甘酸っぱい衝撃にヒリヒリ嬉しい!噂の?!Chu’s day.、1stアルバムの発売が決定!

甘酸っぱい衝撃にヒリヒリ嬉しい!噂の?!Chu's day.、1stアルバムの発売が決定!|Myuu♪

2014年2月に結成以降、都内を中心に精力的にライブ活動をスタート。今年2月には、代官山NOMADを舞台に初ワンマンライブを行いSOLD OUTさせた、平均年齢19歳のガールズボーカルロックバンドのChu’s day.。

これまでにも、『Rocking shoes/愛の光』『COUNTDOWN!/ねぇ』とライブで定番化している楽曲を収録した2枚の自主制作盤(会場/通販限定)をリリース。

Chu’s day.は、YUI/SCANDAL/ステレオポニー/FTISLAND/椎名慶治(ex.SURFACE)/中川翔子/つるの剛士/藍井エイル/Berryz工房等々、数多くの人気アーティストの作品へプロデュース/編曲/作曲/ギタリストなど様々な形で参加しているオダクラユウが、結成以来ズッと監修を続けてきたバンド。そのサポートもあり、実力と個性をメキメキと伸ばしてきたことが、彼女たちが短期間で多くの人たちの注目を集める要因にも繋がっていった。中でもヴォーカルERIの、絡みつくような存在感あふれる歌声は、一度触れただけで心にズッと残り続ける強烈な存在感を放っている。

 ライブハウスシーンで今、ガールズロックバンドが盛り上がりを見せている中、Chu’s day.もその一角を担う存在として注目を集めている。その流れを先頭に立って牽引してゆく起爆剤にもなるであろうChu’s day.初のアルバムが、8月12日(水)リリースになることが決定した。アルバムタイトルの『Have a nice Chu’s day.』は、オダクラユウと関係の深い椎名慶治(exSURFACE)によるネーミング。「今居るファンに対しても、これからChu’s day.を知っていく人に対しても、この1枚でChu’s day.の“今”を体感できるような作品になっている」ことから、そう名付けられた。アルバムの内容に関しても、平均年齢19歳らしい、疾走感溢れるフレッシュで元気な楽曲から、80’s歌謡曲を彷彿とさせるメロウな楽曲。また、10代のメンバーからは想像が出来ないような大人な雰囲気を作り上げる楽曲まで全9曲を収録している。

同アルバムの発売を記念し、7月27日(月)には、2回目となるワンマンライブ「~Have a nice Chu’s day.~」を代官山NOMADで開催する。1stワンマンのときは、チケットが3日で完売。今回も、争奪戦になることは間違いない。この日のライブでは、限定数だがアルバムの先行発売も予定している。インストアライブや各ショップによる購入者特典は決定次第、随時発表を予定中だ。

 刺激や興奮に飢えている音楽ファンの方々、ぜひ、この甘酸っぱい衝撃を体感してはいかがだろうか?!。熟す前の青々とした刺激ほど、感覚に、記憶に残り続けるものはないからね。

TEXT:長澤智典

Chu’s day. Web
http://chusday.xii.jp/                             

Chu’s day. twitter
https://twitter.com/chusday4

★CD情報

◎Chu’s day. Debut Album

「Have a nice Chu’s day.」(※読み:ハブアナイスチューズデイ)

2015年8月12日(水)リリース予定

品番DAGC-0001 ¥2,500+税

[収録予定曲]

01:C.H.U.S.D.A.Y.

02:Cycling

03:Rocking shoes

04:Chocolate days

05:ねぇ

06:COUNTDOWN!

07:GAME

08:雨

09:愛の光

★LIVE情報

Chu’s day.ワンマンライブ【~Have a nice Chu’s day.~】

2015年7月27日(月) 代官山NOMAD

OPEN19:00 START19:30

ADV \2,800 DOOR \3,300

  • この記事が気に入ったら

ピックアップ記事

  1. 仕事とロックスターの両立は可能か?家事代行リーディングカンパニー「ベアーズ」部長に聞く|Myuu♪
    暑いですね。皆さん、暑中見舞い申し上げます。 いきなりですが、読者の皆さんにはやりたいこと、成…
  2. 歌舞伎町で出会ったミニスカポリスが優秀過ぎて逮捕できなかった件|Myuu♪
    こんにちは。Myuu♪編集長の大浜です。 今回はSNS時代の申し子の様な、新たな世代を感じさせ…
  3. [後編:対談] V(ヴィジュアル)系ロックの歴史総括&まとめ!X JAPAN,LUNA SEA,L'Arc~en~CielからSHAZNA、Dir en greyを経て,,,V系大御所音楽ライターと元SHOXX編集長が語る。
    今回は渋谷のロックバーにて、V系ロックを創世記から見てきた音楽ライター:長澤氏(現在次なるブーム「ガ…
ページ上部へ戻る

Myuu♪をフォローする