最強ファイターの座は俺のもの?! キッズソングの帝王?!高橋秀幸、『Beyond the limits』を手にアニメ「フューチャーカード バディファイト ハンドレッド」に殴り込み?!

最強ファイターの座は俺のもの?! キッズソングの帝王?!高橋秀幸、『Beyond the limits』を手にアニメ「フューチャーカード バディファイト ハンドレッド」に殴り込み?!

 子供たち(小学生)を中心に大人まで熱く盛り上がっているトレーディングカードゲーム「フューチャーカード バディファイト ハンドレッド」。この夏も、各地で大会が行われていたように、全国で熱いカードファイトが繰り広げられている。ここに登場したシンガーの高橋秀幸も、子供と一緒にカードゲーム「バディファイト」へ夢中になっている一人。「今、子供と一緒にガシガシ鍛えてるので、もうすぐ最強ファイターになりますから(笑)」と、本気で楽しんでいる。
ところで、「何故、ここに高橋秀幸が?!」と思っている方も多いだろうか?!じつは彼、現在放送中のアニメ「フューチャーカード バディファイト ハンドレッド」の9月放送分より流れるオープニングテーマ『Beyond the limits』と、番組内で起用になる挿入歌『GO GO BUDDY!!』を歌うことが決定したのだ。

 高橋秀幸と言えば特撮/アニソンシンガーとして活動。中でも、キッズ向け作品のテーマ曲を歌うことに特化した活動を行っている。本人も、「僕が歌う一番の目的は、子供たちが喜んでくれる歌を届けること」と語るように、キッズソングを歌うことに強い使命感を抱いている。今や、アニメも大人向けが主流だけに、高橋秀幸のように「子供たちに夢や力を与える」意志を持って歌う存在は、とても大切だ。そんな高橋秀幸の言葉を、ここにお届けしよう。

TEXT:長澤智典

よく「子供でも歌詞をつかめる歌声を届けてくれるシンガー」と言われるように、僕自身が「高橋秀幸の歌を子供たちが口づさんでくれることほど嬉しいことはない」意識でいますからね。

IMG_2606re

――9月よりアニメ「バディファイト」のオープニングテーマとして流れる『Beyond the limits』を高橋秀幸さんが歌うことになりました。高橋秀幸さんと言えば、「戦隊シリーズ」や「キッズ向けアニメ」「歌のお兄さん」などキッズ向けナンバーを得意としている方だけに、ピッタリな作品との出会いじゃないですか??

高橋 「そうなんです。僕のデビュー曲が「戦隊」ナンバーであり、それ以降もずっと、「子供たちが喜んでくれる歌を唄うこと」が僕の使命だと思って活動を続けてきました。何よりも、キッズソングを唄うのが僕自身大好きなんですよ。他の人たちからも、よく「子供でも歌詞をつかめる歌声を届けてくれるシンガー」と言われるように、「高橋秀幸の歌を子供たちが口づさんでくれることほど嬉しいことはない」意識でいますからね。

――高橋秀幸さんは、最近カードゲームもやっているそうですね。

高橋 子供たちの間で、カードゲームって普通に流行ってるじゃないですか。だから僕も、うちの子供と一緒にカードファイトしてますよ。もちろんカードゲーム「バディファイト」も子供と一緒にガシガシ練習しているので、10月21日(水)にシングルをリリースする頃には、僕も、最強ファイターになっていると思います(笑)
いわゆるテレビゲームと違って、カードゲームは頭の回転も必要だし、手先の器用さも養われるしと、すごくいいですね。

  カードゲーム用語も随所に散りばめた、疾走躍動ナンバー『Beyond the limits』

――アニメ「バディファイト」のオープニングテーマとして流れる『Beyond the limits』。まずは、この曲の印象から聞かせてください。

高橋 この歌の作曲を手がけたのが、公私ともに仲良くしていただいてる僕の兄貴分であるサイキックラバーのYOFFYさんなんですよ。イベントなどではよく共演しているんですけど、楽曲を通してご一緒させていただくのは今回が初めてになります。
『Beyond the limits』を作るに当たってYOFFYさんが提案してくれたのが、「アニメ「バディファイト」の要素としてある”明るく””強く””楽しく”の要素を突き詰めていこう」というアイデア。僕も、そこにはすごく共感を覚えました。さらに、レコーディングのときYOFFYさんから提案されたのが、「これまで高橋秀幸のイメージとしてあった”爽やかさ”をぶっ壊そう」ということ。なので、『Beyond the limits』のレコーディングでは僕自身も”強い意志を持った歌い方”を通し、新しい高橋秀幸像を描き出しました。実際に、身近な人に『Beyond the limits』を聞かせると、「これ歌ってるの高橋秀幸くんなの??」と驚かれるように、自分でも、一つ新しいステージにシンガーとして成長できた経験になりました。

――疾走感満載のもとカラッと駆け上がってゆく曲調は、まさにYOFFY節ですよね。

高橋 そうなんですよ。最初から最後まで突き抜けるように明るく駆け上がってゆく。だからこそ僕の歌にも、より強さが漲っていけたんだと思います。その躍動的な演奏に荒々しさを出してくれたのが、最近は僕の主催ライブ「たかぱす感謝祭」にも参加している、元Reyの田崎慎也さんの手によるギターサウンド。もちろん、僕やYOFFYさんとは「戦隊」シリーズでご一緒している大石憲一郎さんのアレンジの手腕もかなり冴えていますから。

――作詞の藤林聖子さんも、「戦隊」シリーズでみなさんとご一緒している方ですよね。

高橋 そうです。まさにお馴染みのメンツですが、でも、今までとは異なる化学反応も起こしている。そこが面白さなんですよ。

――『Beyond the limits』の歌詞には、どんな印象を持っていますか??

高橋 アニメの世界観ともしっかりリンクしたうえで、触れた人に力強さを与えてゆくメッセージを詰め込んでいるところが好きなんです。歌詞には、Charge&Drawなどカードゲームで実際に使っている用語もいろいろ散りばめているから、カードゲームやアニメを楽しんでる人たちには、より深いところで詰め込んだメッセージを楽しんでもらえるのも嬉しいですね。とても前向きな内容なのもポイントですし。何より、ライブを通し一緒に歌を掛け合いしていける歌詞の構成になっている。YOFFYさん、最初からライブでお客さんと一緒に歌を交わしあい熱狂していける姿も想定して作ってくれたところは、さすがですよね。
  

最強ファイターの座は俺のもの?! キッズソングの帝王?!高橋秀幸、『Beyond the limits』を手にアニメ「フューチャーカード バディファイト ハンドレッド」に殴り込み?!

        一緒に叫べるのがポイント、『GO GO BUDDY!』

――物語の挿入歌として流れるのが、C/Wに収録。山崎真吾さんの手による『GO GO BUDDY!!』です。

高橋 『Beyond the limits』が作品の世界観を投影した歌なら、『GO GO BUDDY!!』は、物語でも大切な要因になっている「バディ(仲間)を大切に、想いを一つに戦おう」という気持ちを歌にしています。「人と人との絆」を言葉にしている、そのテーマも僕は大好きなんです。
 これまでも僕は、「仲間と一緒に戦おう」をテーマに据えた楽曲をたくさん歌ってきました。でも「バディファイト」は、バディ(仲間)がいないと成り立たないカードゲーム。だからこそアニメの中でもバディの大切さを描いていれば、その関係性にもスポットを当てているんですね。いわゆる善と悪ではない、それぞれに仲間たちとの意志や関係性を共有したうえでチームを作っている。そのバディチームどうしが戦うという、深いところまで捉えたうえで作り上げた歌なんです。だから、そこまで深読みして聞いてもらえたら、この歌をより楽しめると思います。

――その想いが、楽しい楽曲の中にも深みを与えているんですね。この歌、みんなで♪GO!!×3♪と叫べるのもいいですね。

高橋 実際にカードゲームをやっていても大声をあげてしまうように、「声をだす」のは大事なこと。ライブで唄うときは、ぜひ、一緒に大声あげ歌ってください。

――高橋秀幸さんのライブは、ファンの人たちも一緒に歌いながら楽しむ「参加型」。今回の2曲は、その雰囲気にもピッタリじゃないですか?!

高橋 僕のライブは、つねにお客さん「参加型」。むしろ、アニソンや特撮ソング自体が参加型で楽しんでこそだから、早くライブでこの曲たちを歌いたいですね。きっとうちのファンたちなら、バディを組んで、いろんな盛り上げを僕に仕掛けてくるはず。それを僕自身も楽しみにしていますからね。

キツさに挫けそうになるたびに、♪限界のその先へ♪と『Beyond the limits』を歌いながら限界を乗り越え続けていますから。

――完成した最新シングル『Beyond the limits』、今の高橋秀幸さんにとって、どんな作品になりましたか??

高橋 アニメ「バディファイト」の顔となる楽曲であり、物語の中でも重要な存在となるバディの想いをギュッと詰め込んだ作品になりました。と同時に、今年後半に向け…いや、今後の僕のシンガー人生の中に於いても、大きな鍵を握る曲たちにもなったと思います。

――今後も高橋秀幸さんは、キッズソングを中心に歌い続けていくんですよね。

高橋 そこが、僕の歌の中心になっていくのは間違いないです。いわゆる大人である僕のファンたちも、「俺たちの歌を唄って欲しい」ではなく、「高橋秀幸の唄う子供向けの歌が大好きだから応援」している人たちなんです。だからこそ、そういうバディ(仲間)たちと一緒に、これからも歌い続けていきます。
と同時に、『Beyond the limits』や『GO GO BUDDY!!』を通して…僕の歌をきっかけに、子供たちにも、『Beyond the limits』の中で歌っているように「限界のその先に行こうぜ」という熱い想いをしっかり心へ植えつけてあげたい。それこそアニメ「バディファイト」に出てくる主人公の未門牙王くんのように、熱い人になって欲しい。僕も、牙王くんに負けないくらい熱い想いを持って『Beyond the limits』や『GO GO BUDDY!!』を歌います。

P1900247re

――最近の高橋秀幸さんは、とても顔つきが精悍になっていませんか??

高橋 そう。これまでの”爽やか系”の印象を覆し、今は、「まずは自分自身の弱さへ打ち勝つためにと、”野性味あふれる高橋秀幸”を目指しています。きっと10月21日のシングル発売日頃までには、バッキバキな高橋秀幸になっているはず。そうなるためにも今トレーニングをしながら、キツさに挫けそうになるたび、♪限界のその先へ♪と『Beyond the limits』を歌いながら限界を乗り越え続けています。みなさんも、何かを乗り越えようとしていくとき、『Beyond the limits』を心の応援歌として歌いながら頑張ってください!!

高橋秀幸公式サイト
http://www.globe-eb.com/artists_Takahashi.html
ブシロードミュージック Website
http://www.bushiroad-music.com/

★CD情報
タイトル:Beyond the limits
アーティスト名:高橋秀幸
発売日:2015年10月21日
発売元/販売元:株式会社ブシロードミュージック

 価格:\1,400(本体)+税
 品番:BRMM-10022
《収録内容》
[CD]
1.Beyond the limits
2.GO GO BUDDY!!
3.Beyond the limits –Original Karaoke-
4.GO GO BUDDY!! –Original Karaoke-

《封入特典》
フューチャーカード バディファイト ハンドレッド PRカード

  • この記事が気に入ったら

ピックアップ記事

  1. 歌舞伎町で出会ったミニスカポリスが優秀過ぎて逮捕できなかった件|Myuu♪
    こんにちは。Myuu♪編集長の大浜です。 今回はSNS時代の申し子の様な、新たな世代を感じさせ…
  2. 慶應SFC〜外資コンサルの若者が描く音楽アーティスト人生とは|Myuu♪
    皆さんこんにちは、本業でしばらくご無沙汰しておりました。Myuu♪編集長の大浜です。 今回はM…
  3. 仕事とロックスターの両立は可能か?家事代行リーディングカンパニー「ベアーズ」部長に聞く|Myuu♪
    暑いですね。皆さん、暑中見舞い申し上げます。 いきなりですが、読者の皆さんにはやりたいこと、成…
ページ上部へ戻る

Myuu♪をフォローする