相変わらずヤバいね、こいつら。La’veil MizeriA、最新シングル「葬刻」を発売。ツアーも決定!!

ギタリストに魔琴-makoto-を迎え、新たな活動を始めたLa’veil MizeriA。本来なら、この時期には新生La’veil MizeriAとして精力的にライブ活動を行なっている予定だったが、昨今の社会情勢を考慮し、本格的な始動は3月末日からとなる。
だが、けっして寂しいニュースばかりではない。La’veil MizeriAは、本格的な再始動に向け水面下で様々な動きを仕掛けていた。その一つが、4月8日にシングル「葬刻」を発売することだった。
先行で公開になった「葬刻」のMV SPOT(https://www.youtube.com/watch?v=IcE9G-CLTLo)をご覧になっていただきたい。ヤバいという言葉しか出てこないように、La’veil MizeriAらしい猟奇/狂気な世界が、そこには描きだされている。”らしい”といえば、そうだろう。でも、ここまで混沌とした世界観を描き出すバンドは昨今希有な存在。その独自性にこそ注目したい。正直、好き嫌いがはっきり分かれるバンドだ。でも、それが嬉しいじゃないか。その媚びない姿勢が…。

La’veil MizeriAは、シングル「葬刻」を手に、4月14日の仙台公演より全国ツアーを開始する。合わせて、各地でインストアイベントも開催。ライブで魅せる気狂った姿と、インストアイベントを通して示す表情との差も、ぜひ味わってもらいたい。
ふたたび精力的に動き出したLa’veil MizeriA。その動向から、目を離すな!!

TEXT:長澤智典

「葬刻」MV SPOT、

★インフォメーション★

ライブスケジュール

「短篇独裁巡礼〜廻煌蝙聲〜」
2020年4月14日(火) 仙台spaceZero
2020年4月16日(木) 新潟CLUB RIVERST
2020年4月21日(火) 名古屋CLUB 3STAR IMAIKE
2020年4月23日(木) 福岡INSA
2020年4月27日(月) 心斎橋SHOVEL
2020年5月9日(土) 浦和ナルシス(ツーマン)
2020年5月23日(土) 名古屋ハートランド(ツーマン)
2020年5月30日(土) 寝屋川ビンテージ(ツーマン)
2020年6月16日(火) 池袋RUIDO K3

インストアイベント
2020年4月14日(火) little HEARTS. 仙台店
2020年4月21日(火) 名古屋fiveStars
2020年4月26日(日) little HEARTS. 大阪店
2020年4月26日(日) ライカエジソン大阪店
2020年5月17日(日) ライカエジソン東京店
2020年5月17日(日)自主盤倶楽部

La’veil MizeriA ニューシングル[葬刻] 2020年4月8日発売

「××はまるで廻る慟哭の中…刻を彷徨う哀れな人形のよう…」
新メンバー魔琴加入後の新体制による全曲録り下ろしニューシングル発売決定!

※予約商品をあわせてご注文されますと、それらの商品のうち、最長の発送可能時期(発売日)にまとめて発送されますので、単品でのご注文をおすすめします。

型番:SWLA-8
発売元:Starwave Records
販売元:FWD Inc.
価格:2,200円(税込)
仕様:12ページブックレット
限定:完全限定666枚

CD 収録曲:
01.Décadence
02.神蝕
03.Nostalgia

ご購入方法:
オンラインショップでのご購入
https://starwave.official.ec/

全国のCDショップでのお取り寄せ:
全国のCDショップにて取り寄せが可能です。取り寄せをされる時にはお店のほうに「流通 FWD Inc.」「アーティスト名 La’veil MizeriA」「タイトル名 葬刻」「型番 SWLA-8」をお伝え下さい。

INFORMATION:
CDに関する問い合わせ先 E-MAIL: info@starwaverecords.jp

La’veil MizeriA Web
http://mizeria.jp/
La’veil MizeriA twitter
https://twitter.com/MizeriA_info

  • この記事が気に入ったら

ピックアップ記事

  1. 歌舞伎町で出会ったミニスカポリスが優秀過ぎて逮捕できなかった件|Myuu♪
    こんにちは。Myuu♪編集長の大浜です。 今回はSNS時代の申し子の様な、新たな世代を感じさせ…
  2. 仕事とロックスターの両立は可能か?家事代行リーディングカンパニー「ベアーズ」部長に聞く|Myuu♪
    暑いですね。皆さん、暑中見舞い申し上げます。 いきなりですが、読者の皆さんにはやりたいこと、成…
  3. [後編:対談] V(ヴィジュアル)系ロックの歴史総括&まとめ!X JAPAN,LUNA SEA,L'Arc~en~CielからSHAZNA、Dir en greyを経て,,,V系大御所音楽ライターと元SHOXX編集長が語る。
    今回は渋谷のロックバーにて、V系ロックを創世記から見てきた音楽ライター:長澤氏(現在次なるブーム「ガ…
ページ上部へ戻る

Myuu♪をフォローする