は、日常の中にある嫌なことをすべて消し去り、彼女たちと一緒に騒いでしまえばいい。極上のパーティーチューンに気持ちと身体を預け、このひとときをくしゃくしゃの笑顔で埋めつくしてしまえ。ЯanaBのメンバーらと一緒に、無邪気にキラキラ輝いちゃえ!!!!!

最後に、ЯanaBのミニインタビューをお届けしよう。

――ЯanaBとは、どういうグループですか。

naco  ЯanaBの魅力は、5人それぞれの個性がとても際立っているところが魅力です。振りはメンバーで付けているように、ダンスパフォーマンスは魅力にしています。しかも作詞の出来るメンバーもいるから、私たちの気持ちを代表して伝えています。歌やダンスパフォーマンス面以外のところでも、さまざまなことに特化したメンバーたちだから、そこもいろいろ探ってください。

――ЯanaBのライブの魅力もお願いします。

KyoM  ЯanaBのライブは、可愛いも恰好いいも両方出来ちゃうところ。メンバーそれぞれの声の質も違えば、それを武器にしています。メンバー全員歌えますが、同時にラッパーが2人いることから、他にはないライブを見れるんじゃないかと思います。

naco  ダンス面でも、いつも細かく振りを揃えているから、つねに一体感は崩さないようにしています。その上で活かした、それぞれの個性も見つけてください。

――ЯanaBは、駒沢CAMITEDを舞台に定期公演も行っていますよね。他にも、路上ライブも定期的に始めたと聞きました。

Rilla  路上ライブは、まだ始めたてなので、いろいろ見せ方を研究しつつやっています。オリジナル曲主体のライブハウスでの公演とは違い、路上ライブではカバー曲を中心に見せています。

KyoM ダンスパフォーマンスだけの姿も見せています。

Rilla  定期公演は、お客さんと割と距離が近目の会場で行えば、公演ごとにいろいろコラボを行ったりもしています。いつものライブでは見れない、いろんな面を見せてゆくのが定期公演になっています。この間も私服でライブを行うなど、定期公演では、そのとき毎のテーマに合わせて衣装を変えることもあります。そこも見どころです。

――6月2日には、西永福JAMで1stワンマン公演も決まっています。

Lei  1stワンマン公演では、目標動員数を100名と決め、そこに向かっています。100名動員を達成した暁には、ЯanaBは新しい鍵を手に入れ、次の扉を開くことが出来ると思っています。その鍵を手にするためにもメンバー全員が今、一体となって、いろんなことを模索しながら、6月2日に向けていろいろと仕掛けています。まずは、ЯanaBの第一幕の集大成となる姿を見ていただき、みなさんの目と耳、心、身体全体で体感していただけたらなと思っています。

――今、『PRECIOUS』が配信リリース中です。最後に、この曲の魅力をお願いします。

naco 『PRECIOUS』は、メンバーか作詞をした曲になっています。ぜひ、歌詞とTIGER DANCEに注目していただけたらなと思います。

PHOTO:(会場に足を運んだ有志たちからの提供写真たち)
TEXT:長澤智典

【ONE MAN LIVE】
ЯanaB 1st ONEMAN LIVE『赫』

日程:2023.06.02(金)
会場:西永福JAM
OPEN 18:30 / START 19:30
前売り¥3,000 当日¥4,000 +各1D
配信¥2,000

TIGET
https://tiget.net/events/225304
配信
https://twitcasting.tv/nishieifukujam/shopcart/212576…

【PICK UP EVENT】
A-Russian vol.67
(mina復帰イベントとなります)

日程: 3/17(金)
会場: 西永福JAM
OPEN 17:00 / START 17:30
前売り¥3,500 当日¥4,000 共に+1D
配信¥2,500

チケット
https://tiget.net/events/230327
配信
https://twitcasting.tv/nishieifukujam/shopcart/216776

【配信】
「PRECIOUS」絶賛配信中!!
https://linkco.re/yY6YUz8s

【ラジオ】
FMかしま さんの番組コーナーにてЯanaB『PRECIOUS』オンエア決定!!

2/22 ㈬16:00〜16:30の間
2/23 ㈭12:35頃
番組コーナー『パワープレイ』

【ネット視聴】
https://jcbasimul.com/fmkashima

セットリスト

『Hello』
『It’s me this me』
『PRECIOUS』
『Lucky girl』

ЯanaB SNS

https://lit.link/ranab

  • この記事が気に入ったら

ピックアップ記事

  1. K-POP、J-POP、HIP HOP、アニメとジャンルレスで精力的にイベントを開催し続ける「DIA…
  2.  4月にNETH PRIERE CAINと行った全国カップリングツアーに続き、Zeke Deuxは、…
  3. [後編:対談] V(ヴィジュアル)系ロックの歴史総括&まとめ!X JAPAN,LUNA SEA,L'Arc~en~CielからSHAZNA、Dir en greyを経て,,,V系大御所音楽ライターと元SHOXX編集長が語る。
    今回は渋谷のロックバーにて、V系ロックを創世記から見てきた音楽ライター:長澤氏(現在次なるブーム「ガ…
ページ上部へ戻る

Myuu♪をフォローする