【全国放送】森高千里MCフジテレビ系の人気音楽番組にnotallの新曲が抜擢!3ヶ月連続リリース第1弾が早くもSNSで話題沸騰!? 5月から「Love music」エンディングテーマに~苦節6年・6人が紡ぎ歩んだ栄光と涙の結晶

4月25日、ソーシャルアイドルnotallの3ヶ月連続リリース第1弾「DREAMIN’ City」リリース記念イベントが開催された。初お披露目ということもあり、大勢のファンが駆け付けて大きな拍手で盛り上がった。ライブ終盤に差し掛かると、メンバーから新曲への思い入れ、今後の動きについて発表。

待望の第二弾の楽曲タイトルは「Oh!she know it all」、そして5月23日にデジタルリリースされることが決定。さらにnotallデビュー7周年を記念して7月4日に神田明神ホールでワンマンライブが開催されることに。

感極まる観客と、その姿を見て喜ぶメンバー。会場内が一体となって幸福感に包まれる。イベントは大成功に幕が下りると思った矢先にスタッフから1枚のサプライズカードを渡される。そのカードの中身は、なんと!新曲「DREAMIN’ City」がフジテレビ系音楽番組「Love music」の5月エンディングテーマに決定したことが伝えられ、読み上げるリーダー佐藤遥の声が震える。何も知らされなかったメンバーには大粒の涙を流すものもいた。

現在、公式YouTubeチャンネルにて「DREAMIN’ City」のミュージックビデオが視聴できます!

https://youtu.be/EfyC80Rjk_A

イベント終了後、メンバーを代表して佐藤遥さん、音井結衣さん、有村莉彩さんに喜びのコメントをいただきました。

 

☆佐藤 遥

「コロナウイルスの影響もあり、なかなかライブに来てください!とは言いづらい状況でもありますが、テレビを通じて全国のみなさんにお届けできる幸せをより噛み締めています。どんな状況下でもみんなと笑顔になれる時間を創ってきました。いまがnotallの出番だ!という勢いで更にパワーアップすることが少しでも明るく照らせる光になれることを信じております」

 

☆音井 結衣

「自分の歌声が全国に届くと思うと今から楽しみです。ワクワクが止まりません!notallはCD売るの辞めましたと、0円CDをリリースしたり、新曲が聞ける雑誌を創刊したり、誰もやったことのない独自の活動をしてきました。今回の3ヶ月連続リリースもきっと皆さんに笑顔と驚きをお届けします」

 

☆有村 莉彩

「自分の歌声が、地上波に流れる日がくるなんて想像もしていませんでした。地元の小さなステージでデビューをしたあの日から、notallに加入して大きな夢に近付けている、少しずつ叶えていけている実感がとても湧いています。どんなに回り道をしても後ろ指をさされても、その先を作っていくのは自分自身だと思ってますし、どんなに地道でも私の良いところも悪いところもストーリーに変えていける人でありたいと思っております」

 

これからもnotallの動向に目が離せない!

サプライズ発表の映像は下記のツイッターから視聴できます。

https://twitter.com/kfnrm95/status/1386247517671620616

notall(ノタル)とは?

2014年にデビュー。コンセプトは「世界のみんなと一緒に育てる、次世代型ソーシャルアイドル」。SNSを通じてグループ名、ニックネーム、ロゴ、楽曲、衣装デザイン、グッズなどを募集し採用する、みんなでプロデュースできるアイドル。

CDの価値を再定義した”0円CD”のリリース、ヴィレッジヴァンガードとコラボした新曲付きお菓子を販売する全国ツアーの開催、楽曲付きの雑誌の創刊など、常識に囚われない独自の活動を展開する。

☆公式サイト https://www.notall.jp/

☆Twitter  https://twitter.com/si_notall

☆YouTube  https://www.youtube.com/user/notallTV

  • この記事が気に入ったら

ピックアップ記事

  1. 仕事とロックスターの両立は可能か?家事代行リーディングカンパニー「ベアーズ」部長に聞く|Myuu♪
    暑いですね。皆さん、暑中見舞い申し上げます。 いきなりですが、読者の皆さんにはやりたいこと、成…
  2. [後編:対談] V(ヴィジュアル)系ロックの歴史総括&まとめ!X JAPAN,LUNA SEA,L'Arc~en~CielからSHAZNA、Dir en greyを経て,,,V系大御所音楽ライターと元SHOXX編集長が語る。
    今回は渋谷のロックバーにて、V系ロックを創世記から見てきた音楽ライター:長澤氏(現在次なるブーム「ガ…
  3. 歌舞伎町で出会ったミニスカポリスが優秀過ぎて逮捕できなかった件|Myuu♪
    こんにちは。Myuu♪編集長の大浜です。 今回はSNS時代の申し子の様な、新たな世代を感じさせ…
ページ上部へ戻る

Myuu♪をフォローする