「カナデリンピック2021~ライブは不要不急じゃねぇんだよ!バーカ!アーホ!の祭り」レポート、ハシグチカナデリヤ編。

 ハシグチカナデリヤが、今の閉塞だらけの世の中へ向けて。自由にライブを…音楽さえも楽しめない世の中へガツッともの申すべく、8月29日(日)にVeats Shibuyaを舞台に主催したのが、「カナデリンピック2021~ライブは不要不急じゃねぇんだよ!バーカ!アーホ!の祭り」になる。
 出演したのは、ハシグチカナデリヤを筆頭に、ダイナ四バンド・ザ・マスミサイル・CHERRY GIRLS PROJECT・サナダヒデト(trio)・にっぽんワチャチャの計6組。ここには、ハシグチカナデリヤのライブの模様を、お伝えしたい。

音楽は決して不要ではない。必要な人生の糧。それを改めて示したくて、ハシグチカナデリヤはこの舞台の上に立って歌っていた。

トリを飾ったのが、この日の主役のハシグチカナデリヤ。「ループギターの魔術師、ハシグチカナデリヤを始めます」の言葉を受け、さっそくハシグチカナデリヤはループマシンも用いながら、胸弾むファンキーでゴキゲンなグルーヴナンバー「実際No Happen」を演奏。とても晴れた気持ちへ導く、最高にグッドなバイブレーションを持った演奏だ。声は出せなくとも、身体は自由に動かせる。フロアでも大勢の人たちが、舞台の上からあふれ出る胸くすぐる音楽に身を預け、気持ちを楽園へ飛ばしていた。

ブルーズなギターが鳴きのフレーズを塗り重ねてゆく。「本当の僕を誰も知らない」と歌いながら、ハシグチカナデリヤは「いとをかし」を通し、気持ちを熱く掻き立てるグルーヴを大きく脹らませてゆく。演奏の中へ、さりげなくセッション風のプレイも組み込み、心地好くもスリリングな演奏も楽しみながら、観客たちを巻き込んでいく。ラフに見せて緻密な演奏を繰り出してゆくところが、卓越したテクニック集団らしいところ。

色を塗りかえるように、ハシグチカナデリヤはホットでグルーヴィー、ソウルフルなダンスロックナンバー「らぶふらくしょん」を演奏。ダンスビートの魔術師でもあるハシグチカナデリヤらしい、気持ちも身体も心地好く揺さぶる音楽の世界へ会場中の人たちを連れだしていった。ハシグチカナデリヤ自身が大きく身体を揺らし、みずからフロアに生み出した熱へ観客たちと一緒に飛び込み、浮かれ騒いでいた。

「とにもかくにも、なんとかカナデリンピックを開催することができました。冬にこのイベントの開催を決めたときは、夏にはもう少し制限が緩くなると思っていたら、直感が思いきり外れました。でも、間違っててもその直感は大事」と、みずからを皮肉りながら、ハシグチカナデリヤは「feeling feeling」を演奏。気持ちを笑顔で弾ませるゴキゲンで明るいグルーヴナンバーに身を預け、ハシグチカナデリヤと一緒に心地好いグルーヴの波の上で楽しくライドしよう。それが、ゴキゲンになるための最良の楽しみ方だ。

アコギの演奏に乗せ、「ドライブしよう」とロマンチックな気分でハシグチカナデリヤは、優しい声を響かせるように「六等星の丘」を歌いだした。とても美しく 暖色系の声の色がフロア中に広がってゆく。ハシグチカナデリヤはゆったりとした演奏に身と心を寄り添え、想いを空へ溶け込ませるように晴れやかな表情で歌っていた。歌に心地好く酔いしれるって。歌に心が癒されるって、きっとこの歌に触れていたときのような、気持ちが穏やかに浮遊していた感覚を言うのだろう。どんどん温かい歌が広がり、何層にも優しさを重ねてゆく。そんな心地好い感覚に、このままずっと溺れていたい。

ライブは後半戦へ。ドラムのビートに合わせ、フロア中から起きた熱い手拍子。その音に乗せ、エキセントリックなギターのフレーズを奏でだした。さぁ、ここから思いきりはしゃぎ倒せと言わんばかりに、ハシグチカナデリヤは「Rin!Rin!Hi!Hi!」を演奏。みずから弾き倒すソリッドなカッティングビートの上で、沸き立つ気持ちを少し突っ込みぎみで歌声に乗せてゆく。気持ちが熱く高ぶるなら、抑えることなく解き放てばいい。熱を脹らませてゆく演奏が、会場中に渦まいてゆく。その熱さに触発され,無数の拳と心の叫び声が,その熱をさらに脹らませていった。

「昨年からしばらく、いわゆる勝負イベントみたいなものをやる雰囲気ではなかったので、そろそろやるぞーと思って夏に開催したらさっき言った通り読み違ってしまったけど。それでも、やって良かったなと思います。また冬くらいに、12月12日またちょっと面白いことをやりますので覚えておいてください。今回のイベントをやったおかげで、40分間、世界で誰よりもかっちょいい男になれたと自負しています。もっといいイメージ、もっといい妄想をしながら聴いてください」

先に生まれた楽しさを、自分や、ハシグチカナデリヤと一緒に未来に作りあげる楽しさを、さぁイメージしよう。誰もが、心の中で「イメージしよう」と歌いながら、舞台から流れだした「イメイジ」を絵筆に、素敵な、楽しい妄想を頭や心の中にイメージしていった。とてもハートウォーミングでグルーヴィーな演奏だ。彼の優しさに包まれながら、妄想の中、気持ちは心地好くアガり続けていた。

最後にハシグチカナデリヤは、超超超超最高のこのひとときを、さらにカルフルに彩ろうと、ループマシンを用いてキラキラとしたフレーズを重ねだした。彼の歌声へ導かれるように流れたのが「超good time」。気持ちを昇天させるグルーヴの魔術師が生み出したグッドな時間。その楽しいひとときに包まれていることが、素直に喜びだ。このひとときを感じる場を失くすなんて絶対にあり得ないこと。音楽はけっして不要ではない。必要な人生の糧。それを改めて示したくて、ハシグチカナデリヤはこの舞台の上に立って歌っていた。

ここで、この日出れなかったSEX MACHINGUNSへの想いを込め、「みかんのうた」をカバー。ANCHANG並のハイトーンヴォイスを響かせ、超絶ヘヴィなギターリフを刻みながら、ハシグチカナデリヤは自分流のスタイルにも染めあげた「みかんのうた」を、「みかんみかんみかん」と叫びながら歌いあげていった。

最後に、この日出演したアーティスト全員が舞台へ集合。みんなで最後に挨拶をし、この日のカナデリンピックを閉幕した。

以前にもハシグチカナデリヤが、「カナデリンピックは4年に一度ではなく、もっと定期的に開催したい」と語っていたように、今は、次の開催を楽しみにしていようか。それが。12月12日なのかと想像も巡らせながら…。

ライブのコメント

ハシグチカナデリヤ

こんなご時世ですから、ここでクラスターが発生しなかったとわかってからが本当の意味での成功だと思いますが、今(ライブ直後)の段階では最高のイベントになったし、現時点では間違いなく成功だったと思います。やってよかったです。今回、延期や中止という選択肢も頭を掠めたんですよ。SEX MACHINGUNSの代打でお願いしたダイナマイト☆ナオキがオファー3日後にコロナになって、出られなくなってしまって「今はやめとけっていう神からの啓示なのか?」と思った夜もありましたけど(笑)
もちろん延期や中止をするのも、開催するのも、どっちも正解だなと思ったんですけど、ギリギリでやる方を選んだって感じです。
そして、これからも大箱でライブをやっていきたいなと思いましたね。当然大箱はお金も高くつきますから、なかなかビビッてしまうところもあります。でも、やっぱり定期的にこういう緊張感があるようなピリつくイベントをやっていかなきゃ、ミュージシャンとしてダメになっていくなと、今日のライブ始まってすぐに思いました。お客さんも普段のライブとはまたちょっと違う感じで楽しんでくれていたように見えました。
またデカ箱イベントやりますので、期待して待っててほしいです。

PHOTO: 高橋圭司
TEXT:長澤智典
コメントテキスト:南明歩

ハシグチカナデリヤ
http://hashiguchikanaderiya.com/
https://twitter.com/sekai_no_83

セットリスト
「実際No Happen」
「いとをかし」
「らぶふらくしょん」
「feeling feeling」
「六番目の丘」
「Run!Run!Hi!Hi!」
「イメイジ」
「超good time」

  • この記事が気に入ったら

ピックアップ記事

  1. 仕事とロックスターの両立は可能か?家事代行リーディングカンパニー「ベアーズ」部長に聞く|Myuu♪
    暑いですね。皆さん、暑中見舞い申し上げます。 いきなりですが、読者の皆さんにはやりたいこと、成…
  2. 慶應SFC〜外資コンサルの若者が描く音楽アーティスト人生とは|Myuu♪
    皆さんこんにちは、本業でしばらくご無沙汰しておりました。Myuu♪編集長の大浜です。 今回はM…
  3. [後編:対談] V(ヴィジュアル)系ロックの歴史総括&まとめ!X JAPAN,LUNA SEA,L'Arc~en~CielからSHAZNA、Dir en greyを経て,,,V系大御所音楽ライターと元SHOXX編集長が語る。
    今回は渋谷のロックバーにて、V系ロックを創世記から見てきた音楽ライター:長澤氏(現在次なるブーム「ガ…
ページ上部へ戻る

Myuu♪をフォローする