ゲストに声優などマルチに活動中の松本梨香さんが登場! 酩酊状態の放送で、毒舌や本音がガンガン登場。

ゲストに声優などマルチに活動中の松本梨香さんが登場! 酩酊状態の放送で、毒舌や本音がガンガン登場。

ニコニコ生放送「たつみTV」公式チャンネルにて、毎月第三木曜日の20時より放送中「太田貴子のドキドキ倶楽部」。メインパーソナリティを、『魔法の天使クリィミーマミ』の声優と主題歌を担当していた太田貴子と『キャプテン翼J』の主題歌「Fighting!」や『ニャニがニャンだーニャンダーかめん』の音楽監督を始め多彩な面で活躍する音楽プロデューサーの宮路一昭が担当。アシスタントに斎藤嵩広が参加。8月20日(木)放送回のゲストは、声優などマルチに活動中の松本梨香さん。

 この日で放送は10回目。にも関わらず、相変わらず台本に縛られない姿勢で語り続けていく(進行を把握してない)のが太田貴子さん。『貴子の、教えて、あ・げ・る!!』のコーナーでは、8/14(金)に新宿RUIDO K4にて行われた宮路一昭主催によるイベント「TONES Night Vol.23」の話からスタート。
当日のライブで宮路一昭 Feat. 太田貴子(ドキドキ倶楽部バンド)は、松田聖子の『あなたに逢いたくて』などのカバーを中心に歌唱。「ドキドキメドレー」でも、太田貴子さんの大好きな松田聖子メドレーを披露。ファンからは「クリーミィマミが松田聖子を歌っているようにしか聞こえなかった」という感想の声も。さらにこの日、宮路一昭 Feat. 太田貴子(ドキドキ倶楽部バンド)のオリジナル曲『笑顔の未来』も披露してくれた。「CDにして」というコメントも多かったように、そこはみなさんのリクエスト次第。来月の番組では、当日演奏したライブバージョンを編集して、チラッと聞かせてくれる予定だそうです。
翌日には、太田貴子さんのソロライブ。なので、打ち上げも太田貴子さんは「早め?!(深夜0時過ぎスタートで、3時前)に帰宅」。その後、カラオケ大会が延々と始まり、明け方に大盛りでめんたいパスタが登場し、さすがに食べきれなかった話で盛り上がっていました。
 翌日は、太田貴子さんの昼夜二公演のライブ。終えての感想は…「盛り上がりました」。うん、らしい言葉ですね。当日は、韓国やイタリアからもファンが来ていたそうです。
 「コレクションしてますか?」のユーザーからの質問に対して、「イヤリング?!。なんかね、「これ、可愛い」と自然に買っちゃう」と発言したのが、太田貴子さん。彼女は、「昔、ギザギザの10円玉も集めてた」という話もしていました。
続いて演歌話の流れから、宮路一昭さん「一時期、石川さゆりさんのバックで演奏していたこともあった」と、初告白。
映画話では、太田貴子さんが「ジュラシックパークを見たい」と言えば、斎藤嵩広さんが「バック・トゥ・ザ・フューチャー」が好きと。宮路一昭さんは「007シリーズ」「小さな恋のメロディ」「ジョン・ランディスが監督している映画すべて」と語っていました。ちなみに今年は、「バック・トゥ・ザ・フューチャー PART2」の背景と同じ時代。今回は、いろいろとプライベートなトークが繰り広げられていた。

リスナーの方が送ってくれたお酒を紹介する『生CMコーナー』では、8月13日が太田貴子さんの何回目?!かの17歳の誕生日ということから、まずは、乾杯用に屆いたシャンパン「MOET & CHANDON」から紹介。呑んだとたん、太田貴子さんから「おーいしい、さいこ~!!」の嬉しい悲鳴が出てました。続いては、純金箔入り「うる星やつら GINJO」。太田貴子さんは「癖がないから呑みやすいかも」と、宮路一昭さんは「フルーティだからグイグイいっちゃう」と感想を述べていました。最後は、新潟県は魚沼市で醸造された大吟醸「鶴齢」。呑んだとたん3人とも「何これ??」「スッと入ってく」と、あまりにもの口当たりの良さに大感激。太田貴子さん、「香りは日本酒だけど、これはまったりとした舌にほんのり残る忘れられない味」と、何時も以上に饒舌に語っていました。その結果は…。

『ゲストコーナー』に登場したのが、声優などマルチに活動中の松本梨香さん。3人の間に入ったとたん、松本梨香さん「酒くさいなぁ、ここぉー!!」と絶叫!!。うん、わかる気がします。ここで、「ポケモン、ゲットだぜっ!!」の決めゼリフも登場。松本梨香さん、じつはほとんどお酒が呑めない(と自己申告していた)人。なのに、無理やり?!「乾杯」に参加させられていました。
宮路一昭さんと松本梨香さんは、1994年~1995年にかけて行われた「ジャンプスーパーフェスタ」で一緒に全国を旅をした間柄。当時は「キャプテン翼」と「NINKU-忍空-」の2作品のコラネボレートとして全国各地をまわっていたそうです。宮路一昭さんが持ってきた当時のパンフレットに映っていた松本梨香さんが、とても可愛いアイドル然とした姿。本人は照れてましたが、まぁ20年前ですからね。
そのイベントへ出演後、松本梨香さんが「キャプテン翼」の日向小次郎の少年時代の声を担当したそうです。このトークの時点で太田貴子さん、酔いがまわり、すっごい笑い上戸に。。。
松本梨香さんも大吟醸の「鶴齢」を呑んだとたん、「江戸時代(から醸造されている)のお酒が美味しい」と、大感激。ここからは、パーソナリティたちの毒舌が徐々に強まりだした。
太田貴子さんの酔っぱらいぶりに、松本梨香さんが「何時から、こういうキャラになったの?!」と、素で質問。ユーザーからも、「これ以上呑ませたらだめ」というコメントまで記されたくらいの酔いっぷりでしたからね。

太田貴子さんも松本梨香さんも、芸歴の長い方。「一生、芸と結婚したと思ってる。ゲイじゃないですよ。芸一筋で生きていくと決めている」と松本梨香さんが宣言。「芸に恋した」とはいえ、日頃の寂しさは2匹の犬に注いでいる松本梨香さん。彼女は2匹の犬に日本語を教え込んでいる。その犬が「おにゃつ(おやつ)」など、本当に日本語をしゃべるそうです。その模様は、twitterにも書いてるそうなので、気になる方はぜひチェックしてください。
ここで太田貴子さんが、真面目な話をしようとしたところ、失言が…。今日は、マジに酔っぱらいモードの太田貴子さん。「今までピカチュウのイメージかあるけど」と言ったとたんに、「そこはサトシです」と言い返される場面も。
「ポケットモンスター」も、今年で放送から19年。「サトシは19年経ってもポケモンマスターになれない。人生谷あり谷あり」と松本梨香さんが語ったところで、太田貴子さんが「芸能界も」と爆弾?!発言。松本梨香さん、「19年やって、やっとサトルじゃなくてサトシと認知されてきた」とも答えていました。
松本梨香さんの業界デビューは、父が座長の大衆演劇の舞台へ17歳のときに出始めたことから。声の仕事は、兄が他界したときのショックで自分も大病に。そのときに名古屋章さんから勧められ、同期だった山寺宏一が背中を押して受けた、アニメ「おそ松くん」のオーディションに合格してのこと。当時は、台本が面白くないから自分で駄洒落を書いて演技。そこが評価されて声優としての道が広がったそうです。松本梨香さん曰く「声優業界にいないキャラクターが認められたところが大きかった」そうです。
「絶対無敵ライジンオー」の日向仁役は、小さい頃のガキ大将だった自分をそのまま投影した役柄。「逮捕しちゃうぞ」で演じたニューハーフの葵双葉は当たり役。松本梨香さんは、ニューハーフの方に「同じ匂いがする」と言われた経験も。本人も、「ニューハーフを演じたら、松本梨香さんに敵う人はいないでしょう」と豪語するくらい。その発言、納得です。
「ポケットモンスター」では、最初にサトシ役ではない役でオーディションへ臨んだ松本梨香さん。ところが、監督いわく「本当はサトシ役でも考えていたけど、やはりサトシがピッタリ」ということで主役に決まったそう。松本梨香さん、太田貴子さんの酔っぱらいさに、つい「ボケモン!!」と突っ込みを入れる場面も…。
松本梨香さんの吹き替え話で、『マリリン 7日間の恋』でマリリンモンローを演じていた話を聞いて、太田貴子さんメッチャ感激!!。「マリリンモンローでサインが欲しい」と毒舌発言。他にも、「ドナルド」の声真似も披露。これを山寺宏一さんに伝授したのが、松本梨香さんだったということも判明。2人は、養成所時代からの同期ですからね。

「台本に書かれている言葉を借りて、自分が言えなかった人に向かって伝えてる」「メロディーや歌詞に乗せて自分の気持ちを言えるのは本当に感謝」「板の上が一番好き」「長くやるのは素敵なこと。ずーっと一緒にいなくてもまた会えるのは、互いに続けていたから。みんなが第一線でやり続けているから」という松本梨香さんの数々の言葉には、とても強い説得力がありました。
 松本梨香さんは、「横浜から松本梨香と一緒に発信「つなげよう笑顔のわっ!」コンサート」を、9月21日に横浜関内ホールで開催します。ぜひ、チェックしてください。

この日は、メンバーみなさん毒舌?!発言が連発。視聴者からもガンガン突っ込みが入るくらい、この日の放送はみなさん酩酊/無法地帯状態でした。

次回の「太田貴子のドキドキ倶楽部」の放送は、9月17日(木)20時より。誰がゲストで登場するのかも、楽しみにしていてください。
 宮路一昭さんも出演している「「鷲尾昇の番長レンジャー」(http://live.nicovideo.jp/watch/lv232735328)。次回の放送は、8月27日21時より。「宮路一昭、川村万梨阿のアニタメ温故知新!」(http://live.nicovideo.jp/watch/lv232854878)は9月3日20時より、ゲストに松岡由貴さんを迎えて放送。こちらもご覧になってください。
                                                                         TEXT:長澤智典

たつみTV
http://ch.nicovideo.jp/tatsumi-TV
太田貴子
http://ameblo.jp/ohta-takako
宮路一昭
http://blog.excite.co.jp/kazmiyaji/
斎藤嵩広
https://twitter.com/rsbfted

松本梨香
http://ameblo.jp/ricachanhouse/
https://twitter.com/rica_matsumoto3

番組宛のメールは tatsumi01@tatsumi-publishing.co.jp まで、番組名『太田貴子のドキドキ倶楽部』を記載のうえ送ってください。

  • この記事が気に入ったら

ピックアップ記事

  1. 仕事とロックスターの両立は可能か?家事代行リーディングカンパニー「ベアーズ」部長に聞く|Myuu♪
    暑いですね。皆さん、暑中見舞い申し上げます。 いきなりですが、読者の皆さんにはやりたいこと、成…
  2. 歌舞伎町で出会ったミニスカポリスが優秀過ぎて逮捕できなかった件|Myuu♪
    こんにちは。Myuu♪編集長の大浜です。 今回はSNS時代の申し子の様な、新たな世代を感じさせ…
  3. [後編:対談] V(ヴィジュアル)系ロックの歴史総括&まとめ!X JAPAN,LUNA SEA,L'Arc~en~CielからSHAZNA、Dir en greyを経て,,,V系大御所音楽ライターと元SHOXX編集長が語る。
    今回は渋谷のロックバーにて、V系ロックを創世記から見てきた音楽ライター:長澤氏(現在次なるブーム「ガ…
ページ上部へ戻る

Myuu♪をフォローする