石月努、THE DEAD POP STARS、SPEED-iD、マダム・エドワルダ、コンチネンタルキッズ。錚々たる出演者勢で開催のHIV/AIDSキャリア支援チャリティイベント「HOPE AND LIVE」にて、全出演アーティスト収録のオムニバスCDを無料配布!

2013年より、河村隆一、SUGIZO、AUTO-MODなどボーダーレスかつ豪華な出演者勢により毎年開催となる「HIV/AIDSキャリア支援」を目的としたチャリティライブ「HOPE AND LIVE」が、今年もワールド・エイズ・ウイークの日曜日12月2日に渋谷clubasia・VUENOSの二会場同時開催の形で開催される。

この活動「HOPE AND LIVE」は、2013年に自らがHIVキャリアであることを告白したドラマー「HAL(SPEED-iD)」の呼びかけに端を発し、彼の告白を受け止め支援すべく集結したミュージシャン仲間たちの力により実現したもので、ライヴイベントのほか、医療関係者、専門家を招いてのパネルディカッションイベントなど、年間を通じて様々な形式で活動を続けている。そしてそれらの活動による収益はHIV/AIDSキャリアの支援を目的として毎年「国立研究開発法人 国立国際医療研究センター」に寄付されている。

今年の開催は90年代V系の伝説的アーティスト集結するclubasia[RED STAGE]と、ゴス・パンク・エクストリームに焦点を当てたVUENOS[BLACK STAGE]の2会場同時開催となる。
clubasia[RED STAGE]には、「石月努」のアコースティック編成による出演の他、THE DEAD P☆P STARS」、「THE SOUND BEE HD」、「tezya」「SPEED-iD」、「Aphrodite」に加え「RENAME」の出演が追加発表となり、全7組のアーティストが出演となる。

VUENOS[BLACK STAGE]には、HAL、EURO(SPEED-iD)がかつて活動し1992年に解散となった「The Otherside」一夜の再結成GIGの他、「マダム・エドワルダ」「krishna blue」「コンチネンタル・キッズ」「フルダヌキ「functioncode」「XTEEN」に加え「13th Moon」の出演が追加発表となり、全8組のアーティストが出演となる。
そして更に、本年度の開催では初の試みとして、この総勢全15組の出演アーティストが収録されたオムニバスCDが無料配布されることが決定となった。
このCDはHIV/AIDSキャリア支援の啓蒙を目的としたパンフレットに同梱される形となり「ビジュアル、テキスト、そして音楽による啓蒙活動」という意味合いをもって配布される。

国内のみならず、世界規模で様々な形でのHIV/AIDSに関する啓蒙活動が行われる世界エイズ週間の日曜日。音楽、フェスによる本気度の高いこの活動とメッセージに今、年も注目したい。

【イベント詳細】
NPO法人JoinLIFE機構PRESENTS
HIV/AIDSキャリア支援 HOPE AND LIVE 2018
2018年12月2日(日)WORLD AIDS WEEK
渋谷clubasia / VUENOS 2会場同時開催

★全出演アーティスト収録の限定盤オムニバスCDを無料配布★

clubasia [RED STAGE]
[開場/開演]14:00/15:00(予定)
[出演]石月努 / THE DEAD POP STARS / tezya / THE SOUND BEE HD / Aphrodite / RENAME / SPEED-iD
[会場]渋谷clubasia [TEL] 03-5458-2551
[前売/当日]3,000円/3,500円(+1D)
[チケット]10月27日(土)よりイープラスにて発売開始

VUENOS [BLACK STAGE]
[開場/開演]15:00/16:00(予定)
[出演]The Otherside / Madame Edwarda / krishna blue / THEE CONTINENTAL KIDS / functioncode / フルダヌキ / 13th Moon / XTEEN
[会場]渋谷VUENOS [TEL] 03-5458-2551
[前売/当日]3,000円/3,500円(+1D)
[チケット]10月27日(土)よりイープラスにて発売開始

[2会場通し入場フリーリストバンド]5,000円(前売) 6,000円(当日)にて発売

[配布物]入場者に「HIV/AIDSキャリア支援啓蒙パンフレット」と「全出演アーティスト収録の限定盤オムニバスCD」を無料配布。(数量限定。当日券にてご入場の方多数の場合、先着順にて配布終了)

[イベント公式サイト]
HIV / AIDS AWARENESS
HOPE AND LIVE Official Website
http://hopeandlive.com/


  • この記事が気に入ったら

ピックアップ記事

  1. 歌舞伎町で出会ったミニスカポリスが優秀過ぎて逮捕できなかった件|Myuu♪
    こんにちは。Myuu♪編集長の大浜です。 今回はSNS時代の申し子の様な、新たな世代を感じさせ…
  2. 仕事とロックスターの両立は可能か?家事代行リーディングカンパニー「ベアーズ」部長に聞く|Myuu♪
    暑いですね。皆さん、暑中見舞い申し上げます。 いきなりですが、読者の皆さんにはやりたいこと、成…
  3. 慶應SFC〜外資コンサルの若者が描く音楽アーティスト人生とは|Myuu♪
    皆さんこんにちは、本業でしばらくご無沙汰しておりました。Myuu♪編集長の大浜です。 今回はM…
ページ上部へ戻る

Myuu♪をフォローする