Zeke Deuxの2nd音源は、前作に引き続きカセットテープで販売!!

 Zeke Deuxが始動したのが、2021年11月11日。あれからまだ2ヶ月しか経っていない。舞台に立って声を上げてないと自分でいれないKakeruの性格を考えたら、ライブ本数だけで判断すればけっして多くはない(それでも、今の情勢の中では勢力的に動いている)。あくまでも現状は…という言葉になるが、経験という名の場数を踏む形ではなく、本数を絞った中、1本ごとにクオリティーの高いライブを届ける姿勢を示している。同時に、水面下で、”その先の展開”へ向けたいろんな準備も進めている。

Zeke Deuxが、初めて音源を発売したのが、デビューライブの時だった。販売した1st Demo Tape「Zero」は、会場/通販のみにも関わらず、すぐに完売。カセットテープという聴くのが難しい形を持ってさえ、限定した本数やバンドへの期待の高さから、Zeke Deuxの音源は一瞬にして市場から無くなった。

今も、1st Demo Tape「Zero」のCD盤/サブスク化を求める声はバンドやレーベルに多く届いている。その声を知りながらも、Zeke Deuxは新たな音源として2nd Demo Tape「Awake~From The Darkness~」を作り上げ、ふたたびカセットテープという形で3月16日に発売する。2月17日(木)巣鴨獅子王で行われたイベント「Dark Ambition Exposed Vol.134」の会場では、同音源の先行販売も実施。既に手に入れた方は、帰宅し早く聴きたい欲を押さえられないことだろう。

収録した「Awake~From The Darkness~」は、Kakeruがヴォーカルを担うScarlet Valseの音楽性にも繋がる、「シンフォニック/ラウド/様式美ハードロック/耽美でメロディアス」な要素を濃縮。中には、ライブで煽りの風景を描く要素も組み込んでいる。
「Awake~From The Darkness~」はヴィジュアル系ファンがライブを通して熱狂しそうな楽曲なら、「Dragon Heart」はハードロック/ヘヴィメタルファンが胸を熱く騒がせる要素をたっぷり詰め込んだ楽曲。こちらも「シンフォニック/様式美ハードロック/耽美でメロディアス」な魅力を持っているのは、もちろん。触れた人の魂を歓喜へと導くドラマチックな楽曲に仕上がっている。

今回も、短期間で完売しそう。気になった方はすぐに行動を。

TEXT:長澤智典

★インフォメーション★

Zeke Deux「Awake~From The Darkness~」MV FULL

★音源情報★

Starwave Records Zeke Deux 2nd Demo Tape[Awake~From The Darkness~]
2022年3月16日発売

「苦しみと共に生まれた奇跡、大切に育てよう」1st Demo Tape「Zero」を即完売させたZeke Deuxが次なる作品をリリース!2022年2月17日(木)巣鴨獅子王にて会場先行発売!

※予約商品をあわせてご注文されますと、それらの商品のうち、最長の発送可能時期(発売日)にまとめて発送されますので、単品でのご注文をおすすめします。

型番:SWZD-002
発売元:Starwave Records
販売元:FWD Inc.
価格:2,000円 (税込)
仕様:カセットテープ
限定:完全限定100枚

収録曲:
01. Awake~From The Darkness~
02. Dragon Heart

ご購入方法:
オンラインショップでのご購入
https://starwave.official.ec/

全国のCDショップでのお取り寄せ:
全国のCDショップにて取り寄せが可能です。取り寄せをされる時にはお店のほうに「流通 FWD Inc.」「アーティスト名 Zeke Deux」「タイトル名 Awake~From The Darkness~」「型番 SWZD-002」をお伝え下さい。

INFORMATION:
デモテープに関する問い合わせ先 E-MAIL: info@starwaverecords.jp

SNS

https://twitter.com/ZekeD_Official

Zeke Deux 2nd Demo Tape[Awake~From The Darkness~] 2022年3月16日発売

Zeke Deux「Zero」MV FULL

  • この記事が気に入ったら

ピックアップ記事

  1. 韓国でHIPHOPの最先端として人気を博した「BIGFLO」の元メンバーZ-UK(ジウク)、…
  2. 5月25日(水)に通算14枚目となるシングル『微笑ノ国』の発売も控えているFES☆TIVEが、ゴール…
  3. [後編:対談] V(ヴィジュアル)系ロックの歴史総括&まとめ!X JAPAN,LUNA SEA,L'Arc~en~CielからSHAZNA、Dir en greyを経て,,,V系大御所音楽ライターと元SHOXX編集長が語る。
    今回は渋谷のロックバーにて、V系ロックを創世記から見てきた音楽ライター:長澤氏(現在次なるブーム「ガ…
ページ上部へ戻る

Myuu♪をフォローする